佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 「サトリン」 第十五話 約束のクリスマス 30

<<   作成日時 : 2015/12/17 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

吉岡二曹は話を続けた。
「私たちは職業から、反戦平和を志している人たちとは相容れない敵同士となる。でも、それは決して憎み合うだけの関係じゃないの。真剣に命と向き合っていれば、立場が違っても、敵同士であっても、互いに通じるものがあり、尊敬し合えるわ。」
まったく頷ける意見だった。
そして同時に、なんて柔らかな物言いをするのだと思った。
(私は殺伐としている)
それも良し悪しで、悪いだけではないが、茶倉は吉岡の柔らかさに憧れを感じた。
そして、柔らかいということは、甘さや欺瞞とは違う。
「あなたも私も人殺しよ。」
この言葉が忘れられない。
「言ってる意味、あなたならわかるわよね?」
「はい。」
兵站において、後方支援の重要さは語るまでもない。
しかし、どれだけの兵士が、それを理解しているだろうか? あるいは、どれだけの市民が、それを理解している?
普通科や機甲はまだしも、衛生隊や音楽隊も等しく殺戮の手伝いをしているという認識を、持っている人は少ない。
それは感覚的には仕方ないことかもしれないが、茶倉は我慢ならない。米軍の後方支援だけなら戦争に参加してないという類の言説が、茶倉は死ぬほど嫌いだ。
「軍人として仕事をしているという時点で、等しく人殺しであるという自覚を持つべき。それが命に対して誠実に向き合うことだと思っているわ。」
彼女の言葉が、体を潤すように染み渡る。
言ってる意味がわかるというだけでなく、彼女も自分と同じ、「人と分かり合えない思い」を抱いていたのだということが、伝わってきた。
茶倉が吉岡に出会ったように、吉岡も茶倉に出会ったのだ。



つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「サトリン」 第二部目録 (2)
■■■■■ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2015/12/22 01:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
火剣「柔らかさか」
コング「柔らかさは大事だ。憎き敵に逆エビ固めを食らっても体が柔軟なら降参しなくて済む」
ゴリーレッド「逆エビ固め!」
コング「NO!」
ゴリーレッド「イデオロギーが違っても真剣勝負同士なら通じ合えるか」
コング「茶倉も吉岡二曹も人殺しなのか?」
火剣「つまり後方支援というのは戦争に参加していることになる。戦争とは大量殺戮のことだ」
ゴリーレッド「敵の目線という想像力に欠けるとこれがわからない。敵から見れば前線も後方もない」
火剣「もちろん災害時の人命救助や海賊対策は人の命を守る仕事だが」
コング「美女及び美少女が海賊船にさらわれたら、どうなるかはわかるね?」
ゴリーレッド「黙りなさい不謹慎男」
コング「そう、僕の辞書に不謹慎とデリカシーの文字はなーい!」
ゴリーレッド「最近開き直りが多いな」
火剣「本音で語り合える相手が一人でもいれば幸福なことだ。今の世の中本音で語り合える場面というのは、なかなかない」
コング「本音を言うとラリアットや延髄斬りが飛んでくる状況では本音は言えない。平和を掲げながら暴力が日常茶飯事。これも茶倉は嫌うと思う、ぐひひひ」
ゴリーレッド「・・・」
火剣「そうか、吉岡二曹にとっても、茶倉という本音で語り合える仲間との出会いだったわけか」
ゴリーレッド「人殺しという自覚が命の尊さ、重さと向き合うことか」
火剣「その自覚からは『きれいな戦争』という言葉は出ない」
ゴリーレッド「トマホークを見て『カッコイイ』という感想も出ないか」


火剣獣三郎
2015/12/17 10:43
>火剣さん
市民運動を見ていると、自衛隊が戦闘に参加するか否かを最も重視している人が多いです。部分的には、そういう人たちとも共闘できるのかもしれないですが、根本的な溝を感じます。
このあたりの感覚は、思想こそ対立していても、軍事論者たちの方が、まだ話せると感じることもあります。

八武「軍医は人助けか人殺しか、なんて議論もやったねぃ。私は“兵士修理者”だと答えた。治療した兵士は、また戦闘に戻るのだから、人助けではないよねぃ。」
佐久間「直接戦闘に重きを置く心理というのは、自分たちは戦争と関係ない無辜の民だと思いたい、ということだ。」
山田「なるほどな。究極的には、自衛隊の費用を賄っている税金、それを払っている市民まで、無関係とは言えない。責任があるかどうかは別としても。」
維澄「罪の一端があることを自覚すればこそ、平和運動や革命活動に真摯になれた側面もあった。日本の高度経済成長は、朝鮮戦争の犠牲や、公害の被害で成り立っている。」
神邪「その恩恵を受けているなら、義務がありますよね。」
維澄「被害者に謝罪するのではなく、被害者と共になって怒る方のね。」
佐久間「思えば我々もバラバラの思想だが、通じ合っているのは真剣さと柔らかさか。」
維澄「佐久間がデレた。」
佐久間「黙れ。」
八武「柔らかい肉壺は、硬い肉棒を、やらしく包み込・・・待ちたまえ山田くん、暴力で本音を封じ込める気かね?」
山田「貴様・・。」
アッキー
2015/12/17 21:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
「サトリン」 第十五話 約束のクリスマス 30 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる