『エスパー奇譚』キャラクター帳   ラプソディア・カッセル

ら行


<プロフィール>
生年月日:1932年8月27日
血液型:B型RH+
身長:164cm
体重:54kg
念力出力:4600
座右の銘:音楽に国境は無い
好きな言葉:鎮魂


<経歴>
幼い頃から唄に興味を持ち、歌手として場末の酒場で歌う。
貞操の危機をフィー・カタストロに救われ、アルカディアに入る。
1951年に砕組の第二分隊長となり、1954年にはサダク戦役に参加。同じ年にベトナムに派遣され、これらの経験から反戦活動を主体としていくようになる。1965年に反戦歌を自作。
度々ベトナムで市民を保護すると共に、各地で反戦歌を広める。その際にブーム・ソニックを拾い、弟子にする。
悲願であったベトナム南北統一を目にすることなく、1972年に戦死した。
彼女の作詞作曲した反戦歌は、彼女の死後に「カッセルの鎮魂歌(レクイエム)」と名付けられた。


<人物>
B2級サイコキノで、砕組第二分隊長。
幼い頃から理想的な声を追求するなど、完璧主義または理想主義的な側面を持ち、美しく平和な世界を希求する。
融通が利かないところがあり、悪党に対して無慈悲な面も見せる。
その一方で、砕組の暴力的側面を改善しようと努めていた。


<設定>
ラドル、ウロイ、ハービスなどと並んで、砕組キャラでは古くから存在する1人。
能力のモデルは「烈火の炎」の音遠。
名前はラプソディー(狂詩曲)とキャッスル(城壁)から。


<主な技>
真円結界
歌唱崩壊


<関連キャラクター>
フィー・カタストロ
ハービス・カチュラム
ラドル・スネイク
ウロイ・ディムニス
レンファ・アータスティー
アージェ・ケールズン
リリーベル・ドラギノ
コムザイン・シュトラスツェーベリウム
ブーム・ソニック
黒月真由子
十島育生
海路宣夫


<出演作品>
「分隊長になりたい!」
「壊滅都市」
「千里」


<セリフ>
「許すかどうか決めるのは、あなたが殺した人々、あなたが踏み躙った人たちです。」


<備考>
第三回人気投票8位
第五回人気投票9位


~カッセルの鎮魂歌~

故郷は遥か遠く 遠く離れた異国の地で
異なる陽光に照らされ 魔物たちと戦う
大砲は轟いて 銃声はけたたましく
号令のラッパだけが勇ましい
なぜ気付かない? 既に人は土の下
なぜ気付かない? 魔物もまた人であること
誰か 誰か 永遠の安息を与えてください
冥府魔道に呑み込まれた彼らの魂を救って下さい
全ての肉あるもの 全ての血あるもの
人も魔物も赤い血を流し
ただ地獄だけが勝利する
死者は眠ることさえ許されず
苦しみと 怒りと 嘆きが聞こえる
この愚かなる戦いが終わるまで!
誰が 誰が 永遠の安息を与えてくれるの
深い淵へ堕ちた魂を掬い上げてくれるの
死者は眠ることさえ許されず
苦しみと 怒りと 嘆きが聞こえる
この愚かなる戦いが終わるまで!
この愚かなる戦いが終わるまで!

現世は遥か遠く 肉体を離れた魂は
地獄の炎に繰り返し灼かれ
鬼たちに砕かれる
彼らの叫びが聞こえぬか?
彼らの嘆きが聞こえぬか?
勇士は死して 真実を知る
なぜ気付かない? 勇気だけでは死するのみ
なぜ気付かない? 自由だけでは束縛と同じ
誰か 誰か 人に光を与えてください
最も聖なる道を示して
人々を導いて下さい
全ての心あるもの 全ての意思あるもの
生きているものは光を求め
いつの日か勝利し 罪を洗い流す
死者は思いだけしか残せない
憎悪と 苦痛が この世に伝わる
この戦いを終わらせたいという願いと共に!
誰が 誰が 救いの光を与えてくれるの
人々を幸せに導いてくれるの
死者は思いだけしか残せない
憎悪と 苦痛が この世に伝わる
この戦いを終わらせたいという叫びと共に!
この戦いを終わらせたいという叫びと共に!

誰が 誰が 永遠の安息を与えてくれるの
深い淵へ堕ちた魂を掬い上げてくれるの
死者は眠ることさえ許されず
苦しみと 怒りと 嘆きが聞こえる
この愚かなる戦いが終わるまで!
この愚かなる戦いが終わるまで!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年05月24日 20:11
ゴリーレッド「素晴らしい歌詞だ。感動した。カッセルのレクイエム」
火剣「心からの叫び。魂の声が聴こえる」
コング「火剣に歌心があるのか?」
火剣「愚問だ。俺様は歌を愛している」
コング「僕はラプソディアを愛している」
ゴリーレッド「ラドルか」
火剣「複数の女を同時に愛せるんだな」
コング「好きな言葉は両手に花。ぐひひひ」
ゴリーレッド「カタストロはさすが深い金言を知っている。青は藍より出でて藍より青し」
コング「亜衣?」
火剣「ラプソディアの、音楽に国境は無い、もいい言葉だ」
ゴリーレッド「本物の平和主義者なんだな。素晴らしい。どんなに絶賛しても足りない」
コング「美脚美ボディ、キュートなスマイル」
火剣「外見もいいけど内面もいい。パーフェクトじゃねえか」
コング「ハービスも負けてない」
ゴリーレッド「キャラクター帳を見ると、それぞれにヒストリーがあるな」
コング「そりゃあ厳しい組織にいればストレスも溜まるだろう」
火剣「英語も日本語もダメか?」
コング「火剣には言われたくない」
ゴリーレッド「自国の利益よりも他国の利益を優先する国は絶対にない。だから自国自国自国って言ってたら上手く行かない」
火剣「国も個人もそうだな。尽くされれば返したくなる」
コング「またどさくさに紛れて不真面目な話を」
ゴリーレッド「カッセルの鎮魂歌は本当に心打たれた」
火剣「歌の心の継承が大事だ」


2013年05月24日 21:35
白龍「戦死…!?1972年…ベトナム戦争…?」
梅花「…。冥福を、祈る。」
ラプソディア・カッセル
2013年05月24日 23:40
ありがとうございます皆様。わたしは死んでしまいましたが、戦争を憎み平和を愛する心は、未来でも生き続けていると信じています。けれど出来れば、わたしが生きているうちに聴かせたかったですね。
ラドルさんは女好きですが、ベトナムへ救援に来たときはモラルを大事にしていました。普段はともかく、仕事のときの彼には一目置いています。
そしてカタストロ副隊長は、わたしの一番の恩人ですね。あのとき助けられたことで、わたしは終わっていたかもしれない人生を花開かせることが出来ました。

ラドル「21世紀か・・・。ラプソディアも、オレも、ハービスも、ラドルも、コムザイン副隊長も、ケストナー副隊長も、みーんないなくなってしまってるんだよなぁ。」
ラプソディア「寂しくないですか、カタストロ副隊長?」
フィー「寂しくないと言えば強がりになってしまう。しかし、お前たちが遺していったものは途絶えていない。私の好きな言葉は“出藍の誉れ”だが、この鎮魂歌は私にとっての青色だと思っている。」
ラプソディア「ありがとうございます・・・。」
ラドル「良かったな、ラプソディア。この光景も、両手に花と言えるかもしれない。」
ハービス「あんたねえ、せっかくの場面で。」
ウロイ「うろおい、自重してくださいよー。」
フィー「言語の壁は大きい。言葉の壁は、そのまま心の壁になる。しかし唄は、その壁をすり抜ける。不得手な言語でも、唄は歌える。」
ラプソディア「戦乱の中では、文字の読み書きが出来ない人が大勢いました。そういった人々が唄を覚えてくれたとき、言葉が出ないほど嬉しかったです。」
ラドル「鬼神も泣かん、ラプソディアの鎮魂歌。」
ウロイ「ちなみに・・」
ラプソディア「ええ。わたしが死んだのはベトナム戦争でではないの。いずれ、そのときの話も語られると思うわ。」

この記事へのトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31            

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード