佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS プリキュア5 キャラクターレビュー?

<<   作成日時 : 2008/06/08 00:02   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

私の独断と偏見と捏造に基づいた、キャラクターレビュー(?)です。



◎夢原のぞみ(キュアドリーム)
夢と希望と妄想に満ちあふれた、この物語の主人公。強引で空気を読まないリーダー。普段はドジだが、その反動により、プリキュアに変身したときの戦闘力は5人中最強。
555からの必殺技シューティングスターは、威力は高いが体当たり攻撃なのでよけられるとまずいことに。以前のバージョンと比べてパワーアップしてるのか微妙。


◎夏木りん(キュアルージュ)
最初の頃はのぞみを馬鹿にしていたが、ナイトメアとの戦闘の最中、ありもしない過去の記憶が蘇り、以来、友情キャラになる。このことから一部では、夢原のぞみは飛鳥了の親戚ではないかという説がある。
必殺技はルージュファイヤー→ルージュバーニング→ファイヤーストライクと、段階的にパワーアップしている。


◎春日野うらら(キュアレモネード)
やはりのぞみの洗脳を受けて、何の疑いもなくプリキュアになることを決意した。はじける演技が得意な女優。普段から天然の演技をしている。
攻撃力は低いが素早い。また、555からはプリズムチェーンという技を使う。どうやら本性はサディストのようだ。


◎秋元こまち(キュアミント)
想像を駆使して物語を紡ぐ小説家。対ガマオ戦からわかるとおり、人の心の負の部分を理解しようとしない。そんな彼女の書く小説を一度読んでみたいものだ。潜在能力は5人中最大で、対ハデーニャ戦では、髪長幽助の霊丸やアノンの魔王と同等の攻撃力を発揮していた。
エメラルドソーサーは攻守両方に使える。現在最も恐ろしい技はこれではなかろうか。


◎水無月かれん(キュアアクア)
金持ちの家に生まれ、金と暇に飽かせて槍術、馬術、弓術など様々な戦闘技術を身につけた。こまちとは親友で、以心伝心の関係。
必殺技はだいたいそつなくパワーアップしているようだ。


◎ココ
最初は自分は何もせずに人をこき使う嫌な奴だったが、のぞみに洗脳されて次第に教師らしくなった。また、のぞみと恋愛関係にある。これものぞみの洗脳によるものだ。
パルミエ王国の王子であり、5の最後から王になった。ドリームのことをギョリームと呼ぶ。


◎ナッツ
ドリームコレットの中に引きこもっていたイケメン。ツンデレ+クーデレな性格で、こまちとは精神的に深い相互依存の関係にある。個人的にこの2人の恋愛は応援している。
パルミエ王国の王子であり、5の最後から王になった。日々人間界のことを研究し、後々の侵略計画のために知識を蓄えている。


◎ミルク
王国(正確には王子たち)のためならば、庶民を踏みつけにしてもいいという思想の持ち主。傲慢で我が儘であり、プリキュアズの内では比較的庶民的なのぞみとはよく対立する。
最近はのぞみの洗脳の効果によって、王国の利益よりも自分の欲望を優先するようになってきている。
紫水晶に取り込まれたアトラのごとく、青いバラの力でミルキィローズに変身する。


◎ギリンマ
使い捨てにされる派遣社員。ナイトメアの第一の刺客。
敗北に次ぐ敗北で精神がおかしくなり、最後は自らの自我を捨てることを選んでしまう。ファイブエクスプロージョンの最初の犠牲者でもある。


◎ガマオ
使い捨てにされるバイト社員。
悲惨な現実の中に生きている彼に対してはプリキュアズの「夢」や「希望」などといったおためごかしは一切通用しない。
最後はファイブエクスプロージョンによって殺された。プリキュアズは何事もなかったかのように走り去っていった。


◎アラクネア
過労死する正社員。
ギリンマ、ガマオと共にブンビーさんの部下。本人はその2名とは実力が違うと述べている。コワイナーに自らの蜘蛛の糸を巻き付けて防御力を上げるなど、戦闘における工夫を見せたこともあった。
やはり最後にはファイブエクスプロージョンによって殺害された。


◎ブンビーさん
この物語の真の主人公。革命性は彼の中にある。
ナイトメアの中間管理職で、前述の3名に比べて滅法強い。必要以上に感情的になることはないが、言うべきときはしっかりと意見を言う。かなり弱腰だが卑屈ではなく、全ての登場人物の中で最も精神的に大人。非情な一面も持つがカワリーノほどではなく、部下を使い捨てにすることはない。組織に反逆したときもヘタレだったが、それがまた絶大な親近感をもたらしてくれる。
5、555において抜群の人気を誇り、仲間にしたいキャラナンバー1を誇る。ローン持ちであることから家族がいると思われる。あからさまな形ではないだろうが、半ば家族をカワリーノに人質に取られたような状態になっていたという推測も出来る。そう考えれば、あの時点で組織に反逆したのは絶妙のタイミングだったと言わざるを得ない。
彼が革命性を意識していれば、部下の3名を仲間にすることも出来ただろうし、場合によってはハデーニャあたりも仲間に引き込むことが出来たかと思われる。
また、彼は努力の人としても知られている。自らを鍛えることはもちろん、相手の戦力を調査することも行う。人間関係の中で上手くやっていく努力もしている。もちろん要領よくやることばかり考えているのではない。あるときは無用な争いを回避し、あるときは無謀な戦いに赴く部下や仲間を諫めるなど、人情家なのである。


◎ハデーニャ
カナリヤおばさん。
戦闘力ではブンビーさんより多少劣るが、その容赦ない性格を買われて彼より地位は上。登場時は嫌らしい感じで視聴者の不興を買っていたが、最後の方では愉快な一面も見せてくれた。人気が出始めた頃にファイブエクスプロージョンで殺されてしまった。
自分では長期能力蓄積型社員であるという認識であったために、カワリーノからの最後通告をなかなか受け入れなかった。そのために無理やり黒い仮面を着けられた。


◎ブラッディ
ナイトメアの元最高幹部。その実力はかなりのもので、フィールド全体をコワイナーに変化させる能力を持つ。
説教が好きで、プリキュアズ相手にも戦いの合間にアドバイスをしていた。
最近の組織運営に対して疑念を抱き、最後にはカワリーノによって自分探しの旅に出ることになった。


◎カワリーノ
長期能力蓄積型社員。ナイトメア最高幹部。
部下を使い捨てにする非情さと、それを上回る戦闘能力を持つ。通常形態でも他の怪人6名全員を相手に出来るほど強いが、更に2段階の変身が可能。
デスパライアに対して絶対的な忠誠を誓っていたが、最後にはブラッディと共に自分探しの旅に出ることになった。


◎デスパライア
資本家(?)
部下の苦労や苦痛を全く理解しない、ナイトメア首領。自分のあり方に疑問を抱いていて、封建主義者たちのおためごかしに心を動かされる。ドリームコレットの力によって不老不死となるが、ナイトメアの世界と共に封印される。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんだかブンビー贔屓な紹介ですね 笑
でも、確かにプリキュアサイト見てるとブンビー面白いって言う人多いですもんね。
後、ココのぞ可愛いとかこまちと結婚したいとかが多い。
思うところはみんな同じなんだなあと思っちゃいます。
パン
2008/12/21 01:02
パンさん、初めまして!
はい、思いっきりブンビーさんを贔屓しております。文章量からして他の3倍以上(笑)。555でも最後まで生き残ってくれることを願っています。
終了したら555のレビューも書こうかな・・。もちろん独断と偏見で。
来年あたり、プリキュア小説を発表する予定なので、よかったら読んで下さい。
アッキー
2008/12/21 11:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
プリキュア5 キャラクターレビュー? 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる