『エスパー奇譚』キャラクター帳   三日月万里子 (みかづき・まりこ)

ま行


<プロフィール>
生年月日:1890年1月3日
血液型:O型RHプラス
身長:155cm
体重:49kg
念力出力:100万
座右の銘:
好きな言葉:


<経歴>
三日月由那と三日月高臥の間に生まれ、幼い頃から様々な方面への才能を見せる。斜陽の三日月家を独自の裁量で立て直し、日本の超能力組織ミレニアム・Aの宗主として実権を掌握する。それと共にエスパー組織アルカディアの“管理人”(ジャニター)となり、多くの功績を残した。
冷凍精子で妊娠し、1912年に息子・太一を産む。同時期に兄夫婦にも息子が生まれる。
1918年に京狐夜行を匿い、影宮一族の若者3人と戦闘。また、影宮臨空に兄の仇の行方を教える。
オクトパス計画に携わり、1930年に人工授精で10名のエスパーを生み出す。
1938年に京狐夜果里をアルカディアに引き入れる。
1940年にノットーの裏切りを予知できなかったなどの責任を取り、アルカディアを辞職。同時に三日月家も再び斜陽となり、他の超能力者一族との交流も少なくなる。
孫の千里に期待をかけ、超能力の使い方などを教える。
1952年の8月2日に心臓発作で死亡。享年52歳。


<人物>
思慮深さと冷酷さを併せ持つ千里眼の能力者。出力はA級上位。
両親を毒殺、孫息子を追放するなど、機械的に非道な行為を行う一方で、夜行を命懸けで庇ったり、千里に対して愛情を注ぐなど、人道的な意思や言動も見せる二律背反的な人物。
孫である千里の最大の理解者の1人。祖母として、師匠として、愛情を以って育てる。


<設定>
元々は「千里」で少しだけ登場し、すぐに死んでしまうキャラクターでした。しかし「メタル・イーター」の系列から「Aの女」の構想が浮かび、そこで準主役として大活躍。これは「千里」でも軽く終わらせるわけにはいかないと感じ、第三話を書き足しました。そこには「Aの女」での謎“誰が夜行を殺したか”についてのヒントも含まれています。


<主な技>
目力(めぢから)
声圧(せいあつ)


<関連キャラクター>
三日月千里 (孫)
三日月太一 (息子)
三日月由那 (母)
三日月高臥 (父)
十六夜蛍
三日月宗馬 (孫)
河井八重子
鬼灯棗 (友人)
影宮眠空 (友人)
影宮皆空 (仲間)
京狐百括 (仲間)
九能雅才 (仲間)
蘆屋牧無 (仲間)
竜王寿平 (仲間)
草薙大和 (仲間)
草薙水霊 (友人)
砂神木乃 (仲間)
久遠劫介 (仲間)
藍縄邪水狼 (友人)
藍縄垂水 (友人)
ノットー・リ・アース
ジュエル・パレ・グル (上司)
コムザイン・シュトラスツェーベリウム
アムジータ・キルヒラディア
アルフレッド・フーエ
ヒラリー・アセンド
アイン
ツヴァイ
ドライ
チーフー・ストロング
シュガー・A・サックス
バブル・P・トード
京狐夜行
影宮陣空
影宮臨空
京狐夜果里 (同僚)


<出演作品>
「Aの女」
「千里」


<セリフ>
「時の重みと命の重み、果たしてどちらが尊いものか・・。例えそれで命を選んだとしても、ひとたび巣立った若鳥を巣へ連れ戻す親などいるものか。それで親が務まるものか。血染めの未来が待ち受けていようとも、子は親の所有物ではないのだ。」
「浅慮が過ぎる、小娘。辛抱が足りないのだよ。身勝手な行動は自分に跳ね返る。あなたが殺した中に幼子がいたのを忘れたか。一族に恨みがあっても幼子まで手に掛けることはなかろうに。何が復讐だ。わらしのこの手一本もはねのけられないでよく言うな。甘い、甘い、甘い、あなたは修羅になりきれない。真の復讐者は理不尽にも耐えて辛抱強く機会を待つ。さもなくば怒りの炎は仇を燃やす前に自らを焼くと知れ。」
「そう、それだ。その融通の利かない正義感は、いずれ災いをもたらすぞ。あなたは自分に嘘をつけない。自分を誤魔化せない。そうだろう、飛鳥井祝詞・・・いや、ここは本名で呼ぶべきか、ノットー・リ・アース。」
「・・・もうすぐ千里は自分の能力の本質を知るじゃろう。千里眼には違いないがの、本質は別のところにある。それは・・・もしかすると・・・神の・・・・領域にい・・・・・にい・・・・い・・・」


<備考>
第三回人気投票6位
第四回人気投票7位


<脚注>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31            

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード