佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS ユイファあるいは火頭結花 8

<<   作成日時 : 2016/02/29 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

少女は孤独だった。
自分の存在が、世界にとって異分子であることを悟った。停滞した現実の中で、自分の無力さを知った。
少女は幸福だった。
自分の存在が、世界にとって異分子であることを喜んだ。空疎な世界の中で、狂気の原石を見つけた。
少女と少女は出会い、貪り、魂の救済を得る。

あれから4年ほどが経過していた。
クラメーションは街の不良たちを束ねるようになったが、ユイファは1人を好んでいた。夜の繁華街がクラメーションの居場所であるならば、ユイファの居場所は無人のビル。ここは静かで良い場所だ。屋上から身を乗り出して、ぶらぶらと脚を振りながら、ユイファは孤独を堪能する。
大勢で賑やかなのが好きなクラメーションと、1人2人で静かなのが好きなユイファとは、やはり相容れない。お互いに気安く話せる間柄で、特に嫌悪も抱かないが、根本的に人間性が違いすぎるのだ。クラメーションが死んでもユイファは特に何とも思わないし、ユイファが死んだらクラメーションは嘆き悲しむだろうが、それも長続きしない。
陽気なサンバと静謐なノクターンとでは、寄って立つ場所すら異なっている。同じ世界で息をしていても、立っている場所は決して同じにはならない。
「あは・・・・・・・・・」
ユイファは前のめりになると、そのまま落下した。
もちろんユイファが、この程度で死ぬことはない。火炎同化の応用で、ふわりと体重を落として、飛行石を持った少女のように落ちてきた。
しかし彼女はシータではなく、そこにいた少年たちもパズーとは似ても似つかない不良たちだった。
「へっ?」
「おいおいおいおい、空から女の子が落ちてきたぞ?」
「可愛い!」
「何これリード?」
その気になれば、一瞬で彼らを灰にできるユイファだが、いつものように為すがままにされていた。
首につけているリードを引っ張られながら、犬のような格好で犯され、精を注がれた。少年たちの欲望はエスカレートし、顔や服も白濁で染めた。
「はあ・・・」
しかしユイファにとっては、まったくもって物足りないプレイだった。体の疼きが止まらない。
少年たちは、出すもの出し切って満足したようで、ユイファを連れて帰ろうかと相談している。
「退屈だなあ・・・。」
ユイファは一瞬で少年たちを焼き尽くすと、物憂げに溜息を吐いた。
ぺたんと地面に座って、ごつごつしたアスファルトが冷ややかだ。
そのうち足音が近付いてきた。
運命の出会いまで、あと僅か。
この日、草薙瑞樹と火頭結花は、出会った。

「あのう・・・。わたしをいじめてみませんか・・?」


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「サトリン」 第二部目録 (2)
■■■■■ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2016/03/06 21:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
コング「少女は孤独。僕も孤独だが人間関係で悩んでいる一般市民を見ていると孤独のほうがいいと感じる」
ゴリーレッド「切磋琢磨という言葉もある」
火剣「人間関係が面倒くせえのは確かだが、異性のフレンドはいいもんだ」
コング「屋上は独りプレイには最適だ。公園は危険過ぎるが屋上なら全裸になれる。もちろん不良少年に見つかったら逃げ場がないから詰みだが」
火剣「ユイファを普通の少女としか見れなかった憐れな連中」
コング「輪姦したんだから自業自得だ」
ゴリーレッド「同じ世界で息をしていても立っている場所は決して同じにはならない。名言だ」
コング「シーター! パズー!」
火剣「飛行石」
コング「欲っしい!」
ゴリーレッド「まさかの人物登場!」
火剣「そうか、ユイファにピッタシカンカンのキャラがいたか」
コング「草薙瑞樹? 中3か?」
ゴリーレッド「なぜ女子キャラには詳しい」
コング「なるほど、ユイファは少年たちがユイファが興奮するようなSM拷問レイプをすれば焼死することはなかった」
火剣「ハードル高過ぎだろ」
コング「運命の出会い。狂気の原石。僕と3Pしよう」
火剣「金的膝蹴りされるのが関の山だ」
コング「瞬時によけるさ」



火剣獣三郎
2016/02/29 16:47
コング「おっと、大事なことを言うのを忘れていた。杏子はエロい」
火剣「唐突に何を言い出す?」
コング「真崎杏子16歳!」
火剣「エロペンギンは八武医者と同世代か?」
ゴリーレッド「神邪も余計なことを教える」
コング「何を優子りん。情報は共有するものだ。杏子の豊かなおっぱいはなかなかだ」

コング
2016/02/29 16:52
>火剣さん
ユイファにとっても瑞樹との出会いは僥倖でした。あのシーンの前に、このような焼殺の光景があったことは、瑞樹は知らない・・・。

八武「そういえばユイファ以外に誰もいなかった。それは焼き殺したからだったのか。」
神邪「骨も残さずとは、凄い火力ですね。」
山田「少年たちは、気の毒だが自業自得だな。」
八武「普通とは逆の意味でね。」
佐久間「レイプするときは相手を満足させることが大事という教訓だ。」
維澄「ユイファの場合はプレイになっている気がする。」
佐久間「下手に触ると火傷では済まない。そこはシータも同じだ。ムスカは酒瓶で殴られ、強い光で目を潰された。」
山田「そこだけ抜粋すると、けっこう酷い目に遭ってるなムスカ。自業自得だが。」
佐久間「目が・・・メガ・・・メガフレイム・・・」
山田「おい。」
維澄「陽気なサンバも悪くないけれど、心の奥底の仄暗い部分に響くのは、闇を抱えている者同士。私と佐久間のように。」
佐久間「私はお前とそういう仲になる気は無いぞ?」
維澄「そういう仲って?」
佐久間「貴様・・。」
神邪「しかし実際、ユイファさんのモデルって維澄さんなんですよね? 年齢差も同じですし。」
山田「そういえば5歳差。」
アッキー
2016/02/29 20:42
>コングさん
またひとり、ペンギン・ナイトメアの共感者が・・・!
様々な名言を残している彼は、むしろノアよりも有名になっているかもしれない?

佐久間「まあ、ノアは原作マンガに出てこないしな。」
山田「いちおう大瀧は出てるんだよな・・・。」
八武「アニメスタッフには敬意を表するっ! ビッグ2大瀧は私にとって、セクハラデュエルの師匠と言っても過言ではない。」
神邪「今明かされる驚愕の真実! でも言われてみれば納得!」
維澄「杏子の豊かな胸は、原作初期の時点で既に80の大台なんだよね。羨ましいな。」
佐久間「貴様は胸の話となると、革命を語るときと同じくらい活き活きするよな・・・。」
アッキー
2016/02/29 20:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユイファあるいは火頭結花 8 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる