佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 決闘倶楽部   インターローグ 亡霊の恋

<<   作成日時 : 2015/08/12 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

◆ ◆ ◆



この世界には、どれほど実らぬ恋があるのだろう。
実ったところで、やがて萎れてしまう果実も腐るほどある。

大器は晩成するという言葉もあるが、若いときにしかない輝きというものが、確実に存在する。
あのとき輝けなかった自分が、どうして今になって輝けるだろうか?

自分が積んできたのは経験ではない。ただの苦痛と徒労だ。
積んだのではなく、詰んでいる。だから他人の幸福を僻み、摘もうとする。

そんなことをしても幸せになれない。だからこそ、やめられない。
やめてしまったら、何にも残らない。なァーんにも。

苦痛と妬み、不安と僻み、苛立ち、怨み、焦燥感・・・マイナスの感情は、世界に溜まって、こびりつく。
あらゆるマイナスが世界に沈殿し、愛されなかったカードへ、愛の代わりに注ぎ込まれる。

出でよ、ダークネス・ナイトメア。
出でよ、ダークネス・グルマンド。
出でよ、ダークネス・エイジ。
出でよ、ダークネス・ハットー。
出でよ、ダークネス・ファントム。

愛されないなら、みんな優しい世界で眠ってしまえ。

自分だけの真実を見ながら、穏やかに緩やかに死ぬといい。

それは現実と、大差ないことだろう?



- - - - - -



ダークネスが、恋をした。

その少女は、いつまでも若く、美しく、色褪せない。
瑞々しい清らかさと、成熟した芳醇さが、矛盾なく調和している。

でも、自分はダークネスだ。人間でもない、魔物ですらない、望まれぬ存在。
他のダークネスと同じ、忌まわしい亡霊。汚らしい、マイナスの塊。

どうして自分はダークネスなのだろう。
どうして恋などしたのだろう。
どちらか一方だけならば、こんなに苦しむこともなかった。

けれどダークネスはダークネスだ。他の存在にはなれない。
ならば恋心を消さねばならない。
でも駄目だ。

冷静になれと水を浴びせれば、塩基元素のように燃え盛る。
肯定してやれと油を注げば、文字通りに、火に油。
考えないように酸素を奪えば、それは自分が苦しいだけ。

恋心はマイナスの感情だと、誰かが言った。
人は寂しいから寄り添うのだとも、誰かに言われた。
恋も、愛も、何もかも、マイナスから出来ている。
世界は汚らしいものなんだ。

それは自分の中から聞こえてくる声だった。
汚らしい自分は、汚らしいことしか考えられない。

あの少女の一部を切り取って、自分の花嫁にしてやりたいんだ。


だーくねぇーす・・・

だーくねぇーす・・・



『その願い、私が叶えてあげようか?』



少女の側にいた“何か”が、こちらを振り向いた。



『私はメアリー。あるいはカノン。あるいはゾーク。君の味方になってあげる。みゃはははは♪』




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
決闘倶楽部   目録
◆ ◆ ◆ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2015/08/12 00:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
決闘倶楽部   インターローグ 亡霊の恋 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる