佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS アークV感想 (87話〜88話)

<<   作成日時 : 2016/01/11 00:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

素良の可愛らしさは正義ですが、遊矢が性的で困る


遊矢VSクロウ、どう構成しても何らかの批判が出そうな難しさ。
流れとしては遊矢が勝つべきなのですが、公式アニメで5Dsの主要キャラを粗雑に扱うわけにもいかない。
そんな状況での苦肉の策として、長官が悪役を引き受けてくれましたよ。

長官 「もっと激しく!」
遊矢 「うああああっ!」

いやあ、素晴らしいなあ。
すっかり遊矢は悪堕ちして、容赦ない攻撃を繰り出す! このギャップに私は大喜び!
直前まで健全な“お祭り”(カーニバル)だっただけに、イイよね・・・この“狂乱”(カーニバル)・・・!

そんなレイプ状態の遊矢を元に戻すべく、クロウ頑張った!
何気にクロウが良いのは、遊矢を正気に戻したことだけでなく、その前の段階で異変に気付いたところ。
熱い男だけど、クールな頭脳も持っているのが素敵なんだよね。
誤解したまま決裂する流れでなくて良かった・・・。


それにしても今回、システムに異常をきたすほどの凄まじいフィール!
見た目の破壊力では黒咲VSデニスのときより劣るけれど、システム異常って相当ヤバい。
わずかな時間とはいえ、フライングデュエルが繰り広げられたのもニヤニヤした。

しかしまあ、ジャックが「くだらん」と言うのは仕方ない気はする。
されるがままの遊矢を評して、自分と比肩されるように言われるのは、あまり良い気分ではないよねぇ。
そういう意味でもジャックのキャラは「娼婦」かもしれない。トップスに売ってるのは体のみ。

コモンズのジャックに対する非難は、娼婦を蔑む思想と同じものを感じる。
勝手な偶像化は、女性に貞節を押し付けるのと同じではないだろうか。

遊矢は素人ではないが、初々しさが受けている可愛い子と喩えることが出来る。
無論エンターテイメントとして成立していれば良いのだが、それだけで熟練どころと肩を並べたわけでもない。


いよいよアカデミアが来襲してきたわけですが、来週も楽しみだなあ!
素良が顔芸しながらオベリスクフォースを蹴散らしたりしたら神と呼ぶ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
アークV感想 (87話〜88話) 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる