佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS エスパー奇譚「千里」 第二回人気投票 結果発表! (キャラクター:その2)

<<   作成日時 : 2013/10/24 04:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

◆ ◆ ◆



佐久間 「うはーwww1票の連中マジ多いわーwww」

山田 「22人もいるんだよなあ。どうする?」

佐久間 「所属で6つ7つに分けることも考えたけどなァ、それだと化学反応が楽しめない、眩暈!」

山田 「夢じゃない♪あれもこれも♪・・・・・って違う!」

佐久間 「山田も乗りツッコミが上手くなったな。」

山田 「ついボケたくなるんだ。」


佐久間 「というわけで、いつものようにテケトーに紹介だ。さァ出て来い魔犬ファミリー!」

フェンリル 「世界に仇なす乙女の爪牙、魔犬フェンリル!」

ケルベロス (星無き夜に空を見る、魔犬ケルベロス!)

ティンダロス 「ま、まけん、ちんだろす!」

佐久間 「もう足りないとかツッコミはなしだ!」

山田 「足りてない。」

佐久間 「てめえコラ。」

ヴェネシン 「ここで会ったが百年目! 何度でも殺してやるぞ魔犬ども!」

フェンリル 「ヤってみろ蜂女の姉君がぁ! お前が助かっても世界はメチャクチャだーっ!」

流石に力量が違う。
念力出力の差で、フェンリルはヴェネシンを圧倒する。

ヴェネシン 「くっ・・・・強い、絶対に強い!」

ハービス 「加勢するわ!」

ラプソディア 「同じくです。」

フェンリル 「人数が互角なら勝てると思ってるんじゃナイだろうなア!?」

ラプソディア 「それは、」

ハービス 「こっちの、」

ヴェネシン 「セリフだねえ!!」

ハ、ヴェ、ラ 「「「包・槍・球の陣!!」」」

そのとき世界が輝いて、見えないはずの空が見えた。
吹っ飛んだフェンリルは天井のシャンデリアに激突した。

フェンリル 「ぐ・・・が・・・」

ケルベロス (・・・!)

ティンダロス 「お、おねえちゃんを、いじめるなあー!」

小さな手がヴェネシンをポカポカ殴る。
それにヴェネシンは毒気を削がれてしまう。

ヴェネシン 「風刃の魔犬・・・こんな子供だったのか。ああ、そうだ、頭ではわかっていたつもりだったが・・・。」

ラプソディア 「子供は殺せない。」

ケルベロス (この世界は優しい。休戦しよう。)

フェンリル 「そうネ・・・。」

ハービス 「甘い。・・・が、悪くないか。」

バーニシャル・エルダ 「それがええ、それがええ。」

サム 「正気のエルダ!?」

エルダ 「作中の世界は、つらいさぁ。つらいさぁ。かみさまは、耐えられない試練は課さないと、そんなことはデタラメじゃあ。この優しい世界で、癒されようなあ。」

サム 「そうですね。ここは架空の世界・・・。安らかなひと時を。」


しかし隣ではルナがクセルクセスにセーラー服を着せようとしていた。

ルナ 「クーちゃん、動かないで!」

クセルクセス 「や、やめろー!」

ルナ 「似合うから! ぜったい似合うから!」

クセルクセス 「似合わねえよ!」

サム 「・・・何をしてる、ルナ。」

ルナ 「えへへ、着せ替えゴッコ。」

八武 「おぢさんに任せろ! 2秒で着替えさせてやるァ!」

クセルクセス 「ちょ、やめ、どこ触ってやがる変態野郎!」

八武 「うへへへへ、このやらしい世界で、癒されようなあ。」

エルダ 「やらしいのう。」

命良 「まったくだわ。」

巽 「どことなく、あいつを思い起こさせるよ・・・。」

竜命 「竜王良平。彼の血が私にも流れているんですね。血は争えないものです。」

命良 「あの男の話はしないで。」

竜命 「了承しかねます。母上には今さら恨みも無い、されど恩義も感じない。母上を責めこそしないまでも、世の中には、闇迫トーカンの母君のような人もいるということを、覚えておいてくださいね!」

闇迫小望(やみさこ・こもち) 「呼んだかしら。」

闇迫みそか 「やっと名前出た〜。本編じゃ兄さんのオマケ扱いだったもん。ぷん。」

小望 「エスパーの血は、苦労を背負いますね。けれど人は誰しも、何かを背負って生きてるのだと思っています。母親が子供を背負うように。」

命良 「運命を背負うことは厭わない。けれど、運命に背負われるのはまっぴらよ。」

竜命 「それでいいと思ってます。謝らないからいいんです。私は母上に恩義こそ感じていませんが、運命を打ち破る生き方は、憧れと尊敬の対象なのですよ。それをなぞるように生きてきました!」

みそか 「産んでくれてありがとうってことだね。お母さんにというより、この世界に。」

竜命 「これはこれは、真っ直ぐなお嬢さんですね。いや、時系列的に年上でしたか。」


リック 「ハービス分隊長! 魔犬がいるって・・」

フェンリル 「遅いよ雑魚が。」

リック 「雑魚って言うんじゃねえ! 舐めんじゃねええ!」

ハービス 「とりあえず休戦だ。ここで戦っても仕方あるまい。」

リック 「しかしこいつ雑魚って! 謝れよ!」

フェンリル 「あの裁判もどきは、あたしが死んだ後だったか。壊帝の威を借らねば何も出来ねえか?」

リック 「この負け犬があああ!」

しかしリックはフェンリルのビンタで宙を舞い、天井のシャンデリアへ激突した。

リック 「ぐはっ・・・」

クセルクセス 「おいおい、何か再びキナ臭くなってんじゃねえか?」

フェンリル 「・・・・・・・・。」

クセルクセス 「何だよ、ジロジロと。」

フェンリル 「いや、そのカッコ・・」

首飾りにドレス、ウィッグにネイルと、まるで貴婦人のような出で立ちのクセルクセスがそこにいた。

キアラ 「綺麗・・・クーちゃん綺麗・・・」

クセルクセス 「ええい、似合わねんだよ、こんなん! あ、テスタロッサさん、その節はどうも。」

キアラ 「あ、TS世界でもアタシ同じことやってんだね〜。」

リック 「恨み晴らさでおくべきかーっ!」

ややキャラ崩壊しながらキアラに突撃するリック。
しかし後ろからバーニシャル・エルダに捕まえられる。

エルダ 「短気は損気、男ならドッシリ構えるがええ。」

リック 「放せババア!」

エルダ 「ん、よか。男の子は元気が一番。」

サム 「正気でも超能力は健在なんですね。」

エルダ 「あんときは、すまんことしたのう。」

サム 「いえ・・・。アルカディアの治療技術がありますから。こちらこそ、エルダさんのお孫さんを救えなくて・・。」

エルダ 「あんたの生まれる前のことじゃ。キアラでも年端のいかん頃じゃろ。」

キアラ 「アルカディアに入る10年も前でした。」

宗馬 「おれの生まれるよりも前か。」

キアラ 「だから歴史って嫌い。自由じゃないから。」

フェンリル 「オマエは自由な方だと思うけどね。ねえ命良。」

命良 「私も不自由を打ち破った以上、自由を妬んだりはしないけど。」

フェンリル 「打ち破ったカナア?」

命良 「自由と勝手は違うわ。」

フェンリル 「そんなことをハタチ過ぎてもわかってない奴は大馬鹿だと、言いたいのか?」

命良 「あなたはハタチ過ぎてないじゃないの。」

フェンリル 「そうだった・・・。」

キアラ 「このあたりでファッションショーをやろうか。」

八武 「ほう!」

キアラ 「さあ、女子は全員、服から自由になって。」

クセルクセス 「てめーがフリーダムだよ!」

八武 「ふはははは、こんなこともあろうかと、コスプレ衣装を大量に持ち込んでいたのさ!」

クセルクセス 「やんねーよ!」

フェンリル 「いや、オマエは説得力ナイ。」

八武 「さあ、そこの七村さんも。」

光子 「え、わたしもやるの?」

八武 「第一部キャラだから逃げられると思ったか? 甘ぇよ。」

銀一 「ちょっとオッサン・・」

同人 「友達に手を出さないでもらえます?」

八武 「オッサン言われた! けっこうショックだ! というか、君たちの方が年上なんだがね。」

宗馬 「あー、何かそのへん曖昧だよな。」

佐久間 「ちなみに58歳だ。」

同人 「はっ!?」

銀一 「若っ!」

宗馬 「エスパー並みだな・・・エスパーなのか?」

八武 「ただのエロリストだ。ほら、そこの人造少女も衣服という概念から今すぐ解放されなさい!」

イクリプス 「変態!」

キアラ 「もういっそのこと全員でヌーディストパーティーにしよっか。」

イクリプス 「やんないわよ! バッカじゃないの!?」

山田 「キャラ崩壊が酷すぎる!」

キアラ 「遊戯王GXのミスターT並みに自由な発想とプレイングを心がける・・・っ!」

命良 「時代考証を完全無視した発言ね。」

竜命 「今更ですよ。」

宗馬 「この中でミスターTが出てくる頃まで生き残ってる奴、いるのか?」

佐久間 「ネタバレを含むから名前は挙げないが、22名中6名。」

宗馬 「結構いるんだな。」

リック 「お、おれは生き残るよな・・? な・・・?」

ハービス 「諦めろ。コムザイン副隊長でも21世紀までは生き延びていないそうだ。」

リック 「マジで!?」

キアラ 「長く生きれば自由ってわけでもないわ。さあ、脱いで脱いで脱ぎまくれ!」

山田 「やめんか!」

佐久間 「水を差すな山田。キアラは燃えているのだ!」

八武 「私は萌えているのだ!」

キアラ 「服なんぞ、アタシが燃やし尽くしてくれるわ!!」

イクリプス 「あっつーっ!」

フェンリル 「やれやれ。」

ケルベロス (せ、世界は・・・優し・・・)

ティンダロス 「ふ・・・く・・・?」

竜命 「おや、やはり魔犬の皆さんは落ち着いていますね。最初から裸ですから当たり前ですか。」

山田 「お前こそ何で落ち着いてんだよ!」

竜命 「私は別に、このスケイル・フェイスにコンプレックスは持ってませんから・・・。」

会場は阿鼻叫喚の坩堝と化していた。
キアラに服を燃やされ、悲鳴をあげてうずくまる女たち。
男たちは、収拾しようとする者と、もう諦める者に分かれた。

キアラ 「はーはっはっは! 燃えろ燃えろーっ!」

命良 「きゃああああ!!」

巽 「め、命良・・」

思わず顔を背ける巽。
その顔は赤く、服は燃えていく。

イクリプス 「何で服だけ都合よく燃えてくのよ!? 信じらんない!」

キアラ 「アタシはA1級パイロキネシストだ・・・服だけ燃やすなど朝飯前なのさ!」

八武 「やあ! これはいけない! 紳士の私が女性たちを全裸にしたまま放置するなんて考えられないよ! さぁ、このビキニを装着して! 心配いらないよ、媚薬なんて塗られてないから!」

山田 「怪しすぎんだよテメーは!」

全裸、全裸、全裸、全裸。まさに全裸祭だった。
全裸にされて覚悟が決まった。
砕組のメンバーは魔犬たちと手を組み、ルナ、エルダ、命良、竜命も一緒に、総がかりでキアラを襲った。

キアラ 「はっ!?」

流石のキアラも、これだけの戦力を相手に太刀打ちは出来なかった。
お腹にパンチを食らった! 食らった! 食らった!

キアラ 「あぐっ、あぐっ、あぐっ!」



- - - - - -



光子 「あー、ひどい目にあった。」

銀一 「いーもん見さしてもらいました。」

光子 「オッサンくさい・・・。」

銀一 「いや、喜んでるのはオレだけじゃないって。」

同人 「ノーコメント。」

巽 「え、あ、う・・」


女たちが服を着ていく光景を、八武は爽やかな顔で見つめていた。

八武 「うむ、脱ぐ光景もいいものだが、慌てて服を着る光景もいいものだ。」

イクリプス 「見るなバカ!」


キアラ 「今日は少し、フリーダムすぎたわ。夜更かしのテンションって恐い。」

佐久間 「キアラだから全裸祭で済んだのだ。これが私だったらレイプから始まっていたところだ!」

山田 「終わってるよ! お前の頭は!」

佐久間 「ま、楽しければ良し。それでは、これにて・・・。」


22名一同 「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「ありがとう!!!」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」





<まとめ>

第1位(5票・2名)
クレア・クレッセント
レックス・ブースター

第2位(4票・1名)
ウロイ・ディムニス

第3位(3票・2名)
三日月千里
コムザイン・シュトラスツェーベリウム

第4位(2票・4名)
京狐夜果里
フィリップ・ケストナー
ティア・タロニス
ヴェロニバル・ゼティエルト・サンデモン

第5位(1票・22名)
イクリプス・ディム・エイプリル
クセルクセス・ブースター
闇迫みそか
闇迫小望
魔犬ケルベロス
魔犬ティンダロス
魔犬フェンリル
竜王命良
ラプソディア・カッセル
ハービス・カチュラム
火村巽
リック・ビッグマン
バーニシャル・エルダ
白竜命
ヴェネシン・ホーネット
キアラ・テスタロッサ
小林流菜
七村光子
吉岡同人
沢木銀一
三日月宗馬
サム・バロン



投票してくれた皆さん、本当にまりがとうございました!

今後とも、エスパー奇譚を、よろしくお願いします!


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
全小説目録
このサイトの全ての小説一覧。(連載中のものなどを除く) ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2013/10/25 00:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
白龍「なんというお祭り騒ぎ…!予想通り収集がつかなかった!一時は休戦になったかと思ったのに!この世界には奇跡なんてない!」
バーニー「混ぜすぎたら爆発オチは基本うさ。」
白龍「まあ、一応収集はついたみたいだけど。キアラさんのキャラってあんな感じだったんですね。」
バーニー「服装は大切うさ。バーニーもいつも正装うさ。」
白龍「バニー服が正装だったのか!?」
バーニー「もちろんうさ。」
白龍「しかし、改めて思うキャラの多さ。これが発想力という才能か。やっぱり凄いなあ。」
バーニー「ちなみに今日のコスプレクイーン賞はクセルクセスうさ。」
白龍「いつの間にそんな賞(?)が…。」
千花 白龍
2013/10/24 21:24
>千花白龍さん
お祭り騒ぎというか、乱痴気騒ぎといいますか、まさかこんなことになるとは思っていませんでした(殴
作中ではシリアスだったり真面目だったりするキャラが、結構はっちゃけていたり・・・。特にキアラさん何やってくれたんだ。

佐久間「鉤括弧を22も並べると曲がって見える。」
山田「錯視ってやつか。」
八武「もっとコスプレしたかったなぁ。」
山田「お前は十分やった。もう休んでいろ。」
八武「クーちゃん可愛かった。」
山田「それは同意するが。」
佐久間「次の話からはTS世界に移行するくらいの大胆さを。」
八武「いやいや、女子まみれ百合ワールド。」
山田「どっちも却下だ!」
アッキー
2013/10/24 23:04
コング「夜果里は4位か。フィリップ・ケスナー、ティア・タロニス、そしてヴェロニバル・ゼディエルト・サンデモン。長い」
ゴリーレッド「生も死も時系列もない役者たちの楽屋裏」
コング「♪やっみーに、かーくれって、いっきっるー、俺たちゃ、透明人間なのさ」
ゴリーレッド「また意味のわからないことを」
コング「早くモンスターになりたーい!」
火剣「アホか。人間が一番だ」
コング「でも触手はほしい」
ゴリーレッド「生まれ変わりたいなら一旦殺そうか?」
コング「人間は死ななくても生まれ変われる動物だと火剣が言ってたぞ」
火剣「人間は多面的か。人の一面だけ見て性格を判断する人間がほとんどだから、こういう深い人間学は好きだぜ」
コング「エビフライって何だ? とびきりにかわいい女の子を逆エビ反りにして困り果てる姿を見て喜ぶってことか?」
ゴリーレッド「エビフライからそこまで連想する人間はコングくらいだ」
火剣「腹パンチされるのがイケナイ興奮か。MなんだかSなんだかわからないな」
コング「ハービスとラプソディアは出番が少なかったからな。魅力ならナンバーワンだ!」
火剣「命良、ハービス、ラプソディア。三人のうち誰を選ぶ?」
コング「うーん、迷いに迷った挙句、答えは・・・日暮かごめだ!」
ゴリーレッド「延髄斬り!」
コング「だあああああ!」
ゴリーレッド「自由と勝手は違う。コングのは勝手」
火剣「俺様は自由の戦士だ」
ゴリーレッド「最後は荒れたな。どうしたんだキアラは」
火剣「媚薬入りビキニか。八武的発想だ」
ゴリーレッド「エロリスト八武にかかったら全裸祭かあ・・・」
火剣「佐久間んが主催したらレイプパーティーになる。裸祭りのほうがまだマシだ」




コング
2013/10/24 23:18
>コングさん
そうか、エビフライとは逆エビのことだったのか!
というわけで4位にも馴染みの顔がランクインです。全体的には女性陣が多いですね。
それにしてもキアラはホントどうしたんでしょう。ドクターに毒されたとしか思えないテンションでした。

八武「毒を取るから、ドクトル!」
山田「ドイツ語かっ。」
佐久間「レイプ、したかったな・・・。」
山田「しみじみシリアスに何を言ってるんだ貴様は。」
佐久間「尻アスが私のモットーでね。」
山田「くたばれ。」
八武「楽屋裏は良い世界だなぁ。」
山田「生も死もない安らぎの空間という意味でなら同意する。」
佐久間「そうそう、本編では見られなかった側面も見られたり。」
山田「キアラは除く。死根也お前、何かしたのか?」
八武「波長が合っちゃったのかねぃ。」
佐久間「その場のノリというやつだな。どうも最近ブログが全体的に大人しいから。」
山田「どこが大人しいのかわからない。」
維澄「大人しいというより、大人らしい。」
八武「そうアダルト! 思春期!」
佐久間「カタカナにすると一気にニュアンスが変わるな。」
八武「大人はエロいもんだよ。」
山田「理性的なのが大人だ。」
佐久間「理性とエロは相反しない。むしろ理性的なほどエロいのだ!」
八武「また素晴らしい結論が出てしまった。」
山田「さっきよりマシか・・。」
アッキー
2013/10/25 00:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
エスパー奇譚「千里」 第二回人気投票 結果発表! (キャラクター:その2) 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる