佐久間と山田のけだるい日常 第七十話 ~喪失~(その7)

「誰が倒れるかよ! この誇り高き闇の帝王がよォ!!」
佐久間は床を蹴って後ろへ跳び、玄関を背にした。
「おやおや、逃げる気なのかね?」
八武も見た目ほど余裕ではない。自己再生は、失った血液や肉までは戻らない。傷が治るだけだ。
しかし、山田が立ち上がった。
「逃がさん。」
山田の全身から重苦しい重圧が沸き立った。
「ひっ・・・!」
佐久間が、あの佐久間が思わず悲鳴をあげるほどだった。
いつもの佐久間でないとはいえ、弱りきっているとはいえ、それでも悲鳴をあげた。
だが、やはり佐久間である。
「ひ・・・ひひ、来いよ。」
佐久間の姿勢が変わった。この短時間で回復してるというのだろうか。
更に、身体感覚のズレも直してきているとしたら、厄介である。
それが出来るから、佐久間闇子なのだ。
「はあっ!」
山田は拳骨を放つ。
それを佐久間は両手でいなし、カウンターで山田の顔面に膝蹴りを入れる。
山田が仰け反った瞬間に、更に打撃を連発。明らかに回復している。
「がはっ!」
互いに傷ついている状況、これほど佐久間に有利なことはない。
続いて八武が向かうが、腹部への一発と引き換えに急所を幾つか殴られ、脳を揺らされて立てなくなった。
最悪の状況からでも、ここまでの戦闘が出来る。戦闘狂たる戦闘狂。
「終わりかよ。ようやく準備運動が終わったというのに、これでは本気を出せやしない。」
それが強がりであることはわかっても、佐久間を倒せない。
時間が佐久間に味方する。
「誰か・・・立てないか・・・?」
山田の呼びかけに、応える者は・・・・・・いた。
それは八武でもないし、ミガロスでもない。竜太郎でもない。呆気なく倒された4人は、まだ夢の中だ。
では、誰が?
結論から言うと、今の佐久間は人間を見くびりすぎた。
正確に言うと、山田の呼びかけに応えたわけではない。
病院の医者や看護婦たち、そして退院を間近に控えた患者たちだった。
「!」
佐久間が振り返ると、破壊された玄関のあたりにもスタッフが集まっていた。裏口から回ったのだろう。
「てめえら・・・」
佐久間は震えながら笑った。
半分は戦闘の喜びで。
もう半分は、恐怖で。

それからは、物量戦だった。
次々と迫り来る人間たちを、佐久間は格闘術だけで薙ぎ払う。ミクモウの右手が使えなくても、彼女の戦闘力は凄まじい。10人、20人、30人と、倒されていく。
「ここは病院だ! ドクター八武の病院だ! 死んでなければ治る!」
その言葉が皆を奮い立たせた。
ここで負ければ死ぬ。だが、勝てば生きるのだ。佐久間は人間に恐怖を与えすぎた。
「ならば死ね!」
しかしもう、佐久間に人を殺せるだけの力は残っていなかった。
消耗し、消耗し、消耗し続け、倒すのがやっとだった。
それでも、佐久間闇子は佐久間闇子だった。
スタッフと患者、全てを床に這い蹲らせた。
そしてそれは、彼女の敗北を意味していた。
「皆の衆、時間稼ぎご苦労。」
点滴で血液と栄養を補充した八武が、白衣を翻して立っていた。
「終わりだ、戦闘狂。」
「・・・!!」
八武の剄を込めた打撃が、佐久間の肉体を芯から打ち抜いた。
「くあああああっ!!」




つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年07月28日 21:38
これが、人の力。結束の力。八武さんの人望がこれほど高いとは…。変態的な方面ばっかり見ているからなのでしょうが、本来は超一流の医師として数え切れないほどの人の命を救っているはず。多分、零士さんや四郎さんよりも多くの命を。八武さんは、何歳になっても医者として現役。命を救う者は、命を救われる。八武さん、カッコイイなあ…。そして病院のスタッフと更には患者さんまで体を張ってくれるなんて、凄いという言葉しか湧いてこない。これが総体としても人間、人類の勝利と言ってもいいのではないでしょうか。
怪物、佐久間闇子、ここに撃沈。そして、決着へ…。

本当に決着…ついたのか…?
2014年07月28日 22:23
火剣「驚いたな。患者が八武医者をこんなに好いていたとは」
コング「愚問だ」
ゴリーレッド「よし黙れ」
コング「特に若い女の患者と若いナースは八武院長の味方だ」
ゴリーレッド「もう何が言いたいのかわかるから黙ろう」
コング「黙らん。言論の自由は拳法で認められているのだ」
火剣「拳法は山田太郎に任せておけ」
コング「若い女の患者も若い看護師も」
ゴリーレッド「若い若いうるさい」
火剣「残念ながらそれが世の中だ」
コング「♪きーれいーと、いーわれーる、時は短過ぎてー咲ーかせーて」
ゴリーレッド「歌はいいから」
火剣「八武医者に虜にされたんだろう」
コング「その通り! 生身の肉体では人間、経験したことのない快感には勝てないのです」
火剣「問題は佐久間んに通用したかどうか」
コング「消耗しているところへの一撃だから入ったはず」
ゴリーレッド「騒ぎが治まるか?」
2014年07月28日 22:39
>千花白龍さん
名だたる面々は敗れていきましたが、無名の人々が大活躍!
これもドクターの人望、医者としての努力があってこそですね。
情けは人の為ならずと言いますが、いつどこで日々の積み重ねが功を奏するかはわからないものです。
ようやく佐久間闇子を倒しましたが、これで問題が解決したかというと・・・?

維澄「批判という武器は、武器による批判に取って代わることは出来ない。されど、言葉は人を惹きつけたときに物的な力を発揮する。素晴らしい勝利だ。」
八武「何歳になっても現役、八武死根也です! 今日も妻を満足させるべく邁進中。」
神邪「そっちも現役なんですねー。」
八武「やはり佐久間は弱体化していたのだ。普段の佐久間は、この佐久間ほど危険な怪物ではないが、敵に回してどちらが恐ろしいかといえば言わずもがな。」
維澄「しかし記憶喪失の原因は何だろうね?」
八武「何だったっけ。まだ思い出せない。」
2014年07月28日 22:59
>火剣さん
医者としての腕も高いので、真っ当に駆けつけている人々が多いですが、やはり中にはドクターに虜にされた女性たちが・・・?
疑惑は尽きませんが、とにもかくにも勝利です。流石にここからの逆転はないはず。

八武「しかし普段の佐久間なら、ここからが本番だった。」
維澄「やはり怪物だね。」
八武「本人は10歳の頃より弱体化していると嘯いてるが、強弱と勝敗は別物なんだなぁ。」
神邪「ちなみに、疑惑については・・」
八武「何のことかな。それはそれとして、美女を虜にして戦わせるのは男のロマンだと思わないかね?」
神邪「それは否定しませんが。」
維澄「・・・何だか勝利の価値が濁ってきたような。」
八武「カルピスの原液は濁っているものだよ。」
神邪「現役とかけてるんですか?」
八武「生涯現役! 若さは女の特権ではなーい。」

この記事へのトラックバック

2020年08月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31               

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード