佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 「遊戯王」より 〜海馬瀬人とウイルスカードの関係〜

<<   作成日時 : 2010/03/08 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

原作世界のM&Wにおいては、効率よりも何よりも、デッキとの絆や信頼といったものがものを言う。そこがOCGとの一番の違いだろう。実際に我々が原作キャラのデッキを組んで戦った場合、現在の環境で勝利を収めるのは困難であるに違いない。
原作世界のキャラクターたちは、効率の悪いカードの使い方、無茶苦茶なコンボ、ピンポイントすぎる対策、奇跡的なドローなどを駆使して戦っている。これは、原作世界のデュエルが「闇のゲーム」の流れを汲んでいるからである。
詳しいことは原作を読んでもらうとして、簡単に言うと「闇のゲーム」では精神の力が重要である。精神力によっては、デッキの中から狙い通りのカードをドローすることも出来る。原作世界ではルール違反ではないのだ。LPの減少とともに体が消えていくルールを設定したり、体の自由を奪ったり、精霊の助言を借りたりするのも、マナー違反であってもルール違反ではない。
そこで「デッキとの絆」が重視される。自分の好きなカードで戦うことで、モチベーションが上がり、結果として闇の力を引き寄せて勝利する・・・そういったゲームなのである。現実のOCGとは似て非なるゲームだというこことを認識しなければならない。

さて、前置きが長くなったが、ここからが本題だ。海馬瀬人は金に飽かせてレアカードを集め、攻撃力の高いモンスターを中心としたデッキを組んでいる。青眼の白龍は彼の最も愛するカードだし、XYZは青眼と同じ光属性、ミノタウルスやモザイク・マンティコアなどは属性統一デッキの弱点をカバーするためのものだろう。総じて、当時の原作環境では高い攻撃力を誇っていたカードばかりだ。魔法・罠カードもクロス・ソウルや破壊輪など強力なものを揃えている。
しかしここで、死のデッキ破壊ウイルスというカードに注目してもらいたい。このカードは原作でもOCGでも、闇属性で攻撃力の低いモンスターを必要とするのである。その為に海馬瀬人はサギーというカードを入れているが、なかなか不自然な行為なのだ。
確かに死のデッキ破壊ウイルスは、特に原作では強力極まりないカードである。しかし、単体では機能しないのも確かで、光属性や地属性の高攻撃力モンスターを主体とする彼のデッキとは最悪に近い相性なのだ。だいたい、相手の高攻撃力モンスターを駆逐したところで、元々パワーカードを主体とする彼の戦術にとってメリットは大きいとは言えない。ウイルスを逆手に取られて敗北したこともある。
それでは、「プレイヤーとデッキとの絆」によって入れているカードということになる。しかし、どのような絆があるというのだろうか。サギーとの絆は、前世で捕らえた人間の精霊だったという程度だ。更にウイルスとなると・・?

ここで浮上してくるのが、前世ではいなかった(少なくとも登場していない)弟モクバの存在である。
「トロイの木馬」というものをご存知の人もいるだろう。正常なプログラムを装って、あるとき突然内部から悪さをするタイプのコンピューターウイルスだ。ギリシャ神話のエピソードから付けられた名前であるが・・。
そう・・・ウイルスカードとは、モクバとの絆だったのだ。考えてみれば、このカードの効果は生体に感染するウイルスとは思えない。種族に関係なく強い固体のみを駆逐するなど、コンピューターウイルスだと考えた方が自然だと思うのだ。原作のデュエルディスクがコンピューター制御であるのは言うまでもないことだし。

海馬瀬人も海馬モクバも、デュエルよりもコンピューターの扱いの方が遥かに優れているのは周知の事実だ。兄弟揃って様々な機器を利用している。海馬瀬人はソリッドビジョンシステムを開発しているし、アニメではデュエルシステムにハッキングして遊戯を勝たせたりしていた。
となると、養父である海馬剛三郎とのチェス対戦でイカサマをしたというのも、話が見えてくる。19路で石が2種類の囲碁じゃあるまいし、将棋やチェスでイカサマなんて普通は出来ない。整地をしないと勝敗がわかりにくい囲碁と違って、将棋やチェスは「詰み」が盤面そのままで表れている。
おそらく・・・いや、間違いなく、海馬瀬人と海馬剛三郎のチェス対決は、コンピューター戦だったのだ。これが実際にボードと駒を用意する対戦と違うのは、残り時間を操作できるということである。海馬剛三郎の持ち時間を、0.8秒で1秒を刻むようにするとか、長考してる隙を突いて時間を縮めるとか、コンピューター戦ならば盤上でなくてもイカサマが出来るのだ。この2人の対決は、海馬剛三郎の時間切れで終わったのだろう。
おそらく海馬剛三郎も、イカサマには気付いていたと思われる。それはゲームが終わってからかもしれないが、ハッキングの才能を買って養子にしたのだろう。

ウイルスカードを逆に利用された戦いでは、弟モクバが人質に取られていた。そのことも含めて考えると、ウイルスは兄弟の絆だったという結論になると思うのだが・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「遊戯王」より 〜海馬瀬人とウイルスカードの関係〜 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる