佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS ポケモンカードGB2 追加

<<   作成日時 : 2014/12/20 00:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

相変わらずルギアが出ませんが、少しだけ追加。

前回





◎ポイズンストームデッキ

カテゴリ:スタンダード

コンセプト・・・《ビードルLV15》の毒と、《リザードLV32》の攻撃力に、《ストライクLV25》を組み合わせる。

攻撃力:★★★
防御力:★★★
持久力:★★★★
速攻性:★★★★
安定性:★★★★
柔軟性:★★★★★

ゴーストカードマスターのリーダー・とびちゃんの使用するデッキ。
《オーキド博士》や《パソコン通信》などは使用しない。ドローカードは《マサキ》のみ。
また、《きずぐすり》は4枚積みの価値あり。
《ベトベターLV10》などでカスタマイズするなど、構築の幅は広い。

大してパワーは高くなく、コンボ性も乏しいのだが、テクニック次第で相当に強くなる。
「にげる」の数が少なく、ダメージ効率が極めて良いので、見た目より戦いやすい。
このデッキの真価は、その効率性・柔軟性の高さにあると言えるだろう。
「ビッグサンダーデッキ」が“殆どのデッキを蹂躙できる”とすれば、こちらは“あらゆるデッキと戦える”デッキだ。




◎みんなでスパークデッキ

カテゴリ:コンボ攻撃特化型

コンセプト・・・《ビリリダマLV8》を並べて「みんなでスパーク」の威力を高める。

攻撃力:★★★★★
防御力:★★
持久力:★★
速攻性:★★★★★
安定性:★★
柔軟性:★★

GM杯で、たまにタカハシに《ビリリダマLV8》を並べられて苦戦するので、そこから着想を得たデッキ。
《パソコン通信》、《ダウジングマシーン》、《プラスパワー》をフル投入し、ドローカードや《夜の廃品回収》も惜しみなく投入する。(ただし《オーキド博士》は控え目に積んだ方がいいと思われる)
《ビリリダマLV8》はHPが30しか無いので、《きずぐすり》と《ディフェンダー》も可能な限り投入すべき。

恐ろしいほど攻撃力が高く、しかも1体が気絶しても後続が次々と出せるので、極めて攻撃力は高い。
《メタモンLV19》を入れることで、速攻性が損なわれるが、防御面や安定性、柔軟性が増す。
1体でもサイドカードにあると悲しいほどにパワーダウンするので、メタモンは重宝する。
(けっこう使い方が違うので、「ずっとスパークデッキ」と名付けて別枠にしている)

「陵辱カビゴンデッキ」に続いて、ゴーストカードマスター9人抜きに成功。
はじまりの島のクラブメンバーとクラブマスター合わせて32名を、デッキを変えずに勝ち抜く縛りプレイをやったことがあるが、当然ながら格闘と地面は難敵。クリアまでに5回かかった。
事故ると普段は負けないような弱小デッキにも負けたりするので、まだまだポケモンカードは奥が深い。




◎レジェンドクロニクルデッキ

カテゴリ:ファンデッキ

コンセプト・・・カンザキ対応。及び、縛りプレイ用。

攻撃力:★★★★
防御力:★★★
持久力:★★★
速攻性:★★
安定性:★★★
柔軟性:★★★

伝説のカードを全て投入し、ミニリュウとハクリューも投入する。
《ポケモンいれかえ》や《ポケモン回収》は必須となる。《エネルギー転送》よりはドローカード優先か。
HPが高いので《レインボーエネルギー》も採用候補。

最終決戦のストーリーを楽しむデッキ。
カンザキに勝った時点でセーブせず、ルイ、ビルリッチと、立て続けに戦う。
縛りを要求するカンザキは並みだが、ルイは能力と合わせて★5に近い★4くらいの強さがあるので苦戦必至。
そしてビルリッチがGR団のボスである所以を味わうことになる。
腰を据えて戦えば、ビルリッチのデッキは極めてパワフルで、ボス戦に相応しい臨場感を与えてくれるはずだ。








<個人的チョイスの強力カードマスター>



◎ミウラ ★★★

オーソドックスなエスパーデッキ。《ゴーストLV26》が侮れない。
クラブマスターの中ではトップクラスだと思われる。



◎クルシマ ★★★

毒と混乱が厄介なデッキ。《アーボックLV30》が意外と強い。
同じくクラブマスターの中ではトップクラス。



◎キャサリン ★★★★

雷プラスの能力が強く、《わるいサンダースLV23》が厄介。
ただし格闘・地面対策の《ドードーLV10》が、パワーを下げているので、★3に近い★4というところ。



◎マミ ★★★★

まともにサイドカードを取り切って勝つよりも、デッキアウトで勝つ方が多い。
勝敗だけ見れば★3くらいかもしれないが、とかくパック7は集めにくい・・・。



◎ルイ ★★★★

3つの能力とデッキを持つ難敵。ブラックホールと逃げにくい場が恐い。
★4の中では最強の部類に入ると思われる。


◎ランド ★★★

雷デッキを組めば何ということはないのだが、たまに《ピジョンLV38》に嵌まる。
最終的にはグランドマスター杯でしか登場しないので、場合によっては強い。



◎ポーン ★★★

ダンジョン最初の相手にして、クイーンに次ぐ実力者。
総合的には強くないのだが、たまにテールドロップが連続で当たって死ぬ。



◎クイーン ★★★★

セリフからしてビルリッチの妻らしき人。強力ポケモンデッキは、殆ど死角が無い。
最近よく《エビワラーLV33》に、こっちのエースを沈められる。



◎エイジ ★★★★★

言わずと知れた、凶悪ゴースト。説明不用。



◎ディー ★★★★★

同じく凶悪ゴースト。説明無用。



◎グランドマスター杯の連中 ★★★★★

デッキは変わってないはずだが、AIがGM杯用の仕様なのか、明らかに強くなっている。
セーブ不可の4人抜きなので、実質ゴースト1人よりは相当キツい。



◎弟 ★★★★★★

最強の敵にしてライバル。おそらく千回くらい戦った。いたちごっこやミラーマッチを繰り広げた。
通信コイン2つは先にゲットしたが、それでもNPCに比べて格段に勝率は低い。(当たり前だが)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ポケモンカードGB2 フルコンプリートへの道
その1 その2 ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2015/07/30 00:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポケモンカードGB2 追加 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる