佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS クラメーションあるいは蔵目翔 5

<<   作成日時 : 2016/02/16 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

ふと彼は奇妙な女を見つけた。その女は周囲の連中と違い、逃げ惑うことも叫ぶこともなく、車道の真ん中に立っていた。黒い長袖のシャツに、黒いパンタロン。長い黒髪。
顔も手も皺だらけだが、スラリとした体つきと矍鑠とした姿勢は若々しく、80代とも20代とも思えた。
「敵だ!」
どうしてそう思ったかはわからない。
彼は咄嗟に空間干渉で攻撃していた。
しかし彼女は最小限の動きで攻撃をかわし、同時に衝撃が彼を襲った。
「同じだ!」
直感的に彼は、目の前の女が自分と同じ力を持っていることを理解した。
正確には彼の能力は空間干渉であり、女の能力はサイコキネシスだったが、ここでは瑣末な問題だろう。
彼は防御に精神を集中した。“敵”の存在が彼のバトルセンスを急激に開花させていた。
女は驚きと感心を足したような顔になったが、すぐに元の無表情に戻り、見えない攻撃を放った。彼女の攻撃は彼の防御をすり抜けて、体へダメージを与える。
「かっ!?」
彼は面食らったが、すぐさま攻撃に移る。
しかし、またしても最小限の動きで避けられる。
自分は防御しても攻撃を受ける。自分の攻撃は完全に見切られて、回避される。その繰り返しだ。
彼は苛々してきた。
「があ゛っ!!」
獣のような声をあげると、彼は両手に圧縮空間の刃を作って突進した。
しかし接近戦に持ち込んでも、彼の攻撃は当たらない。女は攻撃をかわしながらも、サイコキネシスでダメージを与えてくる。少しずつ、少しずつ、ダメージが蓄積する。
そのときになって彼は、女が手加減していることに気付いた。その気になれば彼女は一撃で自分を殺すことが出来る。そうしない理由はわからなかったが、無性に腹が立って、同時に恐怖が心を冷やした。

「うあああ〜! こうなったら、やけのやんぱちくまんばちだ〜っ!」

何の策も無く、彼は渾身の力で突撃した。
女は当然のように身をかわし、とどめの一撃を入れて彼を気絶させた。
「ぼっ・・・!」
アスファルトの道路に彼の体が転がり、皮膚の一部が、なますにされた。
「僅かな時間で大した上達だ。最後の無謀な突進は、いただけなかったがな・・・。」
女は彼を担いで、歩いていった。




つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「サトリン」 第二部目録 (2)
■■■■■ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2016/02/21 05:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コング「♪誰だ、誰だ、誰だー!」
火剣「80代にも20代にも見えるって想像できねえ」
コング「テーガンか」
ゴリーレッド「蔵目翔の運命の出会い? これがきっかけで年上好きになったとか」
コング「年上といってもせいぜい熟女好きまでだろう。老女好きは理解に苦しむ」
ゴリーレッド「シャラップ。コングのタイプはどうでもいい」
コング「どうでも良くない。僕は年下がいい! 高望みはしないがかごめのようなとびきりの美少女ならなおいい」
火剣「強敵と戦うことによってバトルセンスが急激に開花するか」
ゴリーレッド「将棋も強い相手と勝負しないと弱くなる」
火剣「コングも弱くなったかもよ」
コング「女の子とバトルするのが趣味。もちろん手加減してあげる。なるほど手加減されるのは悔しいのか。まあ蔵目翔は男だから。女の子の場合、悔しいという思いと、でも手加減はしてくれないと困るという微妙な乙女心が交錯し、複雑な心境が顔にもd」
ゴリーレッド「延髄斬り!」
コング「だあああ!」
ゴリーレッド「説明が長い」
火剣「女は蔵目翔をどこへ連れて行ったんだ?」
ゴリーレッド「殺さなかったところを見ると何かを感じたのか」
火剣獣三郎
2016/02/16 10:36
>火剣さん
肌には皺が刻まれていますが、スラリとした体躯は20代。蔵目をものともしない、この女の正体とは・・・?

八武「80を超えてもスラリとした体躯か。腰が曲がっていないのは良いことだ。」
維澄「フィデル・カストロ。」
八武「男ではないか。」
佐久間「名前的には、ちょい近い。」
山田「ということは、やはり?」
佐久間「テーガンで吹いた。確かに2004年の時点だと若干若返っているが。」
維澄「テーガンの若さは魔法だからね。人間では敵わない。」
佐久間「栞は人間ではなかったのか。」
神邪「どっちかというとルシールでしょうか?」
八武「場合によっては老女もストライクゾーン。月影千草、幻海、ルシールを、三大老女と呼ぶ。」
山田「呼ぶのか。」
八武「うむ。」
佐久間「蔵目のストライクゾーンは50歳以上。熟女の高目も入ってるな。」
山田「この出会いが蔵目の嗜好を決定したのか。」
佐久間「若い女に良い思い出が無いというのもある。若いイコール美人ではない、スラム街なら猶更な。」
八武「うむ、やはり年齢ではなく外見だ。結論。」
山田「まあそうなんだが。ライムも見た目は10代だしな。」
アッキー
2016/02/16 19:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
クラメーションあるいは蔵目翔 5 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる