佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS お知らせ

<<   作成日時 : 2013/11/04 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4





ここ1、2週間ほどで書き溜めたエッセイを一挙に出してみましたが、何だか記事ごとに別人が書いてるみたい・・・。
思いついたことをテキトーに書き散らしているので、書いてるときの気分がモロに出る。これぞエッセイ(殴

そして、一記事の文字数を短くした結果、記事の数が増えたという罠。





さて、決闘魔法少女の連載が一段落つきまして。
次の連載候補が2方面あるのですが、デュエル小説の方は再度チェックを入れたいので、先にファンタジーの方を掲載していきます。

「幼馴染は夢を見る」とキャラクターを共有していますが、微妙に別の世界です。


明日より、「澄んだ瞳に映るのは」から始まります。
ひとつずつの話は短いです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
冬未さんの物語が再び始まるのか、それとも冬未さんに繋がる物語になるのか。いずれにせよエンドレスの悪夢の始まりか…?
千花 白龍
2013/11/04 11:42
火剣「いよいよ新番組が始まるぞ」
コング「澄んだ瞳に映るのは」
ゴリーレッド「詩的なタイトルだが」
コング「澄んだ瞳好き。押し倒したくなる」
ゴリーレッド「やめなさい」
火剣「そうだ、前に佐久間んや八武医者が文学の急所を語っていたな」
ゴリーレッド「急所?」
コング「急所を押さえられたら弱いぞ。あん!」
ゴリーレッド「クリーンt」
コング「文学の話だ」
火剣「佐久間んいわく、なまじ成人向けだと、必ずHシーンを入れなければならない制約が足を引っ張るときがある」
コング「大賛成だ。創意工夫のないド素人がつくった動画なんか見られたもんじゃない。その点、さすがはプロが書いた普通の作品に出てくるHシーンのほうがはるかにエキサイティングだ」
火剣「R18じゃない作品できわどいシーンに出くわすと得した気分になるな」
コング「その通り! 工夫して、ちょうだーい」
ゴリーレッド「しかし・・・」
火剣「八武医者も語っていたな。並の成人向けより興奮する一般向けは多い」
コング「ヨーコのスライムシーンは少年誌だぞ少年誌」
火剣「今、表現の自由の危機だからな。国民にだけ重い責任を化す流れは食い止めないといけねえ」
ゴリーレッド「そのためにも自主規制は大事だ」
火剣「うるせえ」
コング「目指せ賢吾」
火剣「賢吾? パワハラ撲滅を掲げながらセクハラを推進している器用な矛盾帝王か」
ゴリーレッド「悪口は良くない。親友じゃないのか?」
火剣「まあいい。『澄んだ瞳に映るのは』に期待しよう」
コング「ヒロピンはあるのか?」
ゴリーレッド「幅を広げなさい」
火剣獣三郎
2013/11/04 21:41
>千花白龍さん
人気キャラの冬未さん、今回も登場するのでしょうか?
前の世界と違ってハッピーエンドを目指そうと思っていますが、作者が私だからどうなることやら・・・。

山田「虚淵玄かっ!」
佐久間「そもそもハッピーエンドにしようとしてるのかすら怪しい。」
アッキー「納得できないハッピーエンドより、納得できるバッドエンドの方が好きなんですよ。」
佐久間「ほら、早速こういうことを言い始める。」
アッキー
2013/11/04 23:32
>火剣さん
強まる一方の規制ラッシュには、危機感だけでなく怒り心頭です。好きな作品の続きが読めなくなったり、好きな本が発禁になったり、本当に他人事ではない状況。
勇者と魔王シリーズは、どこまで掲載できるかわかりませんが、ヒロピン回まで行けるかどうか?

八武「是非とも行くべきだ。美女はイくべきだ。」
山田「待て、健全に、健全に!」
佐久間「大丈夫だ山田。最初は健全でも途中からエロくなるのがアッキーの作風だからな。」
山田「むしろ大丈夫さが減ったぞ。」
アッキー「最初からエロスで行くのは難しいんですよ。」
八武「ふむ、焦らしプレイというやつだね。」
アッキー「書いている私が焦らされるプレイです。」
佐久間「序破急だな。緩急つける方が興奮を誘える。」
八武「入れたり出したりするときも、緩急をつけ・・」
山田「おい。」
八武「安心しろ、レイプの話ではない。」
山田「・・・。」
佐久間「とある成人作家が言っていた。ストーリー性を大事にしないと読者をつかめないが、かといって毎回Hシーンを入れなければならないからページ数が足りないと。」
八武「そこを創意工夫する楽しみもあるが、やはり伸び伸びと描きたいものだね。」
アッキー「というわけで、伸び伸びと描いたファンタジーです。」
佐久間「読者と私の期待を裏切らないように。」
アッキー「イエス、マム。」
アッキー
2013/11/04 23:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
お知らせ 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる