佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS ネガティブ・デュエル! (中編)

<<   作成日時 : 2016/07/23 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

◆ ◆ ◆



<ブック・オブ・ザ・ワールドによる補足>


聖剣掌中(エアトスライト) レベル2能力(所有者:三代牧)
自分がコントロールする「女神の聖剣−エアトス」は、デュエリスト能力として扱うことが出来て、
コントローラーが装備している扱いにすることも出来る。



再生の種(リサイクル) レベル1能力(所有者:海老田幻)
自分のターンに1度、ゲームから除外されている自分のカード1枚をデッキに戻すことが出来る。




◆ ◆ ◆



三代牧:LP5600、手札5
場:
場:

海老田幻:LP8000、手札5
場:レッドアイズ・ネガティブ・ドラゴン(攻2400)
場:



レッドアイズ・ネガティブ・ドラゴン レベル7 闇属性・ドラゴン族
攻撃力2400 守備力2000
通常召喚できない。デッキから「ネガティブ」カードを
レベル分だけ墓地に送った場合のみ特殊召喚できる。
召喚ターンは攻撃できない。
このカードを特殊召喚したとき、相手に2400ダメージを与える。



「―――っ!? 何よ、それ・・・」

確かにおかしい。以前に見たとき、海老田のデッキは【トゥーン】で、《トゥーン・キングダム》の除外コストをデュエリスト能力で回収するというスタイルだったはずだ。

「ぼくは強くなった。誰にも馬鹿にされない、強い力、チカラ、チカラ! カードを1枚伏せてターンエンド!」

おかしいのはデッキだけじゃねえ。
マキから聞いただけでは気付けなかった。海老田の様子は明らかに変だ。

「・・・っ、あたしのターン、ドロー!」

落ち着け、マキ・・・。

「墓地にモンスターが存在しないことで、あたしは《ガーディアン・エアトス》を特殊召喚する!」


ガーディアン・エアトス レベル8 風属性・天使族
攻撃力2500 守備力2000
(1):自分の墓地にモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードに装備された自分フィールドの装備魔法カード1枚を墓地へ送り、
相手の墓地のモンスターを3体まで対象として発動できる。そのモンスターを除外する。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果で除外したモンスターの数×500アップする。



「更に、《女神の聖剣−エアトス》を装備して、攻撃力500アップ!」


女神の聖剣−エアトス (装備魔法)
(1):装備モンスターの攻撃力は500アップする。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた時、自分フィールドの
「ガーディアン・エアトス」1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は、除外されているモンスターの数×500アップする。



「そして、《王室前のガーディアン》を召喚!」


王室前のガーディアン レベル4 光属性・機械族
攻撃力1650 守備力1600
王室をガードする衛兵ロボ。当たるまで追い続けるミサイルを撃つ。



三代牧(攻500):LP5600、手札3
場:ガーディアン・エアトス(攻3000)、王室前のガーディアン(攻1650)
場:女神の聖剣−エアトス(装備魔法)(※D能力で、自分も装備している)

海老田幻:LP8000、手札4
場:レッドアイズ・ネガティブ・ドラゴン(攻2400)
場:伏せ×1



「エアトスでレッドアイズを攻撃よ!」


《レッドアイズ・ネガティブ・ドラゴン》 (破壊)
海老田幻:LP8000→7400



伏せカードにビビらず、マキは攻撃を通した。
あれはブラフなのか? 今の海老田は読めねえな。

「《王室前のガーディアン》で直接攻撃!」

海老田幻:LP7400→5750


「そして最後に、あたしの攻撃!」

海老田幻:LP5750→5250


エアトスから受け取った剣で、マキは海老田に斬撃を放った。
しかし海老田は平然としている。それが不気味に思えて仕方ねえ・・・。

「・・・た、ターンエンドよ。」


三代牧(攻500):LP5600、手札3
場:ガーディアン・エアトス(攻3000)、王室前のガーディアン(攻1650)
場:女神の聖剣−エアトス(装備魔法)(※D能力で、自分も装備している)

海老田幻:LP5250、手札4
場:
場:伏せ×1



「ぼくのターン、ドロー! デッキからカード7枚を墓地に送って、《ネガティブ・マジシャン》を特殊召喚!」

《ブラック・マジシャン》みてえなモンスターが現れやがった。


ネガティブ・マジシャン レベル7 闇属性・魔法使い族
攻撃力2500 守備力2100
通常召喚できない。デッキから「ネガティブ」カードを
レベル分だけ墓地に送った場合のみ特殊召喚できる。
召喚ターンは攻撃できない。
このカードを特殊召喚したとき、相手フィールドの魔法・罠を全て破壊する。



「・・・っ、だけどデュエリスト能力でコーティングされた聖剣は、カード効果を受け付けないわ!」

そう、これがマキのデュエリスト能力。
デメリットになりやすい装備カードだが、プレイヤーが装備すること、デュエリスト能力化することで、補ってる。

だが、俺の勘だと海老田は、それを確かめる為に《ネガティブ・マジシャン》を出したように見えるぜ。
不敵に笑ってる・・・いや、笑ってはいねえが、不敵な態度だ。気を抜くなよ、マキ。


「更に、デッキから8枚のカードを墓地に送って、《ブルーアイズ・ネガティブ・ドラゴン》を特殊召喚!」


今度はブルーアイズ!
出てくるなり滅びの威光がマキのフィールドを焼き払った。

「きゃああああっ!!?」


三代牧:LP5600、手札3
場:
場:

海老田幻:LP5250、手札3
場:ネガティブ・マジシャン(攻2500)、ブルーアイズ・ネガティブ・ドラゴン(攻3000)
場:伏せ×1



ブルーアイズ・ネガティブ・ドラゴン レベル8 闇属性・ドラゴン族
攻撃力3000 守備力2500
通常召喚できない。デッキから「ネガティブ」カードを
レベル分だけ墓地に送った場合のみ特殊召喚できる。
召喚ターンは攻撃できない。
このカードを特殊召喚したとき、相手フィールドのモンスターを全て破壊する。



なんてモンスターだよ・・・。
実質ノーコストでポンポン召喚できて、しかも強力な効果を備えてやがるときたもんだ。
救いは召喚ターンに攻撃できねえことだが、そんなこと問題にならねえほどデタラメだぜ。


「手札から速攻魔法《時の飛躍》発動!」


こういうカードもあることだしな。


「きゃああああああっ!!!」

三代牧:LP5600→3100→100


さっきも今も、思わずマキの名を呼びそうになったが、デュエル中のデュエリストは孤独なもんだ。
そうでなくとも、ここで俺がマキを応援したら、海老田が心を閉ざしちまう。

マキもわかってるようで、小さく強がりの笑みを浮かべた。


「あたしは手札から《冥府の使者ゴーズ》を特殊召喚! 攻撃力3000のカイエントークンも特殊召喚よ!」

「・・・ターンエンド。」


三代牧:LP100、手札2
場:冥府の使者ゴーズ(攻2700)、冥府の使者カイエントークン(攻3000)
場:

海老田幻:LP5250、手札2
場:ネガティブ・マジシャン(攻2500)、ブルーアイズ・ネガティブ・ドラゴン(攻3000)
場:伏せ×1



「あたしのターン、ドロー! 《闇の誘惑》で2枚ドローし、手札の《メタル・ガーディアン》を除外・・・もう1枚、《闇の誘惑》で2枚ドローし、《サイバー・ウロボロス》を除外! 手札を1枚捨てて、1枚ドロー!」


闇の誘惑 (魔法カード)
自分はデッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。
手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。


サイバー・ウロボロス レベル2 闇属性・機械族
攻撃力100 守備力600
このカードがゲームから除外された時、
手札のカード1枚を墓地に送る事で、デッキからカードを1枚ドローする。



《闇の誘惑》を活かす為に、マキのデッキは闇属性が多めに採用されている。
これでデッキは回転し、手札も整ったはずだ。


「あたしは《死者蘇生》でエアトスを蘇らせる! 2枚目の聖剣も装備・・・ただし、《ネガティブ・マジシャン》にね!」

「・・・?」


なるほど、そういう狙いか。
だが、海老田のフィールドには伏せカードがある。あれはブラフなのか、温存なのか。


三代牧:LP100、手札1
場:ガーディアン・エアトス(攻2500)、冥府の使者ゴーズ(攻2700)、冥府の使者カイエントークン(攻3000)
場:女神の聖剣−エアトス(装備魔法)

海老田幻:LP5250、手札2
場:ネガティブ・マジシャン(攻3000)、ブルーアイズ・ネガティブ・ドラゴン(攻3000)
場:伏せ×1



「行くわよ! カイエンで《ネガティブ・マジシャン》を攻撃!」

「・・・! それが狙いか・・・」

どうやら海老田も、マキの狙いに気付いたようだな。
そう、聖剣にはエアトスをパワーアップさせる効果がある。


女神の聖剣−エアトス (装備魔法)
(1):装備モンスターの攻撃力は500アップする。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた時、自分フィールドの
「ガーディアン・エアトス」1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は、除外されているモンスターの数×500アップする。



《冥府の使者カイエントークン》 (破壊)
《ネガティブ・マジシャン》 (破壊)
《ガーディアン・エアトス》 (攻2500→3500)



「エアトスでブルーアイズを攻撃!」

「・・・っ」

《ブルーアイズ・ネガティブ・ドラゴン》 (破壊)
海老田幻:LP5250→4750



「ゴーズでダイレクトアタック!」



「させるか! 速攻魔法《デーモンとの駆け引き》!」



デーモンとの駆け引き (速攻魔法)
レベル8以上の自分フィールド上のモンスターが
墓地へ送られたターンに発動する事ができる。
自分の手札またはデッキから
「バーサーク・デッド・ドラゴン」1体を特殊召喚する。



三代牧:LP100、手札1
場:ガーディアン・エアトス(攻3500)、冥府の使者ゴーズ(攻2700)
場:

海老田幻:LP4750、手札2
場:バーサーク・デッド・ドラゴン(攻3500)
場:



バーサーク・デッド・ドラゴン レベル8 闇属性・アンデット族
攻撃力3500 守備力0
「デーモンとの駆け引き」の効果でのみ特殊召喚が可能。
相手フィールド上の全てのモンスターに1回ずつ攻撃が可能。
自分のターンのエンドフェイズ毎に
このカードの攻撃力は500ポイントダウンする。



ブラフじゃなかった・・・!
いや、最初はブラフだったが、ブルーアイズを出したことでブラフじゃなくなった。
大型モンスターをポンポン出せる【ネガティブ】なら、差し込めるカードってわけかい。


「あ、あたしはカードを1枚伏せてターンエンドよ!」

「ぼくのターン! 《バーサーク・デッド・ドラゴン》で《冥府の使者ゴーズ》を攻撃!」

《冥府の使者ゴーズ》 (破壊)


「罠カード《ガード・ブロック》!」


ガード・ブロック (罠カード)
相手ターンの戦闘ダメージ計算時に発動する事ができる。
その戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは0になり、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。



何を引いた?

もし、アレを引けていれば―――


「《バーサーク・デッド・ドラゴン》は相手の全てのモンスターに攻撃できる! エアトスと相撃ちになれ!」


《ガーディアン・エアトス》 (破壊)
《バーサーク・デッド・ドラゴン》 (破壊)



凄い衝撃だ・・・!

ソリッドビジョンとわかっていても、迫力だぜ。





三代牧:LP100、手札0
場:ガーディアン・デスサイス(攻17000)
場:

海老田幻:LP4750、手札3
場:
場:



「―――っ!!」


ガーディアン・デスサイス レベル8 闇属性・悪魔族
攻撃力2500 守備力2000
このカードは通常召喚できず、このカードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):「ガーディアン・エアトス」が戦闘・効果で破壊され
自分の墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「死神の大鎌−デスサイス」1枚をこのカードに装備する。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は召喚・特殊召喚できない。
(4):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。
手札を1枚墓地へ送り、このカードを墓地から特殊召喚する。


死神の大鎌−デスサイス (装備魔法)
「ガーディアン・デスサイス」にのみ装備可能。
装備モンスターの攻撃力は、
お互いの墓地のモンスターの数×500アップする。



そう、【ネガティブ】は性質上どうしても、墓地に大量のカードを送ることになる。
魔法や罠カードもあるんだろうが、殆どがモンスターカード。死神の大鎌にとっては格好の相手というわけだ!



「それが三代さんのエース? だったら、ぼくも切札を出すよ! デッキから10枚のカードを墓地に送る!



なに?



ネガティブ・オシリス レベル10 闇属性・幻神獣族
攻撃力X000 守備力X000
通常召喚できない。デッキから「ネガティブ」カードを
レベル分だけ墓地に送った場合のみ特殊召喚できる。
召喚ターンは攻撃できない。
このカードの攻撃力は、自分のデッキ枚数×1000ポイントになる。
???




は?・・・え?


《ネガティブ・オシリス》 (攻0→20000)
《ガーディアン・デスサイス》 (攻17000→22000)




「ぼくは《リソース・リバース》を発動。」


リソース・リバース (魔法カード)
自分の墓地のカードを上から20枚まで持ち主のデッキに戻す。



《ネガティブ・オシリス》 (攻20000→40000)
《ガーディアン・デスサイス》 (攻22000→12000)




「もう1枚の《リソース・リバース》。」


《ネガティブ・オシリス》 (攻40000→58000)
《ガーディアン・デスサイス》 (攻12000→4000)



こいつは・・・



三代牧:LP100、手札0
場:ガーディアン・デスサイス(攻4000)
場:死神の大鎌−デスサイス(装備魔法)

海老田幻:LP4750、手札0
場:ネガティブ・オシリス(攻58000)
場:




絶望が押し寄せてくる。


エアトスやデスサイスで高攻撃力を繰り出せるマキは、より高い攻撃力への対抗策を殆ど持っていねえ。
唯一の効果除去手段は、闇属性で除外効果を持つ《邪帝ガイウス》のみ。
だが、デスサイスの効果は、それも許さない。


ガーディアン・デスサイス レベル8 闇属性・悪魔族
攻撃力2500 守備力2000
このカードは通常召喚できず、このカードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):「ガーディアン・エアトス」が戦闘・効果で破壊され
自分の墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「死神の大鎌−デスサイス」1枚をこのカードに装備する。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は召喚・特殊召喚できない。
(4):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。
手札を1枚墓地へ送り、このカードを墓地から特殊召喚する。



もちろんだが、火力もガイウスのオマケだけ。
あったとしても、4750のライフ相手にどうなるってわけでもねえが・・・。


「「・・・・・・・・・・・・」」


だが、こんな状況なのに、何故だろうな。

2人とも、楽しそうだ。


やっぱデュエリストなんだって、俺たちは。





   つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
決闘学園・壊   目録
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2016/08/18 03:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
火剣「誰にもバカにされない強い力が欲しい。この気持ちはわかる。特に心が傷ついた孤独な少年ほどこの思いは強固になる」
コング「芳根京子?」
火剣「優しさを失ってもいいから強くなりたいとまで思うほど、強さを追い求めるものだ」
コング「マキを機械姦」
ゴリーレッド「機械族だ」
コング「ブラック・マジシャン? どこかで聞いたことがあるぞ。三代牧18歳。脱げ!」
火剣「マサキがマキを応援するのは当然だが、立会人だし、海老田が心を閉ざす」
コング「僕は海老田を応援している。マキのような活発で男勝りの女子が『きゃああああっ!!?』と女の子らしい悲鳴を上げるのは、普通の女子よりも興奮は2乗」
火剣「絶望が押し寄せてくる?」
コング「その時のヒロインの表情こそSの大好物」
ゴリーレッド「それでも二人とも楽しそうか」
コング「デュエルはSEXだ」
ゴリーレッド「言い切るな」
火剣「男女対決だとそういう高揚はあるものなのか?」
コング「中毒性といえば桃太郎だ。♪きっびだーん、きびきびだーん、おっにたーいじ、おにおにたーいじ」
ゴリーレッド「流行好きなミーハーコング」
コング「魂の16連射!」
火剣「海老田とマキの結末はいかに」
コング「頑張れ海老田。とことんマキを追い込み、キャーキャー悲鳴を上げさせ、心も体も奪うのだ! 自分を負かした男に弱い男勝り女子の特徴。海老田は彼女をつくり、マキも好きな人と結ばれ、めでたし、めでたし」
ゴリーレッド「そう上手くいくか」
火剣「マサキは失恋?」
コング「マサキには霙がいる」
ゴリーレッド「片思いだ」


火剣獣三郎
2016/07/23 11:01
>火剣さん
力を手に入れた代償に、失ったものは優しさか、かなり暴走しかかっている海老田。
デュエルで彼の心を開くことは出来るでしょうか?

八武「むしろマキの体が開かれるかどうかを問題にしよう。」
維澄「真顔で言っても変態性は隠せないよ。」
佐久間「その前に服を脱がなくては。」
八武「もとい、脱がせなくては・・・そうだ、闇のデュエルはダメージを現実化できるではないか。なぜ服を吹き飛ばさない?」
神邪「健全だからですね。」
山田「マサキは中立に徹しているのか。大した精神力だ。」
佐久間「デュエリストだからな。」
八武「私はエロリスト。SEXすなわちデュエル。そういうことだ。」
維澄「対局は、それに近い昂揚があるかもしれない。」
佐久間「確かにな。」
山田「しかしなるほど、海老田が勝ってもハッピーエンドになる可能性もあるか。」
佐久間「そんな甘い展開は許さねえよ。」
山田「貴様。」
佐久間「とアッキーが言ってた。」
山田「ちょっとアッキーの首を捻ってこよう。」
神邪「落ち着いてください。これ自体がマサキの回想ですから。」
山田「そうだった。」
佐久間「山田は相変わらず物騒だな。」
山田「すれ違う2人を応援したいだけだ。」
神邪「ちょっとミゾレさんを捻ってきますね。」
山田「待て。」
神邪「冗談です。」
維澄「神邪がマサキをどう思ってるかも謎ましいよ。」
神邪「親友に決まってるじゃないですか。」
アッキー
2016/07/23 14:54
すげえ、どんどんネガティブモンスターが出て来る…。しかし、乱発し過ぎてそろそろデッキ切れが心配されるレベルだと思っていたらリソース・リバース。このカード、墓地アドバンテージを失うのにも関わらず強力なカードですよね。効果が20枚に及ぶという豪快さ。
最初はプレイヤーに女神の聖剣−エアトスを装備してどうするんだ?と思っていましたが、プレイヤーによるダイレクトアタック!その手があったか!デュエルではプレイヤーもまた攻撃力0の攻撃表示モンスターとみなすことが出来る訳ですね。私はまた常識に囚われてしまっていた。
ついにお互いの切り札登場。しかし、ネガティブ・オシリスが圧倒的に有利。リソース・リバースのために。
デスサイズの効果的に、ブルーアイズ・ネガティブ・ドラゴンが出て来ても復活出来るから不利になるだけ…と思ったらデスサイズの復活効果は手札を要求するじゃないですか!やべえ。
ネガティブ・ドラゴン召喚→デスサイズ破壊→マキさん最後のドローに運命を託す。取り敢えず、ここまでは予想出来ました。
激しいデュエルの果てに二人は分かり合えるのか。いや、少なくともこのデュエルをしている瞬間は色々なしがらみから解放され分かり合えているのかもしれません。デュエリスト同士として。だからこそこぼれる笑み。熱いぜ。
千花白龍
2016/07/26 08:22
>千花白龍さん
ネガティブというよりアクティブ? 1ターンに1体しか出せない誓約も無く、ガンガン出てきます。
《リソース・リバース》は、20枚“まで”というのが強力ですよね。20枚丁度でなくてもよくて、好きなカードをデッキに戻せるのが汎用性高し!
プレイヤー装備は、例によってDDD(御伽の方)のパズーが元ネタですが、DMドーマ編の城之内VSヴァロンも意識していたりします。あと「霊使い喫茶のバイト」とか。ある意味アクションデュエルの先駆けと言えなくもない?
何だかんだでマキも恐いビジュアルのモンスターを使いますが、凶悪さは圧倒的なネガティブ・オシリス。デスサイスは強力であっても融通が利かないので、追い詰められています。召喚・特殊召喚が出来ないのも地味につらい。
果たしてマキは、アクティブもといネガティブを倒して、彼の心を開くことが出来るのでしょうか? あるいは、もう開いているのかもしれないですね。やはりデュエルのある世界は素敵です。
アッキー
2016/07/26 22:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネガティブ・デュエル! (中編) 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる