魔物使いは志す (前編)

この世界には魔物がいる。

この世界には人間と魔物がいる。

魔物と人間の違いは何だろう。
魔物は魔力を持っている。
人間も魔力を持っている。

魔物は人間より強いか。
魔物より強い人間もいる。
人間も魔物も様々だ。

強い人間。弱い人間。
強い魔物。弱い魔物。

魔物は人間より凶暴だろうか。
魔物より凶暴と思える人間もいる。

姿形が違うだけで、魔物も人間も変わらないのではないだろうか。
この世界に住んでいる、生き物たちだ。

あたしは、人間と魔物が手を取り合う世界を作りたい。
それは夢物語でない。

勇者が魔王と手を組んだ。
それを人々は裏切りだと罵った。

あたしは違うと思った。
勇者も魔王も、人間と魔物が手を取り合えると思っていたのだ。

そうであると信じたい。
だから確かめに行く。


かつての戦友として、あたしは彼らに、最初に何を言うべきだろうか?



◆ ◆ ◆



魔の大陸に、1人の女が足を踏み入れていた。
49歳という年齢に相応しく、相応の貫禄がある。
そして彼女の背後からは、3体の魔物が一定の距離を保って付いてきている。

「やっぱり、故郷の空気は美味しいかい?」

元気そうな魔物たちを見て、魔物使いは思わず笑顔になる。
人間にとっては敵地であっても、彼らにとっては故郷なのだ。
やや渦巻く不穏な空も、魔物にとっては心くすぐられる景色なのかもしれない。


だが、しばらく歩くと、その魔物たちすら不穏に感じる空気が漂ってきた。
魔物使いも足を止め、警戒して周囲を窺った。

(何だろう・・・この気配。いや、これは・・)


「死臭・・・?」


そのときだった。

「やはははは! 頭が高い! ダウ~ン!」

空から骸骨が降ってきた。
それも人間のサイズではない、かなり大きなものだ。

「おおっと、失礼、麗しいマダム。」

骸骨は流暢な言葉で話しながら、地面に落ちた頭骨を拾い、両手で背骨に設置した。

「らざああああああああああ!」

「っ!?」

突然の叫びに、魔物使いはビックリして後ずさった。

「あああ・・・・と。」

上から錫杖が落ちてきて、骸骨の手に収まった。
そして骸骨は、眼に邪気を込めて挨拶した。

「お初にお目にかかります、魔物使いのベスラおばさん? 冥王様が第一の下僕、ピルトと申します。」

「め、冥王・・・?」

その言葉を聞くのも久しぶりなほど、タブーに近い存在。
かつて世界を恐怖と絶望に叩き込んだ、冥府の王。

「様を付けんかババア!」

「・・っ!」

「なーんてね、ジョークジョーク。何なら冥王ちゃんでも冥王ぴょんでもいいんじゃない? ピルトそういうの別に、こだわらない主義だし。」

激昂したかと思えば、次の瞬間には気さくな態度。
ペースに乗せられてはならないと、ベスラは身構えた。

そのとき。

「というのが冗談でえ!」

ピルトは杖を振り上げて魔力を込めた。
激しい稲妻がベスラを襲う。

「あぐうううう!!」

「いいよお、おばさんの悲鳴いいよお! もっと泣いて泣いて・・」

そこへ3体の魔物がピルトめがけて襲いかかった。

コアトルは炎を吐いた。
メタルキングは稲妻を放った。
そして虹孔雀は、全ての魔力を解き放った。




つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年11月26日 18:01
火剣「いきなり始まったか」
コング「魔法使いではなく魔物使いか」
ゴリーレッド「難しい問いだ。魔物と人間の違いは何か?」
火剣「人間の心の中にも悪魔がいる」
コング「ドエスアクマンのような善良な悪魔もいる」
ゴリーレッド「待ちなさい」
火剣「どっちが凶暴か。人間の残酷性は歴史で学んできたからな」
ゴリーレッド「人間は天使にも悪魔にもなれる」
コング「それより49歳かあ・・・」
ゴリーレッド「溜息を吐くな失礼な男め」
火剣「見た目は若いかもよ」
コング「らざあああ! ピルトがベスラおばさんと呼んでいるではないか」
ゴリーレッド「魔物と人間が手を取り合えることは可能か」
コング「無理ー! 見ればあ」
火剣「いきなりの戦闘。魔物はコアトルとメタルキングと虹孔雀」
コング「イノキングは強そうだ。起きてますかー? ダー!」
ゴリーレッド「闘魂ビンタ!」
コング「だあああ!」
火剣「メタルキングってどっかで聞いたような気がする」
コング「冥王ぴょんの下僕か。やはり魔物と人間が手を取り合うのは無理そうだ」


2013年11月26日 21:58
梅花「人間…魔物…。何も違わない…。何一つ…。どちらも、命…。でも、共に生きることは出来なかった…。」
白龍「…そうですね。でも、この世界では分かりませんよ。」
梅花「…………うん。」

パルナ「魔物使いの登場だね。これはミレーユの立ち位置?」
白龍「連れてるメンバーがピンポイントですからね。モンスターじいさん枠もあるのかな?」
ツヲ「しかし失礼な骸骨だ。こんなのスープの出汁にもなりゃしない。」
白龍「死臭が漂っている時点で食材になりませんて。しかし変幻自在(?)の豹変っぷり。戦いにくそうな相手ですね。」
2013年11月26日 23:17
>火剣さん
今回から冥王編の始まりです。冥王の右腕たるピルト登場! 1ターン目から全力全開のバトルとなりました。
ベスラの見た目は、まあ年齢通りですね。逞しい体つきなので、若くてもコングの好みではなさそうですが・・。

佐久間「若くて綺麗な女ばかりでは飽きるからな。」
山田「そんなことはないと思うが、メリハリは大事だな。」
維澄「女性キャラのタイプは、男性キャラに比べて少ない。よく女性に求められるのは若さや美しさだから、どうしてもバリエーションが少なくなる。」
八武「それも仕方ない。外見は大事だ。女子は特に。」
佐久間「外見が駄目だと中身も駄目なことが多い。」
山田「そんなこと言ってると、悪魔より残酷な人間になるぞ。」
八武「もう手遅れ。私ら魔民。」
佐久間「男はイケメンの幅が広くていいよな。爽やかなのから野獣まで、よりどりみどり。」
山田「よりどり?」
佐久間「女だとアウトでも男だとイケメンだったりする。」
山田「そろそろ魔物の話をしようぜ。」
佐久間「そうだった。メタルキングはイヴィルジェラシーと同じ系統。倒すと経験値が多く入る。」
八武「魔物を倒すよりも、女子と経験値を積みたい。」
山田「もう十分だろ。」
八武「まだ足りない。女は永遠の謎。」
佐久間「男こそ謎だ。」
2013年11月26日 23:38
>千花白龍さん
パーティーはミレーユですが、ベスラ自身のイメージはアマゾネスっぽい感じですね。相手は煮ても焼いても食えない、失礼な骸骨。
梅花さんのところでは決別することになった、人間と魔物ですが、この世界では果たして?

佐久間「モンじい枠は、やるとすれば導師になるのかな。Gスライムはジェラシー、ローズバトラーはパンプキン、神竜は竜族で使ってるし。」
八武「じいさんより若い女子ってことだな。」
山田「そういうことじゃないだろう。それより神竜も出るのか。」
佐久間「脇役だけどな。」
八武「ピルトは実は熟女フェチと見た。」
山田「ただの失礼な馬鹿に見えるが。」

この記事へのトラックバック

2019年11月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード