佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 「サトリン」 第十五話 約束のクリスマス 51

<<   作成日時 : 2016/01/08 00:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

住み慣れた我が家の空気が新鮮に感じる。
鈍郎は俯きながら口を開いた。
「・・・なあ・・・・。・・・どこまで知っている・・・?」
口調が少々ぞんざいになっている。
声も低く、男を感じる。
「全てよ。」
「全て?」
しれっと嘘をついてしまった。
「そうよ。あなたがサトリンというエスパーを追い回していることも、八谷さんのことも、十島瑠璃子のことも、エイミー・オクトゥバーのことも、四方髪凜のことも、七村七美のことも。そしてあなたがBLにハマッていることもね。」
「なあっ・・・!!!? ※@#д×!!!」
全てを知ってるなんて、真っ赤な嘘。鈍郎の顔ほどに、真っ赤な嘘。
「・・・い、い、い、いつから・・・・?」
「今年の1月ごろ、あなたの態度が急に優しくなったから、いろいろと調べてみたの。そしたらサトリンに・・」
「そ、そうじゃない、BLのことだ!」
震える鈍郎に茶倉は心が熱くなる。
「ああ、それは最初から。」
これも嘘だ。
「7年前の4月、あなたと初めて会ったときからよ・・・。」
そこで鈍郎が怪訝な顔をしたのは当然だろう。初めて出会ったのは、もっと前だし、再会したのも4月ではなく2月だ。結婚したのも9月である。
茶倉が鈍郎と結婚することを“決めた”のが、1996年の4月なのだが、それは鈍郎の与り知らぬことであった。
茶倉にとって、人と“出会う”ということは、ただ顔を合わせることを意味しない。鈍郎を夫と決めたのが、“夫との出会い”なのだ。
「巧妙に隠していたはず、というか・・・?」
BLの所持がバレていたことの動揺が勝ったが、語尾の戸惑いに疑問が顕れていた。鈍郎といえど、このあたりの心理を即座には理解できない。
「初対面で既に、あなたが腐兄であることはわかっていたわ。」
べらべらと嘘を並べ立てる。
気持ちが落ち着かないせいだろうか。
罪の無い嘘とはいえ、虚言癖でもあるのか。もとい、罪の無い嘘だからだろうか。
あるいは本当にわかっていて、BL本を見つけたときに意識しただけかもしれない。
(どちらでも)(いいか)
初めて見せるような笑顔を、茶倉は夫に向けた。

だが、その笑顔も間もなく凍りついた戦場へと変貌することになる。
甘ったるいメロディーが聞こえてきた。

「サトリン・サトリン・サト・サト・リン♪サトリン・サトリン・サト・リン・リン♪」




つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「サトリン」 第二部目録 (2)
■■■■■ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2016/01/10 00:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コング「♪住み慣れたーこの街でー花の香りをそーえてー、リフォームーしよーよー」
ゴリーレッド「リコールしようか?」
コング「待とう」
火剣「サトリンよりもBLか」
コング「腐兄腐女?」
ゴリーレッド「違う」
コング「婦警なら好きだが」
火剣「初めて会った時から趣味を知っていたか。真っ赤な嘘だ」
コング「BL作品が好きだから女に興味がないわけではない」
ゴリーレッド「そこは重要だ」
コング「僕もSMもリョナも好きだがエロ要素のない処刑は嫌い。ただ首をはねるとか。どうせなら股を狙うべきだ」
ゴリーレッド「貴様だけは」
火剣「胸と股とヒップを攻撃するのはエロ要素があるな」
ゴリーレッド「十島瑠璃子の名前を出しても驚かないけどBLは驚く」
コング「でも茶倉のキュートなスマイル。何の問題もなさそう」
火剣「ついに真打ち登場」
ゴリーレッド「本物のサトリンか」
コング「イヴィリンじゃないね?」
火剣「サトリンだろう」
コング「久々に聴いた元祖サトリンの登場ソング」
火剣獣三郎
2016/01/08 17:16
>火剣さん
すっかりコメディになっていたり、またシリアスになったりと、忙しい2人です。サトリンの唄は私も久々。主人公なのに久々とは、どういうことなのか・・・。

山田「え、主人公って鈍郎だよな?」
佐久間「その意見は否定しにくい。」
八武「ヒロインは茶倉、瑠璃子、七美・・・」
維澄「初対面から佐久間がBLを読んでいることは予想していた。」
佐久間「それは本当っぽいな。」
神邪「僕もBLは読みますが、女性の方が好きです。」
佐久間「それは若干の嘘が入ってるな。」
維澄「私はBLを読むけど、女の方が好きかもしれない。」
佐久間「それは嘘であってほしいな。身の危険を感じる。」
八武「美人な婦警さんを犯したい。」
佐久間「もはや願望だな。」
山田「いずれにしても、読書と人格は別物だ。関連性はあると思うけど、変に取り沙汰するのは違う。」
佐久間「夫の趣味に理解を示す。妻の鑑。」
維澄「それは同じ趣味を持っているからだけどね。」
神邪「趣味嗜好の合致は強いですよね。僕とマサキも、人妻マニアという絆で結ばれています。」
山田「お前らの絆はそこじゃない。」
八武「サトリン・サトリン・サト・リン・リン♪」
アッキー
2016/01/08 22:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
「サトリン」 第十五話 約束のクリスマス 51 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる