佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 決闘倶楽部   インターローグ 火妃の攻

<<   作成日時 : 2015/09/03 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

◆ ◆ ◆



「蛆虫どもがァ!! 次から次へと湧いてくんじゃねェええええ!!」

“魔女の島”へ向かう船まで、後わずか。
しかし、それを阻もうとする闇のデュエリストたちが、わんさと出てくる。
安藤燈炉子にとって不運だったのは、このとき“スピネル一派”と、ぶつかったことだった。

「焼き尽くしてやるぜぇえ、虫ケラどもがァあああああああ!!」

童実野埠頭と魔女の島を結ぶ船“ゴーリー”は、やはり闇のデュエリストの所持するところ。
彼女にとっては因縁深き、ギャシュリー・クラムの船の1つなのだ。
A級22席のモルフィーナや、20席のニルエ、それと同等の実力を持つであろう、ラムネや折春。
彼女らより、一段も二段も高いところにいる、A級七席の“狂喜”の男。
闇のデュエル組織“カンサー”においても、向かうところ敵だらけの彼は、別の派から監視されていた。

“カンサー”には、思想を異にする5つの派があり、ギャシュリーは“混沌派”の所属である。
そして、“滅亡派”の首領は、部下の青年スピネルに、ギャシュリーの監視を任せていた。

そのスピネル一派が、たった1人のデュエリストによって、壊滅させられようとしていた。
スピネルにとって不運だったのは、安藤燈炉子の目的を知らなかったことだった。
彼女が向かう先が“魔女の島”であり、自分たちのことは知らない。そのことをスピネルは知らなかった。
6年前に“カンサー”の、特に“滅亡派”に大打撃を与えたデュエリストが、自分たちを見つけて再び殲滅しようとしているのだと、何の疑いもなく思い込み、総出で応戦してしまったのだ。

(・・・っ、くそがァ、流石に“クリムゾン・ドラグーン”が関わってるだけあるぜぇ! なんつう士気の高さだ、あちしに沈められた仲間を見ても、顔色ひとつ変えずに挑んできやがる!)

しかし燈炉子は勘違いしていた。
“クリムゾン・ドラグーン”は“混沌派”の首領であり、彼女が関わっているのはデュエリストの誘拐までだ。
ここで戦っているデュエリストたちは、“滅亡派”の面々である。

そして、世界を滅ぼそうと思っている“滅亡派”は、自分たちの命を軽く考えている。
躊躇しないという意味で、士気が高いのは当然なのだ。

だが、勇敢な精鋭ほど早く死ぬ。
スピネル本人が到着した頃には、あらかたのデュエリストが闇に沈められた後だった。

「おやおや、わたしが来るまで大人しくしておけばいいものを。ま、死んで元々の命ですが。」

細身の青年スピネルは、気取った笑みを浮かべながら、デュエルディスクを展開した。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
コング「妃を火攻め? 興味津々のタイトルだ」
ゴリーレッド「火妃の攻だ」
火剣「安藤燈炉子は強い」
コング「スピルネ一家?」
ゴリーレッド「因縁深きギャシュリー・クラム」
コング「ギャシュリーなら最も難しいと思われる燈炉子のヒロピンを実現できるか」
ゴリーレッド「そういう物語ではない」
コング「そういう物語にしようよ」
ゴリーレッド「海の底でも軽口が叩けるか実験しよう」
コング「待て」
火剣「燈炉子とスピルネ。どっちが不運なんだ?」
コング「頑張れスピルネ! 負けるなスピルネ! 君には全国2・・・」
ゴリーレッド「ニーパット!」
コング「顎ッ!」
火剣「火妃とは燈炉子のことか?」
ゴリーレッド「ともかく燈炉子VSスピルネだ」
火剣「勘違いから始まる恋・・・じゃなく対決か」

火剣獣三郎
2015/09/03 11:07
コング「しまった、スピネルだ。スネークと掛けようか駄洒落を考えながら喋っていたらミスをしてしまった」
コング
2015/09/03 11:10
>火剣さん
魔女の島が大変な頃、燈炉子も厄介な相手とぶつかっていました。
出会いがしらの事故のような、互いに不運な戦いですが、より不運なのはスピネルの方かもしれません。

佐久間「もしも燈炉子が船に乗っていれば、ギャシュリーの餌食になっていたかもしれない。」
山田「あ、そうか、この頃はまだデュエリスト能力が条件つきのままだ。」
佐久間「しかし逆に、ギャシュリーを殺していたかもしれない。そうなっていたら、『決闘航海』も無かった。」
維澄「互いに情報不足なのは、燈炉子とギャシュリーも同じことなんだね。」
八武「その対決も見てみたかったが。」
山田「しかし、こんなところでギャシュリーが出てくるとはな。ゴーリーはエドワードって、そういう意味か。」
佐久間「エドワード・ゴーリーは『ギャシュリークラムのちびっ子たち』の作者。生きていたら90歳。」
神邪「『決闘航海』は、エドワード・ゴーリーの誕生日付近なんですよね。」
維澄「そういう遊び要素が・・。」
アッキー
2015/09/03 21:12
>コングさん
スピネルは宝石の一種ですね。しかしその名を持つ彼は、蛇のような執念かもしれない・・・?

山田「6年前か。」
佐久間「そちらは『決闘の箱』に詳しい。」
アッキー
2015/09/03 21:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
決闘倶楽部   インターローグ 火妃の攻 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる