佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS アークV 遊矢VSジャック!(再戦)

<<   作成日時 : 2016/04/03 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

レイラの活躍にジャックが一瞬見せた表情が素敵


セキュリティが雑魚扱い!
5人揃ってポーズ決めて、ヒーローショーかっ!
沢渡さんをはじめ、4人は目立つの好きそうな気はしてたけど、
レイジングマスターさんまでノリノリじゃないっすかw
沢渡:レッド、権現坂:イエロー、黒咲:ブラック・・・までは浮かんだけど、エンジョイさん何色だろ。シルバー?
レイジ:ブルー、かなァ。GX的な感覚でいくと。
沢渡「誰がドロップアウトボーイだって!?」


沢渡さんは脇役なんかじゃないやい!
そう、レギュラーだよレギュラー。遊矢と遜色ない実力というのは、特にハッタリでもないし。
初見のモンスターの効果を知らないのは当たり前だし。


長官の顔芸は着々と進化を遂げつつあるようで、何かワクワクしてきたよ心配になってきた。
神聖なデュエルを妨害するとは、けしからーん!
でもジャックの前に一掃されたよ・・・何しに出てきたんだ。盛り上げる為か。それなら良し。

何気にメリッサさんのシリアスが良いなー。
いっとうブレてないのは、この人なのかもしれない。

モンスター殲滅されて大ピンチの遊矢だけど、アクション魔法か何かで凌げば、再びペンデュラム召喚できるので、そこまでピンチではないはず。
というわけで次回に続く!

予告では非チューナーがチューナー?
漫画5Dsでスターダストがチューナーだったみたいな、あるいはディスティニーシリーズとか。
(多分ペンデュラム効果だと思うけど)


↑ここまで96話


・・・とか思ってたら、え、何?
チューナーなしでシンクロ召喚!? まるで意味がわからんぞ!
出た、遊矢たんの販促コンボだ!?

ダメージ2000で2枚ドローとか、ぶっ壊れてやがる、このアクションカード。
アクション魔法を拾いまくってピンチを回避しているあたり、通常のライディングデュエルでは、やはりジャックには敵わないんだなァ。
・・・・“通常のライディングデュエル”が既に通常ではない件は置いといて。

破壊されたらエクストラデッキではなくPゾーンに置かれるとか、その発想は無かった・・・。
いや、エクストラデッキからP召喚できるって時点で、最初からエクストラデッキ枠のPモンスターって発想はあったんだけど、まだまだ頭が固いぜ私!


「借り物の言葉」というのは、正直どうかなーと思ってたけれど、ちゃんと私と同じこと考えてたジャック。
いやー、いつものジャックで安心した。(※ただしアークV仕様です。5Dsでは残念なイケメンです)

たとえ借り物の言葉だろうと、自分の一部として昇華していれば、それは自分の言葉。
これは「ヒストリエ」とか「鈴木先生」あたりでも触れられている。あと「とめはねっ!」とか。
自分の思いを、既に存在する表現で語ることは、なまじ自分だけで考えた表現よりも優れていたりする。

・・・そうか、沢渡さんがカッコイイのは、常に自分の言葉で語っているからなんだな!


力ずくではなく思いで暴動を止めるのは、それだけなら“ご都合主義”に感じたかもしれないけど、
メリッサさんが「おい、デュエル観ろよ」って言ってくれたおかげで意味が変わる。いいねえ、この展開。

長官は・・・うん、もう何も言うまいよ・・・。
セルゲイさんを失い、柚子も素良きゅんと月影に奪還されて、いや、それ自体は喜ばしいのですけどね?


残りライフ100は勝利フラグとなるか!?
これまでも、過去作のキャラに勝利する展開はあったけど、基本サブキャラだったわけで。
5Dsのメインキャラたるジャックに勝てば、かつてない快挙では・・・?

パロディやるとき重要なのは、説得力。
説得力があれば、原作キャラを負かしてもいい。

果たして遊矢は、真の意味で勝てるのか!?


↑ここまで97話


ペンデュラム召喚TUEEEEE!
何か「うえきの法則」のバロウ君を思い出したなァ。
破壊されてもエクストラデッキに戻っていき、出てくるたびにアドバンテージだもんな。ぱねぇ。
最初の頃の、ディスアドバンテージ2枚とか考えていた頃が懐かしいぜ・・・。

攻撃力10000をモンスターで削っていくのは、ドーマ編の磁石特攻をリスペクトしてるのかな。
民主主義の俗悪さは嫌いなんだけど、こういう削り展開は好きだったりする。
肩を組んでの団結も、インターナショナル歌ってた頃を思い出したなァ。
セキュリティの連中も、いい筋肉してやがるぜ・・・ごくり。

しかし「オレはもはやキングではない!」に吹いたwwww
やっぱジャックはジャックである。流石である。

評議会は潔いけど、ずるいなw
ここで引いておけば、名誉を守りながら責任逃れ出来る感じ?


イエーガーぁあああああああ!!(進撃の巨人風に)
すげー大物感だ、この人。

それに引き換え、ゴドウィン長官ポジションのロジェは・・・・・・


・・・・・・と思いきや、素良と月影2人にデュエルで勝利? え?

いや、何かの間違いですよね?
その後も柚子とレイジに会話フェイズでフルボッコされてるし・・・と思いつつも、
不穏な雲行きがワクワクしてきたぞ―――・・・


・・・―――そして、出てしまった。


アンティーク・ギアの悪魔!?
うおおおおおおカッコイイYYYYYYYYY!!!
このデザインすげー好みじゃああああ!!

ダメージ倍率がパネェというか、《歯車街》との相性も良いじゃないですか!
多分アンティーク・ギア2体融合なんだろうけど、早急にOCG化お願いしますよKONAMIさん!
究極巨人ともども消耗が激しいので、アンティーク・ギア版《オーバーロード・フュージョン》とかも出して!


いやー、まさか、ほぼ負け犬モードになっていたロジェ長官に、
ここまで持っていかれるとはねー。私の中で長官株の上昇が止まらない。
これで《光の護封剣》とか使ってくれたら、私もうテンションだだあがり。


そんなわけで本日、午後5時からの1時間スペシャル!
すっごく楽しみにしております!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
火剣「遊戯王ARC-V1時間スペシャル。永遠のデュエルほか・・・このことか?」
コング「こっちはテレビ東京で放送だが全国放送だったのか?」
ゴリーレッド「パロディに大事なのは説得力か」
コング「関西も関東も佐倉が満開」
ゴリーレッド「漢字」
コング「説得力さえあれば桜の木に吊るして全裸放置してもいいというわけか」
ゴリーレッド「全然良くない」
火剣「パロディとパクリは紙一重」
コング「真似していることがわかるようにするのがパロディ」
火剣「夢を実現してほしくない人間もいるから夢を語る相手を選ばないといけない」
ゴリーレッド「凶暴なまでに反対する。絶対に夢を実現してもらったら困るという感情は凶器になる」
火剣「とにかく反対の仕方が凄まじい。『おめーにできっこないじゃん』と辛辣で、この人間心理がわからない人は傷ついて夢を諦めてしまうかもしれない」
ゴリーレッド「ハエだ。心を破壊する」
火剣「あまり夢を語らないのも一つの方法だ。夢を実現してから話せばいい。実現する前だと凶暴なまでに潰しにかかる」
コング「僕は人の幸運を喜び応援できる寛大な男」
ゴリーレッド「ほう」
コング「たとえば瑠璃子が桜の木に佐倉巡査プレイされたら『おめでとう』と我がことのように喜ぶ。目の前にはアタッカー」
ゴリーレッド「踵落とし!」
コング「NO!」
火剣「1時間スペシャルか」
コング「エロペンギンは出るかな?」
火剣「出ないだろう」
コング「入流聡子17歳。脱げー!」
ゴリーレッド「話にならない」

火剣獣三郎
2016/04/03 15:24
>火剣さん

観てきましたよー。3分の1ほどは総集編でしたが、映画の予告なども交えながら、あっという間の1時間でした。
ちなみにエロペンギンは出ませんでした。過去作のチョイ役も結構出ているので、割と期待はしているんですが・・・。

八武「どうしてエロペンギンが出ないのかね?」
佐久間「その代わりロジェが、柊柚子14歳を手錠で拘束して迫っていたじゃないか。」
山田「それだけ聞くと別の意味で危険人物だな。やらかしたことを思えば名誉既存でもないが。」
神邪「しかし“悪役”を押し付けられたようにも見えます。」
維澄「トップスとコモンズの対立も、いつの間にかロジェの仕業みたいな雰囲気になってるね。」
佐久間「シンクロ次元の未来は暗いな。根本的な病理が放置されている。」
山田「そう悲観したものではない。デュエルの力もまた偉大だ。」

子供の頃は、夢や目標を実現して欲しくない心理がわかりませんでした。「百姓に学問はいらねえ」とか言う年寄りがいますが、自分が特別になれないなら他人にも特別になってもらいたくない、さもしい心理がはたらいているようですね。

佐久間「民主主義の俗悪さだな。ひとりひとりの力は小さくても、集めれば大きな力になるというのは、一見すると素晴らしいことに聞こえる。だが、その“素晴らしい現象”の為に、ひとりひとりの力は小さくなくては困るんだ。ひとりで何でも出来る奴がいたら、困るんだろうなァ。」
山田「なるほど。大きな目標を実現したいのではなく、“みんな”で大きな目標を実現したいわけか。」
神邪「“みんな”が笑顔になっても、僕の顔は曇りばかりです。」
八武「そこでエロスの大切さを語ろう。召喚、エロペンギン!」
維澄「いつか出れるといいね。」
八武「出でよ!」
アッキー
2016/04/03 18:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
アークV 遊矢VSジャック!(再戦) 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる