佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 「サトリン」 第十五話 約束のクリスマス 17

<<   作成日時 : 2015/12/03 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

「九古さん、誕生日おめでとうございます。」
何の前触れもなく、咲村茶倉が現れたのは、9月の鈍郎の誕生日だった。
2月のときのような迷彩服ではなく、清楚な白のワンピースに、ポニーテールに結った黒髪。
(美人は何を着ても似合うなあ。)
そんな感想を抱きつつ、鈍郎は不思議に思った。
「どうしてここに?」
「あなたと結婚する為に。」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
鈍郎の頭は真っ白になった。
いきなり美人が出てきてプロポーズとか。これは冴えない自分の願望が見せている夢か何かではないのか。
「はい。」
気が付けばプロポーズを受けていた。
疑問は多いが、断る理由が無い。
すると彼女は婚姻届を出してきた。既に彼女の分は書かれてある。
自分の願望にしては事務的で色気が無いと思いながら、鈍郎は思いっきり頬をつねってみた。
痛かった。
どうやら現実のようだ。
(何だこれ。罠か?)
結婚詐欺とか美人局とか考えたが、しかし彼女がそんなことするはずがないと思った。
「ひとつ、訊いてもいいかな。どうして私と結婚しようと?」
質問したいことと言ってることに若干のズレを感じながら、鈍郎は答えを待った。
「無駄が嫌いなので。」
彼女の答えは意味がわからなかった。
いや、言葉の意味はわかるのだが、意図が掴めない。
「結婚はゴールではなくスタートです。スタート地点に行くまでに労力を費やしたくありません。」
「なるほど。合理的だ。」
咄嗟に同意してしまったが、兄のときと同じで半分だけの同意だ。
そして肝心の、結婚そのものの動機を、何も語っていない。
「じゃあ、結婚しよう。」
「はい。」
表情も声色も変えずに、彼女は言った。

以上が、九古鈍郎と咲村茶倉が結婚に至るまでの経緯であるが、これは物語の一面に過ぎない。
散りばめられた謎を補完する為には、これから茶倉の側を語らねばならないだろう。




つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「サトリン」 第二部目録 (2)
■■■■■ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2015/12/03 00:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
火剣「これは決まるな」
ゴリーレッド「決まる?」
火剣「今フリーで特に彼女がいない時に、いきなり美女からプロポーズされたら、勢いで受けてしまうかもしれねえ」
コング「もちろん美女じゃなきゃ断るな」
火剣「美女か否かではなく好きじゃなきゃそりゃあ受けねえ」
コング「迷彩服の次は清楚な白のワンピースか」
火剣「黒髪のポニーテールか。確かに美女は何着てもどんな髪型でも似合う」
コング「どんな仕草でも絵になる。美女じゃないのがポニーテールするとへたしたらただのオバハン」
ゴリーレッド「だから、美女を褒めるだけにとどめればいい、暴言は許さん」
火剣「あなたと結婚するためにで感動して、無駄が嫌いだからで戸惑う」
コング「結婚はゴールではなくてスタート。まずは初夜だ。白装束の下はスッポンポン」
ゴリーレッド「江戸時代の話か?」
火剣「茶倉側の話は楽しみだな」
コング「ぐひひひ、入浴シーンを強く希望!」
ゴリーレッド「ないない」
コング「生着替え」
火剣「寝る時はパジャマか」
コング「愚問、全裸だ」
ゴリーレッド「前のめりになるな」
コング「で、栞ん、素っ裸で車のボンネットに大の字拘束で晒し者刑は、女の子にとってどれくらい恥ずかしい仕打ちなのだろうか?」
ゴリーレッド「答えなくていい」



火剣獣三郎
2015/12/03 15:12
>火剣さん
最高の再会と共に25歳を迎えた鈍郎! 筆者も心からの祝福を送りますが、ゴールではなくスタート。
そして茶倉は果たして、何を思っていたのでしょうか? 第18回からは、謎に包まれた茶倉の過去が明かされていきます。

佐久間「しまった、私も再会したときの勢いで山田にプロポーズしていれば、今頃・・」
山田「再会したとき中学生じゃねえか!」
佐久間「何か問題でも?」
山田「無いと思うのか。」
八武「美女からプロポーズされたら、重婚も可。」
維澄「ミガロスに言うよ?」
八武「待ちたまえ。」
佐久間「初夜か。だが、この夫婦は・・」
神邪「そうでしたね。子供が嫌いだから、子供を作らない。」
八武「んーむ、私とミガロスとは事情が違うが、似ている部分もあるねぃ。」
山田「ともかく鈍郎が幸せになれて良かった。」
佐久間「これから幸せになるんだ。」
山田「そうだった。」
神邪「ワンピースもいいですが、意表を突いて迷彩服でプロポーズというのも、ありでしたかね?」
山田「ありだな。」
八武「うむ。」
維澄「そうだ佐久間、ここに迷彩服があるんだけど・・」
佐久間「くっ、明らかに罠だが、着るしかないのか? いや待て、栞がコングの質問に答えたら着るよ。」
維澄「個人差があるとしか。」
八武「そんな答えが聞きたいのではない!」
アッキー
2015/12/03 22:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
「サトリン」 第十五話 約束のクリスマス 17 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる