『エスパー奇譚』キャラクター帳   フィー・カタストロ

は行


<プロフィール>
生年月日:1922年3月1日
血液型:AB型RH+
身長:170cm
体重:55kg
念力出力:45万
座右の銘:退屈は人を殺さない
好きな言葉:青は藍より出でて藍より青し


<経歴>
幼い頃にエスパーを収容する施設へ強制連行され、そこで16歳になるまで過ごす。
1938年に当時のアルカディア最高幹部ノットー・リ・アースに救助され、アルカディア重幹部となる。そこでコムザインと出会い、姉弟のように過ごす。ノットーからサイコキネシスの技を学ぶ。
1940年に職を辞し、ノットー事件の被害者や遺族へ連絡を取るなどケアに回る。
1946年に再びアルカディア重幹部として復帰。シュシュ・オーディナークの指揮下で、コムザイン、フィリップと共に砕組を立て直す。属性組の構築と支援に携わる他、サイコキネシスの技を部下に伝授。
1980年に十幹部のNo.10となる。


<人物>
A2級サイコキノで、砕組第二副隊長。後に十幹部末席に出世。
様々な方面に能力を発揮する天才肌で、特にサイコキネシスの技は多彩かつ精密。
冷静で落ち着きのある性格だが、激情家としての側面も大きい。
恋愛感情を持たない。


<設定>
古くから存在するキャラクターの1人。師匠キャラ。
名前はカタストロフィーを入れ替えただけ。フィデル・カストロと似たのは偶然。
コムザインが“力”なので、カタストロは“技”がコンセプト。(フィリップは“心”)


<主な技>
念爆崩拳


<関連キャラクター>
ノットー・リ・アース
シュシュ・オーディナーク
コムザイン・シュトラスツェーベリウム
フィリップ・ケストナー
キアラ・テスタロッサ
京狐夜果里
モース・リーガル
ラプソディア・カッセル
ハービス・カチュラム
ラドル・スネイク
ウロイ・ディムニス
ヴェネシン・ホーネット
ネイル・グレイ
キム・ヨーカム
カーム・シュミット
マイヤ・ルフ
ロティエル・カムデン
バーシュ・コールフィルド


<出演作品>
「4号室の少年」
「三帝の栄光」
「雨と雲の姉妹」
「千里」


<セリフ>
「楽しいときの1時間と退屈な1分は同じ長さだと思う。」
「その様子だと、うちの連中に相当な扱いを受けてるようだな。すまない。」
「・・・C級はA級に勝てない? 久しぶりにお前を殴りたくなった。」


<備考>
第三回人気投票8位。
レベルⅢ到達者。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年05月24日 21:26
カトレーア「退屈は人を殺さない…?どういう意味かしら、ハデス。」
ハデス「めんどくさい。」
カトレーア「…。退屈は死に至る病じゃないってことなのかしら?創意工夫で退屈を有意義な時間に変えれるってこと?」
フィー・カタストロ
2013年05月24日 22:50
概ねそんなところかな。退屈は絶望に至らないし、不幸でもない。
面倒なことに気を煩わせるよりは、退屈な日常の方が落ち着ける。
しかし人を育てることは、退屈とは無縁な有意義な時間だと思っている。弟子が私を超えてくれば、それは喜びだ。

この記事へのトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31            

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード