佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 決闘祭!   Act 16 鼓動

<<   作成日時 : 2016/11/20 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

◆ ◆ ◆



「きゃぴいっ! あたしなんかが先攻もらっちゃっていいのかしらん♪ ドローカード!」

ノーラ・トロメアは仮面を外し、蕩けた顔でデッキからカードを引いた。



波佐間京介:LP8000
ノーラ・トロメア:LP8000




「早速速攻で《煉獄の契約》なんかを発動! 手札5枚なんかを全て捨てるわ!」


煉獄の契約 (魔法カード)
自分の手札が3枚以上あるとき発動できる。
自分の手札を全て捨てて、その中から「インフェルニティ」1体を特殊召喚する。



「《インフェルニティ・デーモン》なんかを特殊召喚! その効果で《インフェルニティ・ミラージュ》なんかを手札に加え、召喚! その効果で《インフェルニティ・ジェネラル》なんかを2体、特殊召喚! ターンエンド!」


インフェルニティ・デーモン レベル4 闇属性・悪魔族
攻撃力1800 守備力1200
自分の手札が0枚の場合にこのカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
また、このカードが特殊召喚に成功した時、自分の手札が0枚の場合、
デッキから「インフェルニティ」と名のついたカード1枚を手札に加える事ができる。


インフェルニティ・ミラージュ レベル1 闇属性・悪魔族
攻撃力0 守備力0
このカードは墓地からの特殊召喚はできない。
自分の手札が0枚の場合、このカードをリリースし、自分の墓地の
「インフェルニティ」と名のついたモンスター2体を選択して発動できる。
選択したモンスターを特殊召喚する。




波佐間京介:LP8000、手札5
場:
場:

ノーラ・トロメア:LP8000、手札0
場:インフェルニティ・デーモン(攻1800)、インフェルニティ・ジェネラル(攻2700)、インフェルニティ・ジェネラル(攻2700)
場:




「ボクのターン・・・・・・ドロー・・・・。」

以前にもインフェルニティ使いと戦ったことがあるが、目の前の少女は、展開力で劣っている。
しかし《煉獄の契約》という初見の魔法カードが、波佐間を警戒させた。

「永続魔法、《ミイラの呼び声》を、発動します・・・・・。この効果で、1ターンに1度・・・・・手札から、アンデットを出すことが・・・・・出来ます・・・・・・。《闇より出でし絶望》、特殊召喚・・・・・。」

攻撃力2800のモンスターが、苦もなく出てきた。
展開力ならアンデットが元祖だ。

「更に、手札から・・・・・《ピラミッド・タートル》を、特殊召喚・・・・・・。《インフェルニティ・デーモン》に、攻撃・・・・。」


《ピラミッド・タートル》 (破壊)
波佐間京介:LP8000→7400



しかし《ピラミッド・タートル》は、死に際に後続を呼んでくる。
それも、更なる強力なものを。



茫漠の死者 レベル5 闇属性・アンデット族
攻撃力? 守備力0
LPが1000ポイント以下の時、手札から特殊召喚できる。
攻撃力は相手LPを100ポイント下回った数値になる。



《茫漠の死者》 (攻?→7900)



「フフ・・・・・《茫漠の死者》で、《インフェルニティ・デーモン》を・・・・攻撃・・・・・・。」


《インフェルニティ・デーモン》 (破壊)
ノーラ・トロメア:LP8000→1900



「きゃあああっ! あたしなんかの《インフェルニティ・デーモン》が・・・。」


「続いて、《闇より出でし絶望》で・・・・《インフェルニティ・ジェネラル》を・・・・攻撃・・・・・。」


《インフェルニティ・ジェネラル》 (破壊)
ノーラ・トロメア:LP1900→1800



「カードを、1枚伏せて・・・・・ターンを終了します・・・・・。」



波佐間京介:LP7400、手札2
場:闇より出でし絶望(攻2800)、茫漠の死者(攻1700)
場:ミイラの呼び声(永続魔法)、伏せ×1

ノーラ・トロメア:LP1800、手札0
場:インフェルニティ・ジェネラル(攻2700)
場:




「ああっ、強いっ! 素敵っ!」

ノーラは身を震わせて、自分の両腕で自分を抱き締めた。

「・・・あ、じゃあ、あたしなんかのターンですね。再びドロー! 《インフェルニティ・ジェネラル》なんかを生贄に、あたしなんかは《煉獄魔獣ガーゼット》なんかを召喚!」


煉獄魔獣ガーゼット レベル5 闇属性・悪魔族
攻撃力0 守備力0
自分の手札が0枚のとき、このカードの攻撃力は、生け贄召喚時に生け贄に捧げた
「インフェルニティ」1体の元々の攻撃力を3倍にした数値になる。



《煉獄魔獣ガーゼット》 (攻0→8100)



「ガーゼットなんかで絶望なんかに攻撃するわ!」


闇より出でし絶望 (破壊)
波佐間京介:LP7400→2100



「ターンエンド!」

意気揚々とノーラはエンド宣言する。
しかしフィールドには攻撃力が高いだけで耐性も何も無いモンスターが1体。残りライフは1800。
相手は波佐間京介。とても浮かれてられるような状況ではない。


波佐間京介:LP2100、手札2
場:茫漠の死者(攻1700)
場:ミイラの呼び声(永続魔法)、伏せ×1

ノーラ・トロメア:LP1800、手札0
場:煉獄魔獣ガーゼット(攻8100)
場:



「ボクの、ターン・・・・ドロー・・・・。《ピラミッド・タートル》を、召喚します・・・・フフ・・・・そして手札から、《強制転移》を・・・・・発動・・・・・ガーゼットとコントロールを、入れ替えます・・・・。」


《煉獄魔獣ガーゼット》 (攻8100→0)


波佐間の手札は1枚なので、ガーゼットの攻撃力は0に戻ってしまう。
コントロール奪取に擬似的な耐性を持つのも、このモンスターの特性だ。

しかし、《ピラミッド・タートル》の攻撃力は1200、《茫漠の死者》の攻撃力は1700・・・戦闘破壊される。

「フフ・・・・攻撃・・・・・。」

そして元が波佐間のモンスターであり、墓地で発動する効果ゆえに、リクルート効果は波佐間が使用する。

「デッキから・・・・《カース・オブ・ヴァンパイア》を、特殊召喚します・・・・・。」


波佐間京介:LP2100、手札1
場:茫漠の死者(攻1200)、煉獄魔獣ガーゼット(攻0)、カース・オブ・ヴァンパイア(攻2000)
場:ミイラの呼び声(永続魔法)、伏せ×1

ノーラ・トロメア:LP1300、手札0
場:
場:



ノーラの手札とフィールドには何も無く、墓地に攻撃を防げるカードは無い。


「《カース・オブ・ヴァンパイア》の攻撃・・・・・ネイルファングブロー・・・・でしたっけ・・・・・。」

「きゃあんっ!」

ノーラ・トロメア:LP1300→0






「ライフポイントが0になったことで、墓地よりゼロ・ゲートなんかが開いちゃうわ!」





煉獄の零門 (罠カード)
自分の手札とフィールドにカードが無いときのみ、自分のライフポイントが0のときに墓地で発動する。
あらゆる場所から「煉獄龍オーガ・ドラグーン」1体を特殊召喚する。
このモンスターは破壊以外で自分フィールドを離れず、破壊されたとき自分は敗北する。
それ以外の敗北条件を無効にする。




波佐間京介:LP2100、手札1
場:茫漠の死者(攻1200)、煉獄魔獣ガーゼット(攻0)、カース・オブ・ヴァンパイア(攻2000)
場:ミイラの呼び声(永続魔法)、伏せ×1

ノーラ・トロメア:LP0、手札0
場:煉獄龍オーガ・ドラグーン(攻3000)
場:




煉獄龍オーガ・ドラグーン レベル8 闇属性・ドラゴン族・シンクロ
攻撃力3000 守備力3000 闇属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分の手札が0枚の場合、1ターンに1度、相手が魔法・罠カードを発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。




「あたしなんかのターン、ドロー!」

ノーラの手札が1枚になるが、波佐間の伏せカードは破壊効果を持つものではない。

「魔法カード《闇の誘惑》なんかを発動して、2枚ドロー・・・っと、闇属性を1枚除外っと。」

そしてノーラが引き当てたのは、闇属性のキラーカード。
彼女はアハッと笑ってフィールドにカードを叩きつける。


闇ジェネレーター (魔法カード)
闇属性モンスター1体の攻撃力を3倍にする。



《煉獄龍オーガ・ドラグーン》 (攻3000→9000)



「これで終わり・・・・・・・・・・・・じゃ、ないよね、やっぱり!」


波佐間京介:LP2100、手札1
場:茫漠の死者(攻1200)、煉獄魔獣ガーゼット(攻0)、カース・オブ・ヴァンパイア(攻2000)
場:ミイラの呼び声(永続魔法)、銀幕の鏡壁(永続罠)

ノーラ・トロメア:LP0、手札0
場:煉獄龍オーガ・ドラグーン(攻9000)
場:



「どうしよっかな。あたしなんかのモンスターが波佐間さんなんかのフィールドにいるって興奮するけど、ここは攻撃なんかするところだよねっ・・・オーガ・ドラグーンでガーゼットを攻撃!」


《煉獄龍オーガ・ドラグーン》 (攻9000→4500)
《煉獄魔獣ガーゼット》 (破壊)





波佐間京介:LP8000→3500


レベル5能力“アブソリュート8000”・・・任意のタイミングでプレイヤー1人のライフを8000に出来る。
非常にシンプルであるがゆえに、極めて汎用性の高い能力である。



波佐間京介:LP3500、手札1
場:茫漠の死者(攻7900)、カース・オブ・ヴァンパイア(攻2000)
場:ミイラの呼び声(永続魔法)、銀幕の鏡壁(永続罠)

ノーラ・トロメア:LP8000、手札0
場:煉獄龍オーガ・ドラグーン(攻4500)
場:




「あたしなんかも持ってるんだ・・・波佐間さんと同じ“アブソリュート8000”なんかをね!」

更に、異次元から不気味なドラゴンが閃光を放つ。


《カース・オブ・ヴァンパイア》 (破壊)
波佐間京介:LP8000→8000




ダークネスカノン・グランドカンサー レベル10 闇属性・ドラゴン族
攻撃力4000 守備力0
このカードはフィールドに出すことが出来ない。
ゲームから除外された状態からバトルフェイズを行うことが出来る。
このカードが攻撃を行うとき、4000ライフポイントを支払う。
このカードは1ターンのバトルフェイズに何回でも攻撃できる。



攻撃モンスターの攻撃力が半減するがゆえに、プレイヤーへダメージは通らない。


「レベル3以上の能力で、テキストが一致することは殆ど無い。まして全世界に表裏あわせて100人もいないレベル5能力が一致するなんて、もう運命なんかとしか言いようがないと思う! 思うったら思う!」

ノーラは興奮してデュエルディスクを振り回す。

しかし波佐間は、至って冷静に、締まりの無い笑みを浮かべていた。

「フフ・・・・・本当に、同じ能力・・・でしょうかね・・・・・・?」

「え、どうしたの? あたしなんかのライフが8000になってるのが何よりの証拠だよっ?」

「・・・・自分の、デュエリスト能力を・・・・偽るのは・・・・・基本ですから・・・・・・。」

東仙高校のリーダーを務めていた波佐間からすれば、言葉だけで能力を偽装するなど基礎でしかない。
エキストラを配備するなどの二段構え、ひとつがバレても、それが次の布石になる三段構え。そうした応用戦術を行ってきた彼にとって、相手の能力は疑って当然。疑わない方がおかしい。

「本当に・・・・ボクと、同じ能力なら・・・・・・どうして、ボクが能力を使うまで・・・・・あなたは、能力を・・・使わなかったのでしょうか・・・・・?」

「んもう、わかってないなぁ。好きな人と一緒に使ってこそ、ラブ・デュエルなんだよ。」

「ボクが、言いたいのは・・・・例えば・・・・・『自分のライフを相手と同じにすることが出来る』とか・・・・・そういう能力だとしても・・・・・辻褄が合う、ということです・・・・・・。」

「・・・っ!?」

ノーラの表情が驚愕と歓喜に彩られる。

「嘘・・・・・・なんで、あたしなんかの能力、わかっちゃうの? これってもう愛だとしか思えないよ。」


“心音同調”(ライフミラー) レベル3能力(所有者:ノーラ・トロメア)
任意のタイミングで、自分のライフポイントを相手と同じ数値に出来る。



「でもでも気付いているのかな? あたしなんかの墓地には《インフェルニティ・ビショップ》が存在する。」


インフェルニティ・ビショップ レベル4 闇属性・悪魔族
攻撃力1000 守備力2000
自分の手札が0枚で、墓地にこのカードがあるとき、
自分フィールドのモンスター1体は破壊されない。



「更にっ、除外ゾーンなんかには、グランドカンサーなんかが存在している。もちろんオーガ・ドラグーンは魔法・罠を無効化する能力を持っている。完璧な布陣だと思わない? 思いませんか?」

ノーラの狂気が、いっそう濃くなっていく。

「お互いデッキ切れ対策として《リソース・リバース》なんかは入れてますか? あたしなんかは入れてますよ。あはっ、そしたら、永遠に楽しめるね。抜け出せないね。あはははははは!」

ゾッとするような目つきで、彼女は笑った。


「あたしの無間地獄で愛し合いましょ? 殺し愛ましょ? 波佐間京介さんっっっっっ!!!」





つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
決闘祭!   目録
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2016/11/20 00:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
決闘祭!   Act 16 鼓動 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる