佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 「サトリン」 第十五話 約束のクリスマス 21

<<   作成日時 : 2015/12/08 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

中学校で数ヶ月を過ごすうちに、茶倉は人間嫌いを加速させていった。
何て幼稚で下卑た奴らだろうか。中学生にもなって、そのへんの犬猫と同じか。
ちょっかいや、からかい、陰口に、奇声、騒音。
愚にもつかない連中の群れ。
生きているのが無駄な奴ら。
そんな連中がクラスで幅を利かせていて、真面目に勉強を頑張っている生徒は、つらそうだった。
少なくとも、茶倉は、つらかった。つらいと思うことも無駄だと、自分の気持ちを抑圧して、耐え抜いた。
いじめも何度か経験した。ある教師は「見てるだけも加害者だ」とか「やめてと言うのが有効」だとか、ズレまくった妄言を吐いていた。
(死ね)(ゴミ教師)
やめてと言ったところで無駄だし、その主張をゴミ教師に向かって述べるのも無駄。望む効果など無い。
学校生活そのものが無駄。
ああ、子供時代とは何て無駄なんだろう。早く大人になりたい。
というか、早く大人になれよ、そこで騒いでいるクソガキども。
ごちゃごちゃと。
うるさい。
(ああ)(無駄だ)(無駄な感情)(無駄)
茶倉にとって、ニヒリズムは自分の心を正常に保つ為のライフラインだった。
こんなことは無駄だと思わなければ、怒りで発狂してしまいそうだった。
ゆえに筆者も、彼女の中学時代を逐一ほじくり返そうなどとは思わない。読者諸氏を不快で退屈な気分にさせてしまう以上の何かは無いし、彼女の人格を荒廃させた3年間だったということ以外を語るのは、それこそ無駄というものだろう。
「・・・・・・。」
何も考えてないのに、何かを思っていることが増えた。
「・・・・・・。」
母が捻出した費用で格安の塾に通い、高校へ入学したのは11歳の春。1990年の4月だった。



つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「サトリン」 第二部目録 (2)
■■■■■ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2015/12/22 01:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
火剣「人間嫌いか。俺様の人間不信が治ったわけじゃねえ。人に高望みしないことを覚えただけだ」
コング「ほう・・・れんそうソテー」
火剣「バッドマナーの人間に殺意が湧いていたら生活できねえ。だから殺人犯よりはマシと思うんだ」
ゴリーレッド「なかなか厳しい生き方だ」
火剣「そんなことはねえ。『何でこんな奴が野放しになってるんだ?』と嘆く3秒が無駄だ」
ゴリーレッド「矛盾・理不尽がまかり通る世の中で、茶倉も火剣も自分の心を正常に保つ生き方・考え方を身につけていくわけか」
火剣「激村のように身につけられなかった男もいる。だからマジギレしてイスで殴打しチャーンで首絞めてひきずる」
コング「暴力皇帝トリオ第三の男」
ゴリーレッド「笑いごとではない」
火剣「コングのように日常生活で一般人と接していない人間はストレスもたまらないだろう」
コング「僕は美女及び美少女しか頭にないからな。ぐひひのひ」
ゴリーレッド「11歳といえば小5」
コング「11歳でもヤバイ子はいる。あれはランドセル背負っているから小学生に見えるだけで、私服着たらわからない美少女は結構いるな」
火剣「茶倉もそういう美少女だったんだろう」
コング「だからドエス魔人のように犯す前に年齢を聞くことが正しい」
ゴリーレッド「よし黙れ」
火剣「ちょっかい、からかいは17世紀なら決闘だ」
コング「ちょはっかい?」

火剣獣三郎
2015/12/08 16:11
>火剣さん
私も小中学校時代よりはマシだと思って、心の緊急避難を計ることが多いです。自分の人生を出来るだけ無駄にしない為には、厳しい生き方やむなしですね。

佐久間「心の成長が早いと、周囲の幼稚さに苛立つことが多い。」
山田「4歳下なのに、精神年齢は逆に年上か。」
神邪「小学生のとき、乱暴な上級生に軽蔑の念を感じました。」
八武「精神的成長は、男子より女子の方が早い傾向があるが、これは女子だからではなく、茶倉個人の資質だろうねぃ。」
維澄「まあ、傾向プラス資質かな。」
佐久間「その傾向も眉唾だなぁ。数にものを言わせて、いじめを正当化する弁舌を振るうことを、成長と呼ぶなら、女子の方が早いんだろうけど。」
維澄「それも成長の一過程であるにせよ、犠牲を被る者からすれば、たまったものではない。殺意は、迫害された者の中で集積される。」
神邪「茶倉さん自身の資質は、品性の高さですね。」
山田「佐久間の小学生時代も、こんな感じだったんだろうな。」
八武「よい子はセクシーダイナマイト!」
維澄「女子の成長が早いのは、心より体だね。」
八武「小学生でも身長150センチくらいの子もいる。うひひ。」
山田「おい。」
佐久間「死根也は外見重視だからな。」
神邪「僕の基準では、10歳を過ぎたら大人です。それは、子供ということで許されるのは、どう高く見積もっても10歳が限度だろうと。」
佐久間「私は0歳でも許さん。」
山田「厳しすぎる。」
佐久間「厳しくない。激村の暴力も正しい。」
山田「・・・やはり暴力皇帝の称号は佐久間にこそ相応しい。」
アッキー
2015/12/08 23:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
「サトリン」 第十五話 約束のクリスマス 21 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる