佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 遊戯王アークV1周年!

<<   作成日時 : 2015/04/06 00:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

どうも最近、アンティークギアゴーレムに殴られたくて仕方ない。(※体罰ではありません)

アカデミア勢が古代の機械ラッシュなので、パウンドされたい欲求が溜まっているアッキーです。
それはさておき、アークVも早いもので1年。
ヒロイン不在がReマスターの海馬失踪と重ねられているという、狙いすぎの展開がツボってる今日この頃。

沢渡さんはニューカードで登場、彼がアカデミア勢を蹴散らす展開を期待していましたが、黒咲さんかぁ。
これは後ろから出てきた権現坂が、黒咲の手札が事故ってる(レベル6が3体!?)のを見て、そして同時にトーナメントの素良戦を思い出して、打ち立てた作戦なんだろうなぁ。やっぱ彼も強ぇな。

素良きゅんのデストーイラッシュは見てて楽しかったです。(小並感)
確かに遊矢との1回目は、実力の半分くらいしか使ってなかった感じですが、
「あれは遊びだ」と言うときの素良きゅんが、切なげで萌ゆるハァハァ。
遊びを見下しているようで、実は遊びこそ心を惹く本質だということに気付きかけながらも否定する、
このツンデレぶりがたまんねぇ。もう素良きゅんがヒロインでいいんじゃないかな(殴

不真面目な話はさておき、決着の仕方には意表を突かれました。
後から考えれば予想できて然るべき、悔しいビクンビクンなあたりが素晴らしい。
演出で意識を逸らしていく高度な技法だ。ビクンビクン
逆に言えば、「こんなの予想できるわけねーよ」展開を多用すると良くない。(自戒)

レイジングマスターさんの言うことには一理ありつつも、遊矢が怒るのは無理ないね。
空気が読めないのが、それとも遊矢の行き場の無い怒りを発散させようとしているのか、
どちらなのかまでは読めなかったけれど、ともかく必然のデュエル展開。

しかし多分これは遊矢が負ける展開なんだろうなーとテンション下げてたら・・・うん?
サブタイだけで判断するのもアレですが、まさか遊矢が、勝つ・・・?
素良VS黒咲(2戦目)も良い意味で予想を外してくれましたし、これは期待してよろしいんでしょうか?

沢渡さんは相変わらず沢渡さん。ちゃんと疑問を発して説明を繰り返させてくれる、彼の存在は貴重。
二枚目に出来ないことでも出来るのが三枚目の価値のひとつだ!

そしてデニス顔芸キタコレ!
私は嬉しい・・・やっぱ遊戯王アニメは顔芸なくしては成り立たないんだなぁ(蹴


それにしても、選挙カーの騒音の煩わしいこと。頭の中で反響して、今も頭痛と吐き気。胃が痛い。
デフォルトで暴走族より煩わしい大音響なんだけど、特にアニメ観てるときに来られると最悪の気分。

あんまり書くと選挙法に違反するので抑えるけど、「市民目線の政治」とかほざいている○○党にはムカ着火。
とりあえず、アニメを観ている人間は○○党の言う「市民」には入ってないことがよくわかった。

まあ、革命精神かなぐり捨てて議席確保に躍起になっているので、さもありなん。
「オレたちは人間だ!」という遊矢の叫びとシンクロした。「1票じゃない、1人だ!」的な。

ここんとこ選挙カーの騒音のせいで、ろくに眠れず、神経がささくれている。
○○党の連中に言ってやりたい。臭い臭い、お前らの革命ゴッコぉ〜!(アイアン・マスク&ベクター風に)

はっきり言って、○○党の出している機関紙などは、遊戯王アニメの1秒分・・・いや、世にあるデュエル小説の、
1文字分の価値も無え!(確信


えー、ささくれ立ったことばかり書くのも何なので、レイジングマスターさんについて少し掘り下げてみる。
赤馬だし、海馬要素が多分に含まれている感のあるレイジ君ですが、英単語的には“怒り”。
今現在、激怒しているのは遊矢ですが、半分はユートの怒りだし、“憤怒”を担当するのは彼・・・?

推測でしかないのだけれど、父親が失踪し、残された母親が色々と下品な陰口を叩かれた可能性あり。
父親が失踪してから憂き目に遭ってきた遊矢ですが、それと同じようなことがレイジの方にあったと考えるのは、
けっこう自然なことではないかなぁと。ゴシップ記者とか多そう。

そう考えると、遊矢とレイジの対決は、同族嫌悪の要素も含まれているのかもしれないですね。
母親も熟女の色気あふれる(健康的と妖艶という対照的な)2人ですし、何この共通項の多さ。

ひみこさんがセクハラとかされて、強気で突っぱねるけど、家でレイジさんには弱気な面を見せているとか、
想像するとたまらないものがあるよね!(ゲス顔
妖艶な美人妻とイケメン息子のイケナイ関係か・・・ふぅ・・・大好物です!(殴蹴

いかんいかん、これではゴシップ記者と同じではないか・・・もっと真面目な話をしよう。
遊戯王で「母親」という要素が、ここまでクローズアップされているのは、これまた珍しいことだと思うのです。
いちおう無印で遊戯の母が出てきたり、5Dsで十六夜ママンが出てきたりと、皆無ではないのですが・・・。

当然ながらメインテーマではなく、数あるサブテーマの1つに過ぎないですが、この切り口は面白そうだなぁと。
まだまだ楽しみ方はたくさんあるよ、アークV!

「来週も(ファン)サービス(ファン)サービスぅ!」
ポロリは無いけど顔芸は多分あるよ!


次の感想はGWあたりにでも。(予定)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
遊戯王アークV1周年! 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる