佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 決闘迷宮 63.1   読者への挑戦状V (答え合わせ)

<<   作成日時 : 2014/06/17 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

◆ ◆ ◆



◎解答例

デュエリスト能力を発動。闇属性チューナー及び、レベル1の闇属性6体と、《チューニング・サポーター》3体で、レベル10のシンクロモンスターをシンクロ召喚する。
《チューニング・サポーター》3体の効果で3枚ドロー。
《終わりの始まり》を発動して3枚ドロー。
エクゾディアの効果で勝利。

以上、手札からのプレイ回数1回。



◎別の想定解 (桔梗の陣が存在しない場合)

デュエリスト能力を発動。《チューニング・サポーター》3体、《ワイト》、《ワイトキング》、極星霊チューナーを含めてレベルを合わせ、《極神皇ロキ》をシンクロ召喚する。
《拡散する波動》を発動。《極神皇ロキ》は全体攻撃の効果を得る。
《コード・チェンジ》を発動。《極神皇ロキ》を戦士族にする。
《幸運の剣》を《極神皇ロキ》に装備。戦闘破壊するたびに1枚ドローできる。
《リビング・デッド−ホロウゴースト》を戦闘で破壊し続ける。←《リビング・デッド−ホロウゴースト》の効果は《拡散する波動》で無効化されないと解釈し、自己再生する。
《リビング・デッド−ホロウゴースト》の効果で発動する魔法カードは、《極神皇ロキ》の効果で無効にする。
エクゾディアが揃うまで攻撃を繰り返す。

以上、手札からのプレイ回数3回。





◎幻想王アリスさんの回答

@薫の能力でデッキから《闇へ解け合う風》とレベル1モンスターで《フォーミュラ・シンクロン》をS召喚、2枚ドロー
A《リチュア・チェイン》を召喚し、デッキの上から3枚を確認
B《大逆転クイズ》で薫とリルのライフを交換する
Cターン終了時に五行封印で薫の勝ち


5つ目の効果が適用されても、《大逆転クイズ》で引っくり返せるのが恐ろしいところ。

次の回答で述べられていますが、能力の制約で《リチュア・チェイン》が召喚できないので、不正解になります。

前回の解答では誓約やコスト不足など間違いが多かったので
@薫の能力で《闇へ解け合う風》と《チューニング・サポーター》を素材として《フォーミュラ・シンクロン》をS召喚、3枚ドロー
A《魔導書整理》でデッキの上から3枚を確認
B《大逆転クイズ》で薫とリルのライフを交換
Cターン終了時に五行封印で薫の勝ち


《大逆転クイズ》のコストも満たし、ライフは逆転するのですが・・・《五行封印−桔梗の陣》が4つ目までの効果しか満たしてないので、効果で勝利するに至りません。
残念ながら、不正解となります。

ダークからカードを借りた設定で《闇へ解け合う風》を使った方が、熱い展開だったかもしれない・・・。





◎豆戦士さんの回答

前回の挑戦状が鬼のような自由度を誇っていたのとは対照的に、今回のガチガチ具合が半端ねー!
モンスターに関しては、スターメイカーを使った後は、セットができるだけ。
魔法・罠に関しては2回までしか使えない。
そして例によって、桔梗の陣の効果の3回目と4回目の効果でダメージに関しては厳しい制約が設けられている、と。

なんだこの御都合主義の塊みたいなフィールド魔法。作ったの誰だよ。
とはいえ、5回目の効果がなければ実はわりと色々できて……?


いやあ、本当にありがとうございます。おかげで今回は、比較的まともな問題になった気がします。
しかし、ただでさえ猛威を振るっているシンクロが、デッキから可能となると凄いことになりますね。

<回答>
スターメイカー発動。
《ジャンク・シンクロン(※)》《チューニング・サポーター(※)》《チューニング・サポーター》《チューニング・サポーター》《ダークシー・レスキュー》《ダークシー・レスキュー》《もけもけ(※)》《異国の剣士(※)》《レベル・スティーラー(※)》《アルカナフォース0−THE FOOL(※)》
を素材としてシンクロ召喚(ジャンク・シンクロンはスターメイカーの効果で星1になるため、全部で星1のモンスターが10体)。
《A・O・J ディサイシブ・アームズ》をシンクロ召喚。
《チューニング・サポーター》3枚と《ダークシー・レスキュー》2枚の効果で5枚ドロー。
エクゾディアパーツが手札に揃って薫さんの勝利。

今回はエクゾ禁止されてないからこれで行ける!
手札からのプレイ回数は、まさかの「0回」。
五行封印のあるなしなんて全く関係なく、(※)は闇星シリーズに登場したカードなので、6種類以上を「使用(プレイとは言っていないので、これでも条件を満たすと判断)」したことになる。


というわけで、《チューニング・サポーター》だけでなく、《ダークシー・レスキュー》を使っての回答、お見事です!
手札からのプレイ回数0なので、超正解で★★★★獲得です!

ちなみに《A・O・Jディサイシブ・アームズ》は最終候補の1つでした。(他の最終候補は《星態龍》)

「ただし、手札からのプレイ回数が一致することが条件です。」の表現が曖昧なのですが、
・五行封印ありVer.の自分の回答と一致している、という意味なら「0回」で一致。
・アッキーさんの作為解と一致している、という意味なら、それが何回だか分からない時点で非常に答えづらいのですが、素材の《ダークシー・レスキュー》の数を増やすとかして余ったカードを適当に使い回せば「回数」の水増しはそこそこ容易(10回とか20回とかだったら難しいけど)。
こちらは、1回Ver. 2回Ver. ……を全列挙するのが面倒なので省略。


おまけ問題の方は、番外プロジェクト3に倣った形式にしてみました。
若干わかりにくかったかもですが、後者の解釈で合ってます。
プレイ回数まで当ててパーフェクトなので、今回は半分の★獲得です。





◎評価

今回、“秘められし照星”を、デッキワンカードにするかデュエリスト能力にするかが最大の悩みどころでした。
これからクローバーさんが薫のデッキワンカードを出すかもしれないということで、デッキワンカードっぽいデュエリスト能力、それも一時的な、今回だけの能力に決定しました。

1ターンに1度だけ、他に召喚・特殊召喚できない・・・という縛りを付けても、この強さ。
レベル4どころかレベル5に相当しそうな勢いですが、縛りが多いからレベル4かなぁと。
いやまったく、回答を見ても、薫が本気出してないことがわかりますねー。そこは狙い通りで満足。

おまけ問題に関しては、「こんなのわかるかー!」という声が聞こえてきそうです。
なまじOCG縛りでも解ける分だけ、こっちの方が予測困難かもしれないです。

実はこれ、「みんなの力を借りて勝つ」展開が熱い→それで問題を作ったら《五行封印−桔梗の陣》2つ目の効果に引っかかる→ブラフとして設置するだけではブラフの方がダイナミックすぎる→だったら別枠で問題にしちゃえばいいんじゃね?・・・という経緯で出てきたものです。

《リビング・デッド−ホロウゴースト》という怪しげなオリカは、その名残であり重大なヒントでありました。
ほら、いかにもロキで殴ってくれと言わんばかりの・・・・・・やっぱり「わかるわけねーよ!」という声が聞こえt(ry





<現在の獲得ポイント>

豆戦士さん
★★★★★★★★★★
★★★★★★

ツヲさん


幻想王アリスさん
★★★★★★★★★★





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
決闘迷宮 62.1   読者への挑戦状V (難易度★★★☆☆)
◆ ◆ ◆ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2014/06/17 00:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
決闘迷宮 63.1   読者への挑戦状V (答え合わせ) 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる