佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 「決闘祭!」 第1章お知らせ

<<   作成日時 : 2016/10/15 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0





お待たせいたしました!

ずるずると連載タイミングを逃してしまうのも避けたいので、
明日から第1章を連載することにします。

天神さんがイケメンとデュエルしたり、波佐間くんがリベンジマッチに臨んだりします。

言うまでもないですが、豆戦士さんの決闘学園シリーズを読破している必要があります。
かなり今更なのですが、まだ読んでない人がいるという不届者の情報が入ったので、
あらためて念を押しておきます。とにかく面白いから読めと。

こちらも今更ですが、当然ながら、アッキー作品のキャラや設定も登場します。
今までのデュエル小説、特に本編3つ「決闘都市」「決闘迷宮」「決闘航海」と、
「決闘の箱」「決闘倶楽部」「決闘倶楽部PX」あたりを踏まえておいてください。
第1章では、まだそんなに関わってこないことも多いですが・・・。
・・・お、面白いから、読んでね(震え声

あと出来れば、「ポケットモンスターSPECIAL」の
ジムリーダーによるエキシビションと、
「とある科学の超電磁砲」の大覇星祭編あたりを読んでおくと、
ネタ元がわかってニヤニヤできると思います。


年末は忙しくなりそうですが、
11月か12月あたりに、第2章を連載できればと思います。




小説とは関係ない話題ですが、名人戦、やはり井山さんが勝ちましたね。
1日目終了の時点で、これは井山さんの勝ちだろうと思っていましたが、
そのまま緩むことなく厳しい手で臨み、寄せ勝負で勝利。流石だ・・・。

右辺の白を封鎖した時点では、高尾さんの方が良さそうに見えましたが、
やはり黒43が緩着だったのかなァ。(検討陣が言ってましたが)

打ち込みに対して白石に付けたあたり、下辺すべてを攻める動きになっているのですが、
白56のコスミが、左辺の黒を分断しつつ、黒43を若干ぼかしてる形になっているという。
当てから、最悪でも後手生きは見込めるし、その分だけ他へ回れるという俊敏さ。ぱねぇ。

解説では、黒71のノゾキには普通に受けていても、黒は困ったと言われてますが、
やっぱり右辺の白を封鎖されたままにしたくなかったんだろうなァ。
どのみち劫になれば転化利かずで、右辺の白を殺されても左上一帯をゴッソリ取れば十分だし、
そうなれば左下の黒石も怪しくなってくるし、えげつねえ戦いですよ。

ノゾキを受けると僅かに黒が得してると解説されて、なるほどと思ったところ。
井山さん、可愛い顔してドSだからね。受けずに穴に突っ込んでいくんだよね。うん、我ながら最低。

薄くなった個所へ打ち込んだ後、余裕のケイマ、這いに対しても当てで受けて、
白84と黒85を交換した後、またしても余裕のコスミですよ。なんて冷静な手だ!

この後、中央の攻防とかもあるわけですが、
そのあたりは棋譜をパラパラと見ただけなので、感想は割愛。


なんにせよ、プロの囲碁とか観ていると、
小説を書く感覚も維持できるという、結局関係あるのかよ!って話です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「決闘祭!」 第1章お知らせ 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる