佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 「サトリン」 第十五話あとがき

<<   作成日時 : 2016/02/04 00:05   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

◆ ◆ ◆



第二部の要となる第十五話だけに、これだけで第一部に匹敵する分量になりました。
ここまでお付き合い下さった読者の皆さんに感謝します。

これまで「サトリン」という話は、どちらかというと“私らしさ”を抑えた物語でした。
当初は自分の殻を破るべくして書き始めましたが、第十五話にして回帰してきた感じです。
左翼やら自衛隊やら、あるいは貧困やセクシャル・マイノリティーなど、世間的には語るのを好まれない類の話ですが、それが私のフィールドなんですね。やはり私が中二病になるのは必然だったのだ・・・。
ひと回り大きな視点から、自分の思想を見つめることが出来て、結果的に正解でした。

第十五話を書き終わったのは、異能バトルや下セカ、マテリアルゴーストを読む前でした。
読んだときの私の衝撃が、おわかりかと思います。細かい部分までシンクロしたりする魔法。
子供の頃から、周囲の同世代と話が合わないし、感性が合わない・・・そんな私が自分の感性そのままに書けば、やはり細かい部分でも通じるものがあるわけですね。
(今から設定し直すならば、電脳十戦士の能力名ルビを7文字で統一したい↓)

マルチサイバー、プロテクション、マインドカット、ダメージシフト、スティグマータ、
ボディギミック、サークルフレア、トールアクセル、タイムオールド、マインドガード




◎鈍郎編 (1〜17)

長らく裏設定だったものが、ようやく出てきました。
これだけの過去を背負っていながら、よくもあれだけコミカルな性格になったものですが、「辺境警備」のジェニアスを意識しているのは言うまでもありません。

瑠璃子からは、豹変しているように思われていますが、むしろ本来の人格に立ち戻っている感じです。
このあたり、あんまり意識したことはないですが、緋村剣心の影響を受けているのかもしれない。
年齢的にも、少年マンガの主人公としては高めであるし・・・。




◎茶倉編 (18〜35)

こちらも長らく裏設定で、しかも本編に出す予定ではない部分でした。
どうせ不足分は千里が語るし、重複しなくてもいいか・・・くらいに思っていたのですが、大西巨人「神聖喜劇」を読んで、そして「自衛隊員が泣いている」を読んだことで、これは書けると思いました。

元々の設定は、「どいつもこいつも」に拠るところが多く、吉岡人見のモデルは当然ながら、綾瀬三曹と岡二曹。
作品そのものはコミカルですが、それだけに、軍隊というものは社会と隔絶した特殊な場などではないという、それこそ大西巨人が語っていたことに通じる作品です。




◎夫婦編 (36〜53)

“夫婦モノ”における私のバイブル、「パジャマでごろん」が、茶倉と鈍郎のモデルになっています。
これまでが激動だっただけに、はるひと鉄太郎を見習って、ほのぼのイチャイチャ編を書いたはず・・・・・・おかしい・・・何か間違っている・・・私の思い描いていた夫婦生活と・・・誰の陰謀だ・・・?

・・・大体そんな感じの、これはこれでいいと思える夫婦生活。
おおっ、まさに「パジャマでごろん」ではないか(殴
どちらかというと性格的には、鈍郎がはるひ、茶倉が鉄太郎に対応していますが、読めば大体わかります。

茶倉視点が多いのは、第一部の同じシーンが鈍郎視点なので。
ちなみに「真珠夫人」の意味は、「マリア様がみてる」だとストレート過ぎるから。
あと綾瀬三曹がバイセクシャルなので、そういう意味でも「真珠夫人」の方が的確だろうという。




◎戦闘編 (54〜69)

いやあ・・・貞操観念の強い男が・・・無理やり童貞を奪われるのって・・・最高ですよね・・・(ゲス顔
この展開の為に、セックスレス夫婦にしたようなものですからね(殴
もちろん、それに説得力を持たせるべく、私の子供嫌いな部分をキャラに反映させたわけですが。

イヴィル復活と、鈍郎が童貞を奪われるところまで、最初から決まっていました。酷い作者だね(蹴
レイプで処女喪失って割とあるけど、レイプで童貞喪失って少ないなァ→じゃあ自分で書けばいいんだ!
当時の心境、こういう感じだった気がします。レイプ、NTRと、私の好きな要素10年前から変わってないな・・・。

そんな私の喜びが反映されたのか、このイヴィル、ノリノリである。
普段からノリノリな彼女ですが、いやんイヴィルさん一段とテンション高いw
いやあ・・・パピヨンのセリフって、ホントいやらしいですよね(曇りなき眼




◎エピローグ (70〜エピローグ)

同じ世界観にあることは示唆されていましたが、ようやくアルカディアとの接触です。
これまでは独自性を重視して、他との関連性は薄めに描いていましたが、ここからはリミッター解除。
様々な作品とのコラボも、遠慮なく書いていきます。

「エロイカより愛をこめて」とコラボする予定がある、という話は、だいぶ前にコメント返信で予告していたのですが、そんなの誰も覚えてないだろうなぁw
実は96年の“何か”とも関わっているのですが、第三部で過去編を書くときに再登場するかもしれません。

名前の(出て)ない人々も、ピンと来るキャラが何人かいるでしょうか。
かなり人数が多いので、部屋にいるメンバー34名を列記しておきます。


電脳戦士、及び補佐 15名

@入流聡子(α−サトリン)
A二葉蒼志
B七村七美、吉岡人見
C五留吾永須
D十島瑠璃子、黒月真由
E四方髪凜、九古舜平
F九古鈍郎、咲村茶倉
G六道櫃
H三角龍馬、江口白羽
I八谷和真


アルカディア 8名

三日月千里(No.4)
レックス・ブースター
フィー・カタストロ(No.10)
天道朋萌
三日月海月
蔵目翔(No.13)
火頭結花(No.14)
入流小松(No.15)


ゲスト(登場順) 11名

平賀=キートン・太一(MASTERキートン)
イワン・フョードロヴィチ(紅い牙)
砂姫明日香(超少女明日香)
田添一也(超少女明日香)
紫堂涼子(少女鮫)
紫堂貴広(少女鮫、他)
小早川流水(海の闇、月の影)
当麻克之(海の闇、月の影)
柵原俊(ラブ・シンクロイド)
ミュラ=リブ(ラブ・シンクロイド)
パイク=チャンパー(ラブ・シンクロイド)




それでは、千里による謎解きが繰り広げられる予定の、第十六話。お楽しみに!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「サトリン」 第二部目録 (2)
■■■■■ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2016/02/04 00:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コング「我々もイヴィルんチャットのようにリミッターを解除しよう」
ゴリーレッド「リミッターは大事だ」
火剣「世間的に語るのを好まれない類の話を書くことも作家の仕事だからな」
ゴリーレッド「誰一人置き去りにはしない。誰一人孤独にはさせない。そういう熱い気持ちは大切だと思う」
火剣「政治家がそうならいいが、厳しいものがあるからな。あとは作家などアーティストか」
コング「ギミック、ギミック」
火剣「自分の思想を見つめる作業は、思想・哲学を深める」
ゴリーレッド「感性が合わない。話が合う人が周囲にいないと人は孤独感を抱く」
コング「僕は孤独感を感じないが」
火剣「コングのようなアイアンハートな人間ばかりじゃねえ」
コング「こんな繊細な人間を捕まえて」
火剣「でもレイプはともかく10年前にすでにNTRを? 先駆者か」
コング「昔から要素はあった。NTRという言葉は知らなかったが。好きな彼女が海に溺れて、自分以外の屈強でワイルドな男が抱きかかえて助けた。彼女の命の恩人なのだから感謝しかないはずなのに、どこか複雑な心境の彼氏」
火剣「NTRは奥が深い」
コング「レイプも奥が深い」
ゴリーレッド「レイプは犯罪」
コング「真由がいたのか。真由に全裸になってもらおう」
ゴリーレッド「アイアンクロー!」
コング「NO!」
火剣「パジャマニアの夫なら妻のパジャマ姿は興奮のバロメーター」
コング「妻のパジャマ姿を見て何も感じなくなったら終わりだ」
ゴリーレッド「人生それだけではないはず」
コング「パジャマが全てだ」
ゴリーレッド「意味がわからない」
火剣獣三郎
2016/02/04 11:20
>火剣さん
そう言ってもらえると助かります。世間的に長らく煙たがられてきたので、特に子供時代は、自分が“すみっこ”の人間だという思いがありました。作家の世界は大変ですが、存分に活動できる。遣り甲斐があります。

佐久間「リミッター解除で、攻撃力2ばーい!」
山田「機械族かっ!」
維澄「当然、闇属性。」
八武「当然、誠一ィ!」
山田「誰だよ。」
八武「デュエリスト以外を置き去りにする話はさておき、孤独にさせない工夫は大事だ。賑やかな中にいても孤独を感じる人はいるし、一人でいても独りじゃないこともある。」
神邪「周囲が自分と相容れないと、孤独どころか恐怖ですね。」
佐久間「子供の頃は、周囲の大半が虫に見えた。いや、虫の方が静かでいいから、何て言えばいいんだろうな。」
山田「どうでもいい連中を無理に形容しなくてもいいさ。」
佐久間「そうだな。それよりレイプの話をしよう。」
山田「それは待て。」
神邪「彼女の命の恩人に、嫉妬だけでなはい複雑な感情。これぞソフトNTRです!」
八武「嫉妬心が強くなければ恋ではないというが、嫉妬心が強いとNTRが楽しめるという話を聞いたことがあるねぃ。」
維澄「強い倫理観も必要だとか。確かに倫理観の薄い関係性では興奮できないね。」
佐久間「おやおや、栞さんもリミッター解除。」
維澄「解除ついでに、誰かが全裸になるという話は本当?」
八武「そうか、風呂に入ればいいんだ!」
山田「どういう話の流れだ。」
八武「もとい、話の後だ。疲れた体を風呂で休めよう。アルカディアはリゾート施設も充実しているはずだ。ビバ南の島! そして夜はパジャマパーティー! パリィーーー♪」
山田「ミケランジェロかっ!」
アッキー
2016/02/04 23:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
「サトリン」 第十五話あとがき 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる