佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 「NEKTAR」 インターローグW

<<   作成日時 : 2016/05/17 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

はいはーい、ティム・タロニスだよ。
ディバウア・ネイバーに続いてパージャ・フォールスも死んじゃったねー。でも2人で随分と引っ掻き回したけど。
ディバウアにやられた24人も、パージャに唆されたって(4)から聞いたよ。パンデミック・ヒュプノシスなんて、面白い能力だね。流言蜚語を振り撒くには、もってこいだ。

さてと、ちょっと状況を辿って整理してみようかな。
3月14日に“アンティローグ”の10人がテレビ局を乗っ取って宣戦布告。それから次々メンバーを増やしてきた。
B1級が110人、B2級が296人、B3級が605人。
ここまでは急激に増えたけれども、4月に入ってからは、あまり増えていないようだよ。
神殿なるものを建設して、巫女とやらを配置してるけど、その7人の名前を(4)が教えてくれたよ。

“強欲”のグリンディーヌ
“色欲”のホーニー
“暴食”のミールディッシュ
“嫉妬”のジェラシィ
“傲慢”のホーティネ
“憤怒”のレイジーナ
“怠惰”のイナトス

このうち“傲慢”のホーティネはパージャの作戦にも協力していたねー。
ひゅううう、それにしても次々と名前が出てくるなー。覚えるだけで一苦労っていうか、そろそろ覚えられないよ。
十戒七罪って、アルカディアの六角七星に対抗しているつもりなのかな?

前にいいところで切れていた、夜果里VSペック戦だけど、フィー・カタストロが出てきたらしいね。
パージャのところに現れたのもそうだけど、ギガマイル・クレッセントの指示だってさ。
ギガマイルも開き直ったかな。彼女が持ってるカードの中で最強の1枚でしょ。
コムザインとカタストロのツートップは十戒上位陣と当てるまで温存しておくと思ったけどなあ。

そのツートップのもう1枚、コムザインとの連携もいいね。
ヴェネシン・ホーネットが大切な人を失って、死に場所を求めていて、それをハービスがリックの言から勘違いして突っかかって・・・パージャの思惑通りに砕組大破かと思いきや、“壊帝”コムザインの一喝で収まっちゃった。
ギガマイルも戦況に慣れてきたかな。本当は攻勢に回った方が強いんじゃないかと思うよ。
攻勢に回れば犠牲者が増えるから、思い切れなかったようだけど、結構使えるカードも揃えてるみたいだし。
(4)の言うことにゃ、ギガマイルは砕組以外の組も使う気だって。

アンティローグのカードは、十戒七罪の17枚が、2枚減って15枚。
下位の巫女28枚がパージャの作戦で8枚減って20枚。
プラス、B1級が103枚、B2級が276枚、B3級が605枚。合計1019枚。

ギガマイルのカードは砕組がエースカード2枚に、他173枚。
京狐夜果里、モース・リーガル、デュース・ディーバーら強力な3枚。
白組5枚、黒組3枚、火組3枚、水組3枚、風組6枚、土組5枚。合計201枚。

・・・なーんか、勝負は見えたって気がしないでもないな〜。
流石に技量や訓練度などの“質”はギガマイル側が高いと思うけど、アンティローグの方が“数”と“力”で勝る。

ええと、ギガマイル側の強力なカードは、4枚。
Aクラスのが“壊帝”コムザイン、“化生”カタストロ、“鉄狐”夜果里、“炎帝”デュース。
デュースはB級だけど、強さはAクラスなのでA級エスパーなんだとか。
Bクラスのが、ヴェネシン、ハービス、ウロイ、ラドル、ラプソディア、アトラト、キム、カーム、レンファ、モース・・・。
・・・とまあ、10枚くらいかな。もうちょっとあるかもしんないけど。
レンファはA級の出力があるけど、強さはB級。それにペックとの戦いで結構ダメージを受けてるからなー。

アンティローグ側は、A級カードが8枚、B級の強いのは7枚。
・・・はあは、上位陣の戦力は、さほど違うわけでもないのかな。それでもアンティローグが有利だけど。
だいたい下位の圧倒的な戦力差が最大の問題なわけだしさ。ギガマイルがこれをどう覆すか見ものだね。
何だか(4)は、神殿の方でも新しい動きがあるみたいなことを言ってたけど、そっちも気になるなー。

“貪婪”のディバウア・ネイバー (死亡)
“偽証”のパージャ・フォールス (死亡)
“強奪”のノーティ・バーグラー (A3級)
“姦淫”のルード・アタル     (A2級)
“殺戮”のマーダ・アタル     (A2級)
“双尊”のペック・ペア       (A2級)
“休息”のレスト・プロミネ    (A1級)
“虚栄”のベイン・ディーバー  (A1級)
“偶像”のアイド・カルトー    (A1級)
“唯一神”のクリエ・ソゥル    (A1級?)

“月神”ギガマイル・クレッセント
“壊帝”コムザイン         (A1級)
“挽念化生”フィー・カタストロ  (A2級)
“炎帝”デュース・ディーバー   (B1級)
“鉄狐”京狐夜果里        (A3級)
“叩割空”モース・リーガル    (B1級)
“大雀蜂”ヴェネシン・ホーネット (B1級)
“柔泡花”ハービス・カチュラム  (B1級)
“ナイト・ヘッド”ウロイ・ディムニス(B2級)
“がらがら蛇”ラドル・スネイク   (B2級)
“歌円妓”ラプソディア・カッセル (B2級)
“均可人”アトラト・ウグヌス    (B1級)
“射撃ヨーヨー”キム・ヨーカム  (B1級)
“スピリタス”カーム・シュミット  (B1級)
“末星”レンファ・アータスティー (A3級)
“処刑人”X・Q・ジョナル      (C1級)
“天炎”ソドム・ゴラモン      (B1級)
“地炎”ジェスレイ・ザードン    (B2級)
“模炎”サカル・モエ         (?)
“大烏”カルゼッタ・ブンレイ    (B1級)
“六十六手”ノワール        (C1級)

アルカディア側のカードに、裏切りのカードが1枚あるらしいよ。
もちろん出力も偽っている。

(4)が言ってたからには間違いないけど、いったい誰なんだろうなー。砕組の中にいないとも限らないよなあ。
ギガマイルはパージャの策略を説明しただけだし、コムザインも「味方を疑うな」とだけ言った。
2人とも、「裏切り者がいない」とは言ってないんだよね。

直接でないにしろ30年前を知るギガマイルと、直接知ってるコムザイン。
そりゃあね、グランパはアルカディアの最高幹部だったからねー。
夜果里やカタストロも当時を知る人物だから、裏切りは警戒しているはずだよ。
何せ今回の事件、アルカディア内部に裏切り者がいないと説明がつかないんだからね。




   フェイズT   終

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エスパー奇譚』長編小説 「千里」 NEKTAR 目録
□□□□□□□□□□ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2016/05/17 00:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
火剣「再び、ティム・タロニス」
ゴリーレッド「24人もやられたか」
コング「24人も犯られた?」
火剣「巫女で強欲や色欲はヤベー」
コング「傲慢のホーティネは出てきたな」
ゴリーレッド「(4)が気になる」
火剣「コムザインとカタストロは温存しておきたいところ。でも飛車角は攻め」
コング「レンファは生きていたのか。生贄にされなかったか」
火剣「残念ながらアンティローグは人質なんか取らないで即あの世行きか」
コング「美女・美少女は必ず役に立つから殺さないほうがいい」
ゴリーレッド「裏切りのカードが1枚?」
火剣「裏切り者がいないと説明がつかないのか」
コング「一旦終わり?」
ゴリーレッド「当然続くだろう」
コング「強欲のグリンディーヌと色欲のホーニーに注目すればいいんだな」
火剣「勝負が見えた? 数と力で負けるのか」
ゴリーレッド「数が多過ぎる」
コング「真田昌幸を呼ぼう。小人数で勝つ方法」
ゴリーレッド「まじめに考えろ」
コング「考えろ。考エロ」
ゴリーレッド「延髄斬り!」
コング「NO!」
火剣「レンファは無傷なのか?」


火剣獣三郎
2016/05/17 21:51
>火剣さん
まだしばらくは解説役に徹するティム・タロニス。彼の予測ではアンティローグ優勢と出ていますが、クレアは覆すことが出来るでしょうか?
セカンドフェイズは19日から始まります。

佐久間「出来なければ、シュシュが出てきて北米を灰にする。」
山田「クレアの責任は重大だ。いや、戦う者全員か。」
八武「巫女が罪深いとは、おぢさんが懲らしめてあげよう。」
山田「呑気な男が1人。」
八武「アルカディアの味方として参戦するという覚悟だ。」
神邪「女子と戯れたいだけですよね?」
八武「ハッハッハ、結果が同じなら心の中は重要ではないのだよ。」
維澄「しかし本当に裏切り者がいるの? パージャの嘘にティムも感染している可能性は・・」
佐久間「それはない。あくまで催眠能力だから、耐性を持っていれば凌げる。」
神邪「裏切りそうにない人ばかりですが・・・。」
佐久間「それはノットーも同じだった。」
山田「裏切り者がいなくても、千人のB級が厄介だ。どうすればいい?」
佐久間「最終的にはシュシュ1人いれば勝てるが、守るべき市民ごと殺してしまうのは、アルカディアにとっては敗北だ。」
維澄「全力を尽くしても勝てない戦いよりも、ある意味つらいかもしれないね。」
佐久間「犠牲を出していい戦いほど楽なものはない。守らなくていい戦いは、気楽なものさ。私が言うのだから間違いない。」
八武「ともあれ巫女に注目。」
佐久間「次回で出揃うぜ。」
アッキー
2016/05/17 23:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
「NEKTAR」 インターローグW 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる