佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS アークV 138話

<<   作成日時 : 2017/01/16 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ズァーク「我のエンタメは荒っぽいからね」



〜これまでのあらすじ〜

ズァーク 「遊矢? 誰それ? 俺ズァーク!」

素艮 「何デストーイ!?」

ヱド 「びっくりするほどディストピア!」

ズァーク 「キャラと共にライフも崩壊するがいい!」

融合コンビ 「「ユーゴじゃねえ融合だぐあああああああ!!」(LP0)

ズァーク 「次は誰だ!」

墨咲 「妹と違って遊矢のデッキが隅々まで把握できない!」

力イト 「懺悔の用意は出来ているぞ!」

ズァーク 「踊れ天地開闢! 眷竜ダベリオン!」

エクシーズコンビ 「「ぶっ飛びんぐだぜええええええええ!!」(LP0)

ズァーク 「次は誰だ!」

ジヤツク 「ダブルレモン! 凄いぞー、カッコいいぞー!」

権ちゃん 「俺との絆を思い出せ遊矢! 不動のデュエルだ!」

ズァーク 「絶望というファンサービスを与えてやろう! 眷竜クリアウィング!」

権ちゃん 「だがジャックのモンスターは守り切ったぞ!」(LP0)

ジヤツク 「ダブルレモンぶっかけ攻撃!」

ズァーク 「ダメージは通らず、回復に変わる! これが我のファンサービスだ!」

ジヤツク 「Dホイール恐い!」(激突しそうなDホイールから頭を庇う)(LP0)

ズァーク 「次は誰だ!」

沢渡 「真打ちは遅れてやってくる・・・ウルトラ・スーパー・セクシー・エキセントリック・沢渡様だ!」

クロウ 「次元統合が進んだことでカードから復活したぜ!」

ズァーク 「・・・・・・」

ズァーク 「・・・ここまでの展開ほぼ同じじゃね?」



沢渡さん、デュエルディスクが壊れたまま放置していた衝撃の事実!
そのへんの人から借りるわけにはいかんかったんですか!?

彼の不参加が不満で、ひょっとして他人のディスクは使えないのかとか、
だったら壊れないように作ってほしいなァとか色々と考えましたが、
あっさり権ちゃんから譲り受けるという・・・モヤッと来るぜ・・・。

ま、まあ、沢渡さんが満を持してデュエルすることになったので良しとしよう。
このままデュエルせずにギャラリーと化す懸念すらあったからなァ。
(うわぁ・・・私のアークVに対するハードル低すぎィ・・・?)


眷竜クリアウィングの効果は、戦闘を無効にして相手を破壊、
その攻撃力分のダメージを与えるという、予想とはだいぶ違った効果。
自分の攻撃に対しても使えるあたり、ホープを思い出したり。

眷竜オッドアイズは、どうなるのかな・・・。


というわけで展開予想。


ズァーク 「眷竜オッドアイズの与える戦闘ダメージは、300倍だ!」

ク口ウ 「ズァーク! インチキ効果も大概にしやがれ!」(LP0)

沢渡 「魔界劇団、真のエンタメを魅せてやれ!」

デニス 「協力するよ沢渡! 一緒に最高のエンタメを魅せようじゃないか!」(LP2000)

墨咲 「デニス!? デニスが何故ここに!? まさか自力で復活を!?」

デニス 「Show must go on!」


もちろん300倍は冗談ですが、デニス復活はマジでやってほしい。
クロウ復活の理由からすると、カードにされていった人々が復活してもいいわけで。

ドクトル 「呼びましたか?」


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アークV 138話 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる