佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 決闘倶楽部   インターローグ 牙城の暦

<<   作成日時 : 2015/06/06 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

◆ ◆ ◆



弓堂ラムネ(きゅうどう・らむね)は、17年前に生み出された。
人造人間とかではないが、生まれる前から暗殺者として、及び性奴隷として育てられることが決まっていた。

その国は、戦力を欲していた。忠実な兵士を欲していた。
その国は、労働力を欲していた。従順な奴隷を欲していた。

今は滅びて消え去った、小さな国。
今は名も無き、歴史から消えた国。

滅ぼしたのは、ひとりの女。
たったひとりの女によって、その国家は消滅した。

デュエルモンスターズの生み出した、最速の不死鳥。
真紅の竜王は、紅蓮の牙を以って、国を噛み潰した。

ラムネ、とだけ名付けられていた4歳の少女は、女から弓堂という苗字を貰い、弓堂螺無音と名を改めた。


それから13年、少女は名を変え、姿を変え、幾つもの通り名を持つ闇のデュエリストとして生きてきた。



◆ ◆ ◆



「たぁすけてぇええ・・・・・嫌だ・・・・・死にたくないぃい・・・・・・」

弱気な表情と、弱気な声。
都蘭布高校の引率・古賀モルフィーナは、怯えながら涙を流していた。

死ぬのは恐い。死ぬのは恐い。
死ぬのは恐い。

「ああ、ああっ、プリン、プリンを食べれば、あたいは大丈夫。プリンプリンプリンプリン・・・」

しかし、彼女の脳裏には6年前の惨劇が蘇る。
自らを含むカンサーA級戦力66名のうち、3分の1を壊滅させた少女、安藤燈炉子。
A級戦力は実力にバラつきはあるものの、下級戦力でもカードプロフェッサークラス。
たったひとりで、下級戦力の大半と、中級戦力の数名を戮殺し、BC級の死傷者は数知れず。
当時、最も警戒していたのは“キューブ”という組織で、そこから受けた被害も尋常ではなかったが、安藤燈炉子によってもたらされた被害は、その比ではない。

「プリンプリンプリン・・・・・・プリン!!」

どれだけ思い出に縋っても、拭いきれない恐怖というものがある。
古賀モルフィーナにとっての安藤燈炉子が、それだ。
彼女とて、どっぷり闇の世界に浸かりこんだ人間。普通の人から見れば、立派な人格破綻者である。
それでも、その彼女から見ても、安藤燈炉子は恐ろしかった。
これが大勢の軍隊によるものなら、まだわかる。
セキュリティでも、タスクフォースでも、やってやれないことはないだろう。
倫理観の欠落した古賀にとって、戮殺の規模そのものは大したことではないと感じられる。
歴史を振り返れば、もっと巨大なジェノサイドは幾らでもあるのだから。
しかし、たったひとりで行われた大虐殺などというのは、古賀の知る限りでは他に1人しかいない。

「助けてえ・・・・竜堂様ぁ・・・・・・・ううっ、あうっ、死にたくないですぅうううう・・・・・・・・・」


「うふふ、安心なさい。」

そこへ現れたのは、名を呼んだ人ではなかったが、しかし近い人物だった。
直属の部下、十人衆が一番手、“闇晦まし”の南城暦。

「うふ、モルフィーナ先生、可愛い。」

南城は古賀の体を抱き寄せて、メガネを外して、口でハムッと咥えた。

「あ・・・」
「うふ、うふふ、慰めてあげる。いつもみたいに、ゆっくりと・・・・・・」



- - - - - -



乱れた衣服を整えて、紅潮した顔でメガネをかけながら、古賀は俯いていた。
その表情からは、もう恐怖は感じられない。

「うふふ、じゃあ行ってくるわ先生。強大なる竜王様から預かった、この招待状を、みんなに届けてあげたいわ。」

ぷっくらした唇で髑髏の仮面を咥えて、南城暦は去っていった。

幾つもの顔と、幾つもの名を持つ少女は、仮面を被らずとも本心が見えない。
その表情からは、何の感情も見えてこないのだ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
決闘倶楽部   目録
◆ ◆ ◆ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2015/06/06 00:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コング「弓堂ラムネ? 暗殺者に性奴隷って凄過ぎる。ニキータは暗殺者だったが奴隷ではなかった」
火剣「螺無音か」
コング「なぜこの字を選んだのか。それは犯す時にレイプマン得意の『螺旋階段!』でかき回してほしいからだ」
ゴリーレッド「延髄斬り!」
コング「だあああ!」
火剣「安藤燈炉子はやはりスゲんだ」
コング「夜も凄いらしい」
ゴリーレッド「テキトーなことを言うな。名誉毀損だ」
火剣「古賀モルフィーナも立派な人格破綻者?」
コング「人格破綻者? 火剣のことか」
火剣「うるせえ。短ライや激村のことだ」
ゴリーレッド「違う」
コング「南城暦はヤバそうな予感」
火剣「ヤバくない者はいないが」
コング「乱れた衣服という言葉に、果てしない想像の翼を広げてしまうロマンチストは、私だけではあるまい」

火剣獣三郎
2015/06/06 13:04
>火剣さん
誰も彼も、彼女もヤバい! そんな状況です。危険な女たちの中でも、やはり燈炉子は、ひときわデンジャラスでしょうか。
古賀も決して人のことは言えないのですが・・・。そして南城暦こと弓堂らむねが、動き出しています。

佐久間「現代版くノ一だな。デュエルと性技を仕込まれるわけだ。」
八武「ワクワクするしかない。・・・しかし滅びたか。」
山田「天罰覿面。実行者は竜堂眸だが。」
維澄「どうして滅ぼしたか知ってる?」
神邪「皮肉なことですが、その兵士たちを部下として取り込もうとしたらしいんですよ。」
山田「悪魔の計画が、悪魔以上の存在を呼び寄せてしまったか。まさに自ら滅びを招いたわけだな。」
維澄「古賀が恐れているのは、そういう意味でもあるか。」
山田「燈炉子の他に1人というと、ギャシュリー?」
佐久間「いや、モルフィーナはカンサー全体を把握してるわけじゃない。内向的な研究者だからな。」
山田「となると考えられるのは、やはり大本命。その国が滅んだことを、らむねから聞いていたか。」
八武「寝物語で。」
アッキー
2015/06/06 22:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
決闘倶楽部   インターローグ 牙城の暦 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる