佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS マンガ界は空前の続編ブーム!

<<   作成日時 : 2015/03/19 00:05   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

・・・というフレーズは大袈裟かもしれないですが、ここ数年の印象として。
嬉しかったり、心配だったり、ニヤニヤしたり、ハラハラしたり。

それぞれ語っていると長くなるので、簡潔に。(備考録?)




◎魔法陣グルグル2

キタキタ主人公のスピンオフも面白かったけど、まさかの続編である。
グルグル使いの魔王とか、すっげーワクワクする。
そしてまさかのザザミグレギュラー入りである。



◎続ハーメルンのバイオリン弾き

シェル打ち切りショックで沈んでいた人に朗報!
妖精の登場で、どう繋がっていくのかをメインの楽しみにしていたら、パラレル突入。何これ凄い。
しかし完結までに(私が)生きてられるかどうか若干不安。



◎金田一少年の事件簿R

決死行完結の後も、不定期でシリーズが出ていたのが、ついに復活!
20周年シリーズもRも、高遠が出てくる話はテンション高まるなぁ。
そしてまさかの高遠少年スピンオフとか・・・私の妄想が現実化したみたいな。



◎うえきの法則プラス

第1話の衝撃は今でも覚えている。あの絶望感と希望感マジぱねぇかった。
ハピネスの刺客3人は死ぬほど楽しい。個人的にスパークの能力が欲しい。
作者の体調で四枚刃編がカットされたのは残念だが、うえきの好きな人が判明したのは嬉しいサプライズ。

ちなみにサイケとアナグルモールが繋がってる可能性が微粒子レベルで出てきたんだけど、実に燃えるーわ。
今までと違って能力が宿った理由が明かされてないあたり・・・ねぇ?
氷付け事件でW主人公が合流したら頭から鼻血出すわ。



◎遊戯王R

黒いオシリスの衝撃! 1ポイントのインパクト!
キースがイレイザーで蘇ったなら、ペガサスも犠牲なしで蘇ること出来そう。→アニメ、映画へ
Rについては小説の後書きとかで語っておりますが。



◎忍空セカンドステージ

忍空はアニメから入ってる私。原作が展開ぜんぜん違うので驚いた。
12人の存在が示唆されてるだけなのはシャルルマーニュの12人衆かとツッコミ入れそうになったが、このセカンドステージで12人揃う。こんな嬉しいことはない。



◎ぬ〜べ〜NEO

いずなが続編かと思いきや、何とパラレル判明でビックリ。
そんなわけで割と最近に始まった、正式な続編。あのキャラこのキャラ今頃どうなってるのか。
そして丑光は本当に敵なのかなぁ?



◎シャーマンキングフラワーズ

ガイドブックのオマケだったはずが、まさかの続編。ヨハネきゅんマジ可愛い。
ラザホーの語った伏線にも触れそう・・・え、最終廻!?
・・・と思ったら、雑誌が無くなるので暫定の切りだった。焦った。



◎るろうに剣心特筆版

映画は最初食指が動かなかったのですが、マンガが予想以上に良かったので映画も。
両方とも観柳のイカれ具合が素晴らしい。うわぁ、何てカネのかかる武器だ!(ランチパッド風に)
原作の様々な要素が散りばめられていて、ニヤニヤしっぱなし。



◎超少女明日香フラッパー版

数年どころか15年も前なんだけど、存在を知って入手したのが・・・それでも10年前か。
クロスオーバーの魅力は和田センセーに学んでいます私です。
いつか2人を幸せにする為にエスパー奇譚は書かれています。(割と本当)



◎蒼き神話マルス

これなどは20年前・・・入手したのは10年以内だけど。
シルフィードの続編というだけでも驚きなのに、謎の美女とか。
そして前作メンバーの真打ち感は異常。四天王の時点で既に常識を超えているというのに・・・。



◎マップスネクストシート

前作メンバーが敵に回ると言えば、これも。(もちろん厳密には敵じゃないが)
個人的に、光速の予言者がストライクに好みなのだが、とにかく豪華。
アンソロジーのキャラとかも出てきて、もうアレですよ溺れそうでした。



◎マスターキートンReマスター

三銃士じゃないけど20年後。雑誌でラストまで読めなかったので、コミックスでようやく離婚の謎が判明。
そのあたりも大人百合子が好きな理由なんですがね。
ラスト話で領土問題にも触れていて、やっぱり浦沢センセーは数少ない真の社会派だよなぁ。



◎K2

社会派と言えば、これも。旧作が妹編を含めて完結したと思いきや、まさかの続編。
医療事情の変遷が的確に捉えられていて、臓器移植から再生医療へ。真船テイストも健在。
そして相変わらずドクターTETSUが萌えすぐる。Kへの感情がアブないなぁハァハァ。



◎花咲ける青少年特別編

雑誌で見たとき「ファッ!?」ってなった。アニメ化の話を聞いたときも驚いたものだけど。
まあ例によって私は立人ハァハァな人ですが、ハリーと東施が凄ぇ可愛い。何この可愛いオッサンたち。ぱねぇ。
そしてクインザは超クインザだった。この人だけはブレない。ブレるはずがない。眠れぬ夜の為に。



◎アウターゾーン リ:ビジテッド

まさか本当に第3部をやるとか思わないじゃないですか・・・この喜び、みんなにも味わってほしいですよ。
最初は雰囲気が変わってしまったなーと思ったものですが、第6話! おおお、これぞアウターゾーン!
振り返ると1巻に代表的な要素が殆ど入っているという。何この大仕掛け。



◎ふしぎ遊戯玄武開伝

続編ではなく過去編ですが、テーマも描き方も異なっていて、ある意味で続編とも。
旧作は女の子が柔らかそうだったけど、玄武は男の子の鎖骨が萌える。
そう言えば「腐女子彼女」との出会いは、この作品がきっかけだったという。

・・・で、ついに白虎編が連載開始! 何か私の望んでいることが次々と叶っている何これ恐い。
箕星キターーー!! キャラ違いすぎて誰おま状態。ここから外道へ向かうと思うと胸熱。
それにしても「東京鎮魂歌」といい、虎女は性的虐待されるお約束でもあるのだろうか・・・。



◎ネオ寄生獣

アニメ化と実写ドラマ化ということで、アンソロジー。アゴなしwwwこれは酷いwww
まあ、どんなに酷かろうと“シンイチビーム”よりかはマシですがね。「大合作」マジ頭おかしい。(褒めてます)
Fともどもコミックスになるまで、もう少しかかりそう。



◎デビルマンサーガ

これも始まったばかりなのですが、今度のアキラ君はミキ一筋。
レギュラーが出揃ってきた感がありますが、やけにアスカがケバい。ギャップ作戦か。
これで「お前、男だったはず!?」みたいなことをアキラが言ったら作者を神と呼ぶ。



挙げていくと思った以上に多いな・・・。マジぱねぇ。
実はまだ他にも色々あるのですが、このへんでキリにしておきます。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンガ界は空前の続編ブーム! 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる