佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS デルトラクエストのマンガを手に入れた(その3)

<<   作成日時 : 2007/12/19 15:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3巻からは魔女テーガンの影が・・。

◎第10話 V字谷の巨人
第二の宝石があると思われる「嘆きの湖」へ向かって旅を続けるリーフたち。その途中、魔女テーガンの縄張りに足を踏み入れる。ジャスミンはこのまま進むことに反対するのだが・・。
ジャスミン 「影の大王と手を結んだせいで、むかしより魔力が10倍も強力になったっていうじゃない!!」
なんちゅうインフレじゃ。
V字谷に差し掛かるが、吊り橋の前に巨人が立ち塞がる。4メートルぐらいはありそうだ。謎に答えたら通してくれるというので、3人は謎に挑む。ジャスミン、バルダは難なくクリアして橋を渡ることが出来たが、第三問が厄介だ。
歌の中に出てくる生き物の数を答える問題なのだが、歌って踊る巨人がコミカルで可愛い。何気に後の伏線っぽい歌だし。

◎第11話 最後の答え
問題に不正解し、巨人に切り殺されそうになるリーフ。しかし、口八丁で再度問題を出させ、それには見事正解する。
いよいよテーガンの支配地真っ只中。テーガンはカラスが大好物なので、ジャスミンは心を鬼にしてクリーと別れる。

◎第12話 ララド族救出作戦!
影の憲兵団から一人の男性を救うリーフたち。彼はララド族の人間だった。この人に道案内を頼めば「嘆きの湖」へ辿り着ける。
底なし沼に落ちたリーフたちは、親切な老夫婦(?)のニジとドッジに助けられるが、ジャスミンは何か胡散臭いものを感じる。そしてララド族の男もこの老夫婦を睨む。

◎第13話 ニジとドッジの祝いの間
親切な老夫婦の正体は、テーガンの子供たちのうち二人、ジニとジッドだった。リーフたちを食べる気なのだ。
しかしそれよりも、この話ではジャスミンの入浴シーンとリーフのおなか丸出しがあることを忘れてはならない。

◎第14話 恐怖の白い家
家の周りは全て底なし沼だった。このままでは脱出できない。そこへララド族の男が助けに現れた。一箇所だけ沼を渡れる道があったのだ。
先にジャスミンとバルダを逃がして、リーフはしんがりをつとめる。そしてジニとジッドを斃したが・・。

◎第15話 激戦!ジニとジッド
何とジニとジッドは合体して復活した。
ジッド 「テーガン一族の力がこんなものだと思っていたのか・・・・・・?」
ジニ 「見くびってもらっては困るね〜〜」
ジャスミンが危ない!

◎第16話 戦いの終焉
きりがいいので4巻にちょっと入る。
ジャスミンの危機にクリー登場!クリーが敵を引きつけてる間にリーフはジャスミンを連れて安全圏へ。ジニとジッドが追ってくるが、ジャスミンの仕掛けが発動し、彼らは底なし沼に沈んでいく。
「だが・・・・・・我々のかたきは・・・・きっと母さんが・・・・母さんのテーガンがとってくれるからな〜〜〜!!」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
デルトラクエストのマンガを手に入れた(その3) 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる