佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間不平等決闘論、You to say!   あとがき

<<   作成日時 : 2015/09/13 00:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

◆ ◆ ◆



しばらく間が空きましたが、久々の零組シリーズと、決闘教師ビフォーストーリー。
「決闘倶楽部」と「決闘航海」の連載に集中したかったので、連載を終えた今が掲載のチャンス!
(倶楽部の方はPXとして続きますが)

恵まれているがゆえに壊れた者。
恵まれているがゆえに迫害された者。
“社会的弱者”というフレーズに纏わりついた胡散臭さ。
共通したテーマを異なる切り口から掘り下げてみました―――・・・

・・・という話はさておき、ぶっちゃけキャラ萌えストーリーです。
幽堂高校を共通の背景に、翔武学園へ繋がる道のり。楽しぃーい。

時系列は、4月9日が月曜日なのが2007年なので、
2001年:秋野と緋桜がデュエル
2005年:「決闘懇談」「不平等」
2006年:天神が翔武へ入学
2007年:決闘学園シリーズ本編
2008年:「決闘倶楽部」「決闘都市」
2009年:「決闘航海」「決闘教師」
となっています・・・が、よく考えたら2012年も4月9日は月曜日だよ!(蒼白
いやまあ、このシリーズの場合、大事なのは前後関係だけだから、そこまで問題ないんだけどね!
プロジェクトシリーズなど色々クロスオーバーしている時点で、時系列の重要性は低くなる。
(これがエスパー奇憚だと、絶対やってはならないミスになる。佐久間シリーズの方だと逆にどうにでもなる)


キャラクターについては「決闘教師」と「決闘懇談」それぞれの後書きで書いています。
それを話に起こした今回ですが、緋桜先生が思ったよりも動いてくれました。
書く前は、「この人どうやって動かそう・・・?」とか思っていたのですが、杞憂でした。
むしろ緋桜先生が主人公みたいな勢いで、激動の半生も語られているという。そんなに中年男が好きか自分。

・・・というよりは、「本物の反逆は優等生の中からしか生まれない」というキャッチコピーを、上手く掘り下げた結果でしょうか。決め台詞があるとキャラは動きますね。
破天荒な物語を描く人も、それを描く為に地道な努力を重ねている。それこそが優等生というものでしょう。

来夏のキャラは、ちょっと驚いた人もいるかもしれません。語り部としては冷静そのもの。
しかし作中でも語られている通り、むしろオフィシャルは焦り・どもり女子です。語り部だから口調を変えてます。
ブラックリストだけあって、やや話もダークですが、いつものアッキーですね。

イエロー:濃海、織羽、深泥、鋏、玄美
レッド:津軽、流途、櫂麻、火月、十字
ブラック:神邪、アルド、旅人、来夏、風花
(※これ以外にもイエローとレッドはいます)

なるべく自分と異なる人間を描きたいというコンセプトがあったのですが、まずまず成功というところ・・・?
相克来夏、緋桜絞殺。私と共通する部分も多いですが、私に内在する一面だけではないです。
(これが神邪やアルドとかだと、私の一面を具現化しているキャラと言える)
面白いもの、尊敬できるものを、全て自分の“内側”に取り込むことは出来ませんが、それで構わないと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
人間不平等決闘論、You to say!   あとがき 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる