佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近観たアニメのまとめ

<<   作成日時 : 2009/02/03 16:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

佐久間闇子 「おい、アッキー。最近何か面白いことないか?」

アッキー 「面白いこと? そうですね、仕事先のコンビニにメガネ男子がいたんですが、声が可愛いんですよ。」

佐久間 「そんなの、お前が楽しいだけじゃねえか。私を楽しませろ。」

アッキー 「そうは言ってもねえ・・最近は睡眠時間がメチャクチャで、時々記憶が飛んでるんですよ。」

佐久間 「それは面白い。」

アッキー 「しかも紅茶が気管に入って呼吸困難になったんです。」

佐久間 「うひゃひゃひゃひゃ。楽しいね。」

アッキー 「よくも人の不幸を・・。」

佐久間 「いいか、私が楽しければ、10人や20人不幸になってもいいのだ。」

アッキー 「・・・佐久間の小説発表するの、やめたろかな・・。」

佐久間 「おい。」

アッキー 「冗談ですよ。」

佐久間 「それはそうと、プリキュア555最終回以来、テレビ感想の記事が無いな。」

アッキー 「ええ、そうんあです。ようやく生活習慣が元に戻ってきたので、溜まりに溜まっているアニメのメモを整理しておきましょうか。」

佐久間 「書く気が無くなったわけではないんだな。」

アッキー 「小説やエッセイに絞ろうかと考えたこともありますが、この作業は文章力アップに繋がりますのでね。正確には文章力の“維持”ですが。言語ですから、書かないと力下がりますよ。小説の執筆は不定期なので、毎週3回定期的にメモを取るのは訓練になります。」

佐久間 「しかし、それを記事にするのはさぼっていると。」

アッキー 「生活が乱れていたもので。」




◎ポケットモンスター

アッキー 「まずはホエルコを海へ帰す話ですね。中学の英語の教科書のパクリっぽいですが、思っていたよりも面白かったです。」

佐久間 「氷のレーンとかな。」

アッキー 「DP編は本筋に関係ない話もそれなりに作り込んであるのでいいですね。」

佐久間 「ところで毎回思うんだがな、ムサコジニャースはロケット団を辞めて働いたらいい暮らしが出来るよな。」

アッキー 「そうですね。非現実度が高い世界ですから。」

佐久間 「まあ、それはあいつらの望む自分ではないということだろう。私も常に自分の望む私でありたいと思っているのだ。」

アッキー 「佐久間さんは少しは自制して下さいね。」

佐久間 「充分自制している。下水をたっぷりと浴びたサトシに興奮する、お前のような変態とは違うのだ。」

アッキー 「だって、サトシが水浸しなんですよ。」

佐久間 「というか、あれって下水か? 下水はもっと濁った色をしているはずだ。」

アッキー 「下水の方が楽しいから下水でいいんです。」

佐久間 「ツッコミ待ちか?」

アッキー 「アニメにはロマンを求めるべきです。水浸しのサトシと下水まみれのサトシ、どちらがよりレアなシチュエーションか、考えるまでもないでしょう。」

佐久間 「変態。」

アッキー 「次の話はジュン再登場ですね。」

佐久間 「スルーかよ。」

アッキー 「鋼鉄島に更迭されたジュンが大変な目に遭うという話でした。」

佐久間 「何で私がツッコミ役になるんだ。」

アッキー 「まあ、たまにはそういうのも新鮮でしょう。」

佐久間 「お前のことだからアーロンの子孫にハァハァとかだろう。」

アッキー 「いえ・・ゲンさんには悪いですが、あまり萌えませんでしたね。」

佐久間 「ならば誰にハァハァしてるんだ。」

アッキー 「私が常にハァハァしてるとでも?」

佐久間 「違うのか。」

アッキー 「それはともかく、最初はジバコイルでもいるのかと思っていましたが、まさかギンガ団の仕業だったとは。」

佐久間 「磁場コイルね。」

アッキー 「ちなみにあのビームは笑いましたが。」

佐久間 「後編でもっと笑えるシーンがあるだろう。」

アッキー 「笑えるというより、おいおいという感じでしたけどね。島一つ吹き飛ばすほどの爆発を波導の力で押さえ込むとか・・。」

佐久間 「ん? ルカリオを止めるためにピカチュウの放った電撃がサトシとタケシを巻き添えにしたシーンじゃないのか?」

アッキー 「ああ、それは思いましたね。ゲンは電撃でルカリオを攻撃しろと言うけれど、そんなことしたらサトシとタケシが巻き添えじゃないか・・・と疑問に思っていたら、やっぱり巻き添えじゃねえかよっ。」

佐久間 「まあ、最後にはゲンとルカリオの波導パワーで解決。本筋の話なのに作りがイマイチだったな。」

アッキー 「そんなに悪くないと思いますけど。」

佐久間 「むしろ、つまらん話になると思っていた漂流編の方が面白かった。」

アッキー 「ああ、まさかデオキシスが出てくるとは思いませんでしたね。私は渦潮が怖かったんですが。」

佐久間 「渦潮・・『サバイバル』か?」

アッキー 「そうです。・・ところで、一つ気になる点。ピカチュウが水中で口を開けていたんですが。」

佐久間 「気にしちゃいけない。」




◎絶対可憐チルドレン

アッキー 「原作を読んでいるので、毎回書くことが少ないんですよ。」

佐久間 「そうだな。しかし安心しろ。今回は私がいる。」

アッキー 「まずはティム・トイ編ですね。この子の声って、シロップと同じ声なんですか?」

佐久間 「ググれ。」

アッキー 「ブラックファントムの声は館長にしか聞こえないんですが。」

佐久間 「だからググれって。」

アッキー 「それはともかく、皆本がムスカ大佐のセリフを言ってましたね。」

佐久間 「“目が、目がー!”か。 まあ、ロリコン繋がりということで。」

アッキー 「皆本がロリコンなのは、もはや半公式なんですね・・。」

佐久間 「そりゃそうだろ。モデルが光源氏だぜ。」

アッキー 「“資本論でも読ませてやりたい”光源氏ですか。」

佐久間 「ロレンス先生が溜息つくぞ。」

アッキー 「まあ、フリードリッヒ川原氏はともかく・・。ティムは可愛いですね。原作読んだとき、最初は何か嫌な感じだったんですが、『キング・・・いや、ゴッド・・』のセリフで一気に好感度アップですよ。アニメで更に好きになりましたね。」

佐久間 「男キャラの話ばっかし。」

アッキー 「だってこのマンガ、私の好みの女があんまり出てこないんですよ。男なら皆本とかグリシャムとか、好みのキャラがいるんですが。」

佐久間 「お前の好みなんかどうでもいいよ。それよりも今回の特筆シーンをピックアップ。」

アッキー 「人形になった葵の声。」

佐久間 「不二子の乳揺れ。」

アッキー 「通常の解禁に加え、トリプルブーストのときにも皆本の恥ずかしい解禁ポーズがあるのだと理解したときの絶望感。」

佐久間 「小刻みにテレポートを繰り返して空中に浮かび、無駄に消耗する葵。」

アッキー 「原作にはなかった、皆本が管理官を制止するシーン。」

佐久間 「まあ、そんなところか。じゃ、次行こう。キャリー編。」

アッキー 「これ、原作をかなり変えてますね。先の展開がわからなくてドキドキですよ。」

佐久間 「まあ、この話は原作そのままではアニメ化しにくいからな。」

アッキー 「ちょっとわかりづらいですからね。」

佐久間 「これまでも原作を変えつつ上手に話を合わせてきたが、今回ほど変えたのは初めてだな。」

アッキー 「賢木×皆本にしか見えないとか、変なロボットがいるとか、そういう枝葉のことはともかく、大変なことになりましたね。リバティーベルズが敵に回るのはある程度予想してましたが、管理官も敵ですか。」

佐久間 「まあ、不二子はわざとかもしれんが。前科あるし。不二子が日本政府にそうそう素直に従うとは思えんな。」

アッキー 「まあ、そうですね。リバティーベルズもトリプルブーストを使えば勝算はありますし、戦力的な不安はあまり無いですね。ただ、政治が絡んでいるのと、チルドレンの気持ち、それに不吉なタイトル。不安は尽きませんよ。」

佐久間 「ま、次の日曜を待てば。」




◎プリキュア

アッキー 「というわけで新番組『フレッシュプリキュア』が始まりましたが、ストーリー的には今のところわからないことだらけですね。かろうじて主人公の名前がラブだということは聞き取れましたが。」

佐久間 「今回のプリキュアは3人。ただし、変なアイテムが4つあるからもう一人いるかもな。」

アッキー 「ええ、セーラームーンに似てると思いましたが、むしろウェディングピーチに近いと思いました。キュアピーチだし、名前がラブだし。ところで、敵幹部らしき占い師の名前はイースでよかったですか?」

佐久間 「あのギャグキャラか。」

アッキー 「顔はシリアスなのにねえ・・。」

佐久間 「本人はいたって真面目なんだろうが、それが逆に笑えて仕方がない。イタズラしたら楽しそうなタイプだ。」

アッキー 「ナケワメーケとか、笑えますよね。スピーカー焦げてるし・・。前と違って元に戻ってない。」

佐久間 「ああ、そうそう。変身すると髪の毛が異常に増加するという点で、ちゃんと『ドラゴンボール』の性質も兼ね備えているぞ。」

アッキー 「確かに。」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
脳内会議 (目録)
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆  ◆ ◆ ◆ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2014/08/03 05:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
久々のコメントで言うことではないと思うんですが、ずっと気になっていたのであえて言います。
今回のプリキュアって、ゴスロリじゃないですか。それに加えて手首のバンド…。私にはリスカにしか見えません…。
表裏
2009/04/20 07:02
表裏さん、こんにちは。
なるほど、確かにそんな感じですね。EDの歌詞に「Dream Come True」という部分があるのが以前から気になってたんですが、その理由が何となくわかりましたよ。普通の文なら複数形にするか三単現のSをつけるかするわけで、それが無いということは助動詞を省略した文章。意味は「夢が叶うといいなあ・・(溜息)」になりますね。結局ミキも今は夢よりもプリキュアを選んだわけですし。
Fプリキュア、深読みすると結構暗い話なのかも?
アッキー
2009/04/20 12:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
最近観たアニメのまとめ 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる