佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 遊戯王アークV感想 〜レイジさんが一晩でやってくれました〜

<<   作成日時 : 2015/04/30 00:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

まとめてゴールデンウィークに書こうと思ってたけど、色々キリがいいので今。

流石に遊矢が勝つ展開は無かったかー。
やや残念ではあるけど、やっぱりレイジは色々と考えていたようで一安心。

そして、「母親」のクローズアップ! こんなに私の予想が当たるとは珍しい。
レディースの総長が、キザなイケメンに調教される過去エピソードはヨダレもの・・・え、そういう話じゃない?
《スマイル・ワールド》って、人を強制的に笑顔にする、精神操作系の魔法ですよね?
そしてレッドクイーンも、相手を強制的に従わせる、調教系モンスターですよね・・・?

冗談(本気7割)はさておき、遊勝パパンは名前の通り、遊んで勝つというスタイルの模様。
なるほどなぁ、それが遊矢の、あの心くすぐったい「レディースエンドジェントルマン〜」から始まる口上へ、受け継がれているわけだ。一人称が変わるのも何気にイイ。
ぶっちゃけ最初の頃は、そこまで感動していたわけではなかったのですが、久々に聞いたのと、そういう背景を合わせて聞くことで、あたらめて良い口上だなぁと思うわけで。

遊勝の「デュエルはケンカの道具じゃない」あたりのセリフは、ともすれば過去作品を見下してるようで、正直あんまり好きではないのだけれど、まあ言わんとすることはわからんでもない。
我々の世界であれば100パーセント正しいわけだし、デュエルで楽しむことを至上とする点は外してない。
ヨーコさんたちは、明らか、楽しんでいなかったもんね・・・。それは見てて止めたくなるわ。

・・・まァ、心のねじくれた私としては、素良きゅん的なデュエルが楽しいわけですけどね。
何を楽しいと思うかは、楽しんでるかどうかとは別問題なんだなぁ。

いや、別に遊勝パパンが嫌いというわけではなくてですね、むしろパパンの言ったことで、どうして今ひとつ黒咲さんを応援できないか、よくわかりました。
セリフ自体はヨーコさんが言ってるのですが、敵を倒すことばかり考えて余裕の無い態度は、あんまり楽しくないということなんですね。
敵に対して毅然とするのは好ましくても、敵でない者に敵意を向けたら駄目だろうと。レイラきゅん可哀想。
えー、沢渡さんは、まあ、ある意味・・・ねぇ?

まあ、そんなわけで、(子供の頃から)きちんと敵意を向ける相手を選んできた身としては、黒咲さんの態度が無差別攻撃に感じてしまうのですよ。ちょっと雑なんじゃないかなぁと。レイラきゅん可哀想・・・おいで(殴
決して嫌いじゃない・・・嫌いじゃないんだ・・・イケメンだし(蹴
でも応援は出来ない、そんな微妙なキャラなのです、黒咲隼。

さて、いよいよランサーズ出撃!
行き先がシンクロ次元というのは、あんまり驚かなかったのですが・・・時限移動装置とアクションフィールド展開機能をデュエルディスクに付与したという、レイジングマスターさんの技術力にビビッた。
まあ、遊戯王ではよくあることですね。ツバインシュタイン博士の装置が小型化されているようなもの。
無印で海馬がソリッドビジョンを次々と進化させていったわけですし、赤馬も同格の技術者とすれば頷ける。
・・・頷ける時点で、救いようがないほど遊戯王に毒されている気がしますが、よくあることですよね。

融合次元がアカデミア、エクシーズ次元がハートランドと来たら、やはりシンクロ次元はシティ。
マイアミだけが割とひねっていて、我々の世界にあるマイアミは、観光都市であり、保養都市であり、商工業都市であり、湾岸都市であり、軍事都市であり、高級住宅地と貧困地域の両方を抱えている。また、治安が悪く、犯罪率が高いという。このラインナップを並べられたら、デュエリストならドミノ町を思い浮かべるよねwww

話がズレたけど、サテライトとか出てきたら鼻血出るかもしれん。
最後にそれだけ言いたかった(殴




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
遊戯王アークV感想 〜レイジさんが一晩でやってくれました〜 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる