佐久間闇子と奇妙な世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 「レッドドラゴン」20話 〜李も桃も至情最恐の嫁〜

<<   作成日時 : 2017/05/28 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

展開早いな!


いつもの劉邦、そんな不敵な笑みを浮かべていたかな・・・?
むしろ呂雉の方が不敵な印象が強いのだけど・・・と思って
コミックスを読み返してみると確かに1話から不敵に笑う劉邦!
うじうじしてた前回の印象に引きずられてたか、私。

土地屋敷から財宝まで全てを売り払う呂雉たんに
さしものエロオヤジ劉邦も漢を見せるときが来たっ!!
女を喜ばす術を心得ておるなッ!?
さあ、戦場でラブコメを繰り広げようではないか!(戦闘BGM

だけど、だけど・・・・・・女を誑かす詐欺師か何かにしか見えないのは、
私の心が汚れているからでしょうか!?
なんか色々と誤魔化された気がするのですが! 浮気の件とか!

前回の印象とか、頭がキレ過ぎると警戒したとか、
そして何よりも史実のアレコレとか考えると、
劉邦が愛してるのは呂雉ではなく“都合のいい女”なのでは・・・いや、
それは流石に穿ちすぎなのかな、このマンガの場合だと。

まあ劉邦がホスト気質なのは「ドリフターズ」でサンジェルミも示唆してたけどね。
優れた要塞には必ず弱点があるのと同様に、モテる男には必ず欠点がある。
それを補いたいと思わせれば、もはや欠点ではなく魅力ですらある。
美人の残念さが良い意味で個性として見られるのと同じことだ。

つまり劉邦が女装すれば最強なんじゃないかな?


灌嬰が素晴らしいキャラ立ちで、んー、素晴らしい。

そして呂須が武将になってる!
これは樊噲もますます惚れる。

さりげに周勃が登場したり、曹参と夏候嬰も再登場したり、
前回で登場すると思ってた酈食其先生じゃないっすか! チィーッス!(殴

この人も食えなさそうなキャラだな・・・。実際そうなんだけど。
劉邦が既に反省して(?)心を入れ替えた(?)ので、
酈食其からの説教は無しか。説客なのに(←関係ない)

彭越も登場。強そう(小並感

というわけで、もう武関まで来ちゃった劉邦たん。
この作者は相変わらず、遠慮なく端折ってくるな・・・。
それでいて丁寧な部分は凄く丁寧だから、駆け足でもなく。

次は再び項羽のターンか?
そろそろ趙高も凋落まっしぐらのはず。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「レッドドラゴン」21話 〜本当に欲深いのは誰?〜
張良さんマジぱねぇっす ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2017/07/11 00:00
「レッドドラゴン」22話 〜その一族、敵の命を刈り取りし〜
項羽のターン! ...続きを見る
佐久間闇子と奇妙な世界
2017/08/08 00:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「レッドドラゴン」20話 〜李も桃も至情最恐の嫁〜 佐久間闇子と奇妙な世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる