佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS アークV感想 60話〜66話

<<   作成日時 : 2015/07/27 00:05   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「さらば、忌まわしき呪縛」(沢渡シンゴ)


(60)「カイジ」の地下編を思わせる、陰湿な収容所。
どいつもこいつもクズばかりか・・・と思っていたら、囚人のボス・徳松登場。
最初の口ぶりでは、こいつもクズか・・・と思っていたが、暴力ではなくデュエルで真っ向勝負!
負けたらカードを奪われるデュエル開始。何だ、徳松っていい奴じゃん!(割と本気で

(61)それだけに、VS徳松、後編の「実はいい奴」演出は、やや過剰に感じたという。デレるの早っ!
一方で花札シンクロは凄い面白い。チェスがあるなら花札もあるよね!

チェスと言えば、長官ロリコン疑惑が浮上。
厳密にはロリコンじゃないんだろうけどな・・・。

(62)地下エンタメデュエルは、なんというか、人間の逞しさを感じる。
どん底であっても、人間なんとかなるというね。
なんとかならないのが、私みたいな人間なんだけどね。

またしてもニューデッキな沢渡さん、何気にペンデュラムも使って賑やか。
満足セリフはファンサービス! いや、Wではなく、鬼柳さんだけど!
ちゃっかり拾ったカードで強化も期待される、我らが沢渡さん。輝いてるぜ!

遊矢のローテンションが胸痛。
せっかくエンタメデュエルの面白さを伝えたのに、本人が気が散っていたら・・・。
そんなわけで、怒涛の展開に救われた感。
しかし注目すべきは、その前に我らがネオニュー沢渡さんのフォローがあったこと。
真面目な話、ペンデュラム召喚にしても、沢渡さん(レイジングマスターさんも)のおかげで、
遊矢がペンデュラムのパイオニアとして、悪目立ちせずに済んでいる面があるというね。
柚子や権ちゃんが直接的なフォローだとすれば、沢渡さんやレイジングさんは外堀から埋める役割。

一方で、シンクロ次元の融合さんと柚子が、ちょっとイイ雰囲気に。
風呂あがりの柚子さん、たまりませんなあ。うっひょー。
これはNTRっぽくてワクワクしますねぇ・・・いや、真面目に考えると超融合フラグですが。
それはそれで、4人分の愛が互いに注がれるとか、胸が熱くなるんですがね!

(63)やったねゴヨウさん、仲間が増えるよ!
(禁止という名の陵辱から戻って来れないフラグ)

ディフェンダーはランク3強化フラグと思った私を、誰が責められようか。
《ゴヨウ・キング》は素材の数縛りありそう。チューナー以外のモンスター2体以上とか。

追い詰められる遊矢たちだけど、ここで黒咲さんの頼もしさは異常。
奪われたモンスターを取り返すのは、彼の十八番!
やはりKONMAIのOCG化には鉄の意思も鋼の強さも感じられないライズさん、アニメでは凶悪性能のライズさんじゃないですか! ちぃーっす!
どうしたんですか黒咲さん、あんた本当にキナ臭い領域では輝くね!

そして、「レベルが無いとは、レベル0ではないのか!?」の破壊力はそれ以上に異常wwwwwwwwww
これは究極タクシーさんの呪いに違いないwwww

長官より胡散臭い評議会。ビッグ5か? ビッグ5なのか!?
議長は人が良さそうな顔だけど、むつかしい顔の長官より数倍も胡散臭い。徳さんの丸め込まれている感・・・。
そこんとこクロウさんは鋭いというか、むしろこれが普通の感覚な気がする。

とにもかくにもフレンドシップカップ。アニメで杏子が使っていた《フレンドシップ》に因んでると思われる大会。
このままでは埒が明かないのは遊矢たちにとっても同じなので、いちおう悪い話ではないんだけど、しかし手のひらで踊らされているので、あんまり良い話でもない。このジレンマなぁ・・。

(64)遊矢VSジャック!
ライディングデュエルとアクションデュエルのコラボ来たーーーーー!! 考えるよね、みんな一度は考えるよね!
この夢のような妄想のような何かを、まさか公式が実現してくれるとはなァ・・・嬉しいのう、嬉しいのう。
私もライディングアクションデュエル(っぽい何か)を書く予定なので、かなり参考になりました。カードの拾い方とか。
自力で書こうとしても、あんまりイメージが固まっていなくて難航していたのですが、だいぶイメージが固まってきました。もっとやってくれ〜!

まあ、喜んでばかりもアレなのですが・・・。遊矢きゅん可哀想。
ジャック、手札3枚+Aカード1枚しか使ってないやん・・・実力の半分しか出してなくて1キル実現とか・・・ぱねぇ。
遊矢は手札を使い果たして、ライフジャストで1ターンキルされるとか・・・屈辱ってレベルじゃねーぞ!

しかもエンタメを独りよがりと言われてしまうという。ジャックの挑発に乗せられて、勝負を急いだ遊矢は、若干らしくなかった気がするけれど、その点を指摘されたということなのかな・・・? でも酷い。
ジャックからすれば、自分が追求している“エンターテイメント”を、軽々しく口にするな、という気持ちがあるんだろうし、実際その気持ちもわかるんだけど・・・わかるんだけど・・・遊矢が可哀想だよぉ! 脚本家のサド!

(65)攻撃を防ぐだけなら、ライフ3700をくれてやることもなかったというのも、それよなあ・・・。
色々と思い返して反省する遊矢きゅん。やっぱ、若干らしくなかったという自己評価。

しかし《調律の魔術師》に持っていかれた感。
相変わらずレベルとステータスの低いカードはクズカード扱いされてるようで、シリアスな場面なのは重々承知してるんだけど、腹筋つれええええwwww
名前からして有能カードの予感しかしないんだけど、明らかシンクロ召喚に関するカード。遊矢がシンクロ召喚を会得するフラグが、また立ったよクララ・・・これはレイジングマスターさんも歓喜。さあ、ペンデュラムシンクロだ!

ジャックは、やっぱり誤解されてっぽい。
せっかくプレゼントしたカードが、そんな風に受け止められてるなんて知ったら、ショックだろうなァ・・・。胸痛・・・。
でも遊星を思い出してニヤニヤするのは私だけではないはず。この世界に遊星はいないみたいだけど、ジャックの中で息づいてる感じがして胸熱。

メリッサさんは、ご苦労様です・・・。司会とか進行役って、大変だよね!
「シティはひとつ」というスローガンに欺瞞を感じるけど、彼女からすればコモンズに配慮しても得しないしなァ。

(66)予想通りの結末と言うべきか、ここでクロウが負けたら駄目だろうという。
なので結果だけは見えていたわけだけど、なかなかゴージャスな内容。
カードのラッシュで若干ついていくのが遅れたが、シンクロモンスター3体でシンクロって、それ何てアクセル!?
スカーライトが元のレッド・デーモンの上位互換になってしまっているわけですが、クロウさんも既にアクセルシンクロの領域に達しているというね。(完全ではないが)
インフレというより、パラレルワールドのガラパゴス進化(このフレーズ気に入ってる)なのか、私の知ってるクリア・マインドと違うけど劣ってもいないような、不思議な感じ。

その一方で、敗退者は強制労働って・・・それ何てカイジ!?
デュエルに負けたから仕方ないんだけどね。(深刻なデュエル脳)
とりあえず評議会が予想通りに胡散臭いのはわかった。もしかするとデマかもしれないが。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アークV感想 60話〜66話 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる