佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 「サトリン」 第十五話 約束のクリスマス 75

<<   作成日時 : 2016/02/03 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

「まずは、集まってくれて感謝する。」
千里はレックスから離れて、パイプ椅子に座ると、深々と頭を下げた。
「無理やり連れて来られた人も多いようですけれども、それも集まったと仰るのですか?」
レックスが皮肉めいた口調で言う。
「スカーレットを使えば5秒で終わる作業だったが、心を落ち着ける時間が必要だろう。」
「そうでございましたか。・・・やはり俺の日本語、どこか変ではないでしょうか?」
「いいえ、全く。」
すかさず鈍郎は、曇りなき目で爽やかに答えた。
(執事口調萌え!)
心の中で鈍郎は、レックスに日本語を教えたらしい千里に対して、惜しみない拍手を送った。
その千里が、人差し指を天井へ向けた。
「1分後に二葉も来る。そのときに話を始めよう。」
「それは、我々の知りたいことを全て話してもらえるということですね?」
相変わらず千里の邪気は凄まじいが、鈍郎は退かない。恐くないわけではないが、この邪気は彼女の“平常”なのだと判断した。
(言葉の通じない相手ではない。邪気は邪気であって、敵意や害意ではない。)
“偶石握殺”(サークルファイア)を有する鈍郎は、それゆえに他者の敵意や害意に対して敏感だ。
だからこそ、わかる。
「それも含めた、“全て”だ。」
この言葉にも偽りは無いと。
「ところで隊長、“ε”は?」
「アリョーシャが預かっている。こんなときくらい働いてもらわないとな。」
蔵目の問いに答えた千里は、どこからか出してきたホットコーヒーに口をつけた。

そのうちに1分が経ち、扉を開けて二葉が入ってきた。
「では始めよう。」
千里の意識が中央の黒い球へ向けられると、そこから光が出てきて、立体映像を形成した。
映し出されたのは、サトリンそっくりの美少女。
しかし“イヴィル”でもない。
立体映像のはずなのに、サトリンやイヴィルよりも人間らしい、人間に近い感覚を受ける。
「おはようサトコ。24年間よく眠れた?」
「おはようございます。1の世界では、それだけの時間しか経ってないんですね。」
切なそうに笑う少女は、守ってやりたくなるような、柔らかい雰囲気を持っていた。これはイヴィルにはもちろん、サトリンにも無かったものだ。

「紹介しよう。最古の電脳戦士にして、アルカディア幻組隊長・“α−サトリン”入流聡子(いりる・さとこ)だ。」

「・・・・・・・・・・・・。」
鈍郎は、ふと腕時計を見た。零時を過ぎていた。
「君らが“サトリン”と呼んでいるのは、タイプ“β”。」
千里は言葉を続ける。
「そして、タイプ“ε”・・・通称“イヴィル・サトリン”。それが邪戦士たちの、総元締めだ。」



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「サトリン」 第二部目録 (2)
■■■■■ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2016/02/04 00:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コング「千里に敬語は変ではないか?」
ゴリーレッド「変ではない」
火剣「なるほど、執事口調萌えで真っ先に言ったのか」
コング「喋り方を変えてもらったら困るから」
火剣「曇りなき目で茶倉を見れるか?」
コング「見れない」
ゴリーレッド「なるほど、邪気と害意、敵意は違う。しかし邪気が日常とは凄い」
コング「奈落や殺生丸のような」
火剣「相変わらずコーヒーが好きなのか」
コング「僕はココア派」
ゴリーレッド「ついに明かされる秘密」
火剣「タイプαβε」
コング「3タイプのサトリンか」
ゴリーレッド「サトコ。確かに守ってやりたくなるような感じではないイヴィルとサトリン」
コング「瑠璃子は守ってあげたくなる」
ゴリーレッド「聞いてない」
火剣「入流聡子。あれ、入流?」
コング「さて、何が始まる。そして夏菜のようにスッポンポンになってくれる女子は誰かな?」
ゴリーレッド「そこまで同じ必要はない」
火剣獣三郎
2016/02/03 16:26
>火剣さん
明らかに騙されているレックスですが、すかさず鈍郎が援護します。千里にとっては心強い味方?
それはさておき、いよいよサトリンの謎が明かされていきます。第十五話は区切りですが、第十六話にて驚愕の事実が待っている!

山田「レックスは騙されているのか?」
佐久間「騙してなどいない。正しい日本語だ。」
神邪「丁寧ですが、恐れてはいない。だから鈍郎さんも、これが平常だと判断したんですね。」
維澄「ついに出てきたね、サトリンの本名。」
八武「立体映像! もちろん全裸だよね?」
佐久間「服の描写はされてないので、想像に任せる。」
山田「いや、裸だったら動揺が走るだろ。」
八武「それでも私は全裸だと信じる。信じるって、とっても大事なことだから!」
維澄「イヴィルとサトリンが同じルーツだろうとは何となくわかっていたけれど、そのルーツもサトリンか。」
佐久間「サトリンとは人の名ではない、術の名よ。」
山田「猿飛かっ!」
佐久間「もとい、戦士名。入流聡子は正確には、10のプログラムを製作した者なのだ。」
アッキー
2016/02/03 22:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
「サトリン」 第十五話 約束のクリスマス 75 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる