佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 「サトリン」 第十五話 約束のクリスマス 50

<<   作成日時 : 2016/01/07 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2

「ひとりでも生きていける」
「ひとりでは生きていけない」
きっと、この2つは矛盾なく同居するのだろうと、茶倉は思う。
ひとりでも生きていけるが、独りでなくなれば、ひとりでは生きていけなくなる。
それは弱体化であると共に、別な強さを獲得したことでもあるのだ。

「あーあ・・・センセーに奥さんいたなんて・・・。知らなかったな・・・。」
病院の入口近くに、三つ編みの少女が座っていて、意味ありげな言葉を呟いていた。
十島瑠璃子。学園を去って行方知れずになっていた彼女が、ここにいることを、偶然などと思うものか。
茶倉はショルダーバッグからライフルを取り出して、瑠璃子の眉間に突きつけた。
「・・・え?」
「妙な真似をするな。殺されたくなければな。」
我ながら焦っている。
落ち着け。
大丈夫だ。
「九古鈍郎のもとへ案内しろ。」


病院の中は静まり返っていて、人の気配も疎らだった。
油断なく案内させて、鈍郎のいるところまで来ると、そこにもうひとり。
40近くになるはずだが、ミニスカートが様になるほど若々しい女。
「る、瑠璃子・・・・!」
「七村先輩・・・・・。」
(七村? そうか、こいつが・・・)
「動くなよ、七村七美。こいつを殺されたくなかったらな。」
「なぜ・・・わたしの名前を・・・・。」
「そんなことはどうでもいい。」
茶倉は2人を10メートルほど離れるよう命じた。
言われるままに離れた2人に向かって、ようやく茶倉は笑った。
「死、ね。」

ダン ダン ダン ダン


死ね死ね死んでしまえ、私と鈍郎を引き裂こうとする奴は皆死ね皆殺す

「迎えに来たわよ、あなた。」
「どうしてここが!?」
「質問は後よ。急いで脱出するわ。」
ほんの1日ぶりの、愛しい夫の姿。
生きていた。生きていた。生きていた。
(ありがとう、吉岡さん。)
吉岡一曹の協力なしには、こうも短時間で鈍郎の行方を探し出すことは出来なかった。


- - - - - -


「うっ・・・。」
七美は呻きながら身を起こした。
第二の戦士“ガーディアン”のおかげで、彼の電子力場プロテクトで、身を守れた。
「リコ、瑠璃子、起きなさい!」
「うっ・・・痛うっ・・・・!」
揺さぶられて瑠璃子も目を醒ましたが、足が痺れて動けなかった。
(咲村茶倉か・・・。吉岡め、やってくれたわね・・・。)





つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「サトリン」 第二部目録 (2)
■■■■■ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2016/01/10 00:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コング「僕は女なしでは生きていけない」
火剣「ウォリアーが情けねえことを言うな。一人じゃないほうがいいが、独りでも生きて行こうと思えば生きていける。というか、人間は一人で生まれ、独りで死んでいくんだ」
コング「双子もか?」
火剣「うるせえ」
ゴリーレッド「十島瑠璃子と茶倉。そして七美。何でこんな展開に?」
コング「ライフルとは穏やかではない。最初は夢か妄想かと思った」
火剣「近くに真由がいなくて良かった」
ゴリーレッド「吉岡一曹の協力とは?」
コング「咲村茶倉か・・・。吉岡め、やってくれたわね。これはどういう意味だ?」
火剣「何故こんなことになってしまったんだ?」
コング「女性警察官と女性自衛官の水着写真集は絶対に売れると思う」
ゴリーレッド「何の話をしている?」
火剣「それこそセクハラの終着駅」
コング「タイトルはセクハラの終着駅」
ゴリーレッド「1000%実現しない」
火剣「茶倉から見た瑠璃子は貴重なシーンだ」
コング「茶倉は優しき戦士だ。瑠璃子の眉間にライフルを向けた。僕なら眉間ではなく股間に銃口を押し当てる」
ゴリーレッド「アトミックドロップ!」
コング「NO!」
火剣獣三郎
2016/01/07 17:56
>火剣さん
鈍郎が誘拐され、再び独りになった茶倉は、行動に出ました。結婚して独りでなくなっていても、その牙は衰えておらず。
この頃は第七話の、鈍郎が捕まっている状況です。

八武「私も女なしでは生きていけない。是非とも水着写真集を出すんだ。」
山田「もはや手のつけようがない情けなさ。」
佐久間「私も山田がいないと、つい殺戮を・・」
維澄「それが茶倉の心境か。」
八武「女の恐さ。だがそれがいい。」
神邪「吉岡さんは、何か知ってるんですか?」
佐久間「それなりに。」
八武「眉間と股間、どちらに突きつける方が効果的なのか。」
山田「何を考えてるんだ。」
佐久間「ペニスは股間だ。眉間に突きつけても噛まれるだけだろう。」
八武「真理は常に具体的ということか。」
維澄「殴るよ。」
八武「どうぞどうぞ。」
神邪「ちなみに気になっていたんですが、茶倉さんはガーディアンのプロテクトも知ってたんですか?」
佐久間「いや、このときは知らなかった。」
アッキー
2016/01/07 22:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
「サトリン」 第十五話 約束のクリスマス 50 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる