佐久間と山田のけだるい日常 第七十七話 ~傲慢~

「いやまったく、私は私に生まれて最高だな。」
打って変わって爽快な様子の佐久間闇子に、山田は「そうかい」とだけ言って流そうとした。
「この世に私に生まれるほどの幸福は他に無いと思う。異論は認めない。ブラック!」
特に意味の無い叫びを語尾に付け加えて、佐久間は右手の異次元ポケットから包み紙を取り出した。
「そんな私からチョコレートを送られる山田は、とてつもない幸福な男だ。」
丁寧にリボンで彩られた直方体。
赤みのかかった顔で、俯き加減に両手で渡される光景。
全国おっくせんまんの男子が夢見るであろう、バレンタインデーのワンシーン。
「・・・・・・・・・・・・・・・・。」
しかし山田には、時限爆弾の入った小包を受け取るが如くの恐怖だった。
料理が下手なわけではない。佐久間の料理の腕前は、店が開けるほどだ。
だからこそ、単に料理が下手という領域を超越した、とてつもない嫌がらせが可能なのだ。
「手作りだぞ♪」

てづくり。それは、市販されている造形の整ったチョコレートを、煮え滾る水で無惨に崩壊させ、跡形も無くなったそれを双腕にて弄び、更には暗くて冷たい部屋へ閉じ込め、物言わぬ物体となるまで放置する鬼畜行為―――

・・・などというテロップが咄嗟に流れるほどに、山田は危機感を感じていた。
生命の危険に、鼓動が高鳴り、嫌な汗が止まらない。
「嬉しいなっ。そんなに緊張するほど喜んでくれるなんて♪」
口調がいつもと違う。それが山田の恐怖を加速させる。
ただ恐怖する顔を見たいだけで、中身は何てことない普通の手作りチョコだったとしたら、どんなにいいだろう。
それだけで生まれてきた喜びを噛み締めてしまいそうだ。
(だが、そうはならない・・・)
いっそ料理が下手だったら。せいぜい黒焦げの、まあ食べられなくはないものを食するだけだ。
美少女からの、「ごめんね、こんな美味しくないもの食べさせて・・・」みたいな言葉があると、いっそう萌える。
そんなことを口には出せない山田だが、人並みに憧れるシチュエーションではあった。健全な20歳である。
「どうしたの? 開けていいのよ。」
聖母のような、慈愛に満ちた笑顔が、地獄の悪魔よりも恐ろしい。
甘酸っぱい砂糖菓子のような声が、拷問で殺される人間の断末魔よりも胸に刺さる。
「あ、ああ・・・」
山田が躊躇っていると、佐久間は自らリボンをほどいて自分の髪に装着し、包み紙を開き始めた。
(死刑執行を待つ罪人の気分とは、こういうものだろうか・・・。)
そろそろ山田は悟りの境地に辿り着こうとしていた。
人間とは。人生とは。その壮大な答えに、恐怖というガソリンで加速した山田の精神は、達しようとしていた。
(生きたい・・・! 俺はまだ、死にたくないっ・・・!)
包み紙の中には、何の変哲も無い小箱があった。
それが開かれ、やはり見た目には至極まっとうな手作りチョコが、可愛らしく存在感を主張している。
プラスチックの棒に刺さった、かなり正確に球形の黒球。同じく白球。黒と白、2つずつ。そして緑が1つ。
「・・・・・・・・・・。」
そこに、色とりどりの“何か”が塗されている。
カラーのチョコだと思いたい。思いたいのだが。
「はい、あーん♪」
黒球が差し出される。
美少女からの「あーん」・・・やはり全国おっくせんまんの男子一生の夢であろう。
しかし山田には、哀れな獲物を丸齧りせんとす、捕食者の悦楽に見えた。
「・・・ん。」
意を決して食べる。食べるしかないのだ。自分には、それ以外の選択肢は無い。
それは、どういうことか?

話は去年のバレンタインまで遡る。
いつものように佐久間は“手作りチョコ”を用意したが、更に前の年に酷い目に遭ってるので、拒否。
すると佐久間は、しくしく泣きながらチョコをゴミ箱に捨てた。
それだけなら何ら心が痛むことはなかったのだが、悲劇は夕食に訪れた。
・・・そう、夕食は全て“手作りチョコ”だったのだ。ゴミ箱を見ると、チョコは消えていた。ホラーだ。
そのとき、山田は思い知った―――

「佐久間闇子の“手作りチョコ”は“増殖”する」

食べることを拒否すればするほど、倍々どころではないペースで数が増える。
それが佐久間闇子の“手作りチョコ”なのだ。

乙女心・・・それは、1ミクロンの傷も許さず、その傷が癒えるまで男に際限なく恐怖を与え続ける殺戮兵器。
これに比べれば、普段の下品な言動などは看過・・・は出来ないが、まだマシだ。
(誰か俺に、生まれてきた意味を教えてくれ。)
天国の両親に、山田は助けを求めた。
しかし現実は無情。彼の口いっぱいに、チョコレートの吐きそうなほどの苦味が広がり、それだけなら天国の範疇だが、やはり佐久間の“手作りチョコ”は人知を超えていた。
(・・・っ、な、何だ・・・・!? 得体の知れない恐怖、不安、苦痛、世界の全てが憎くなるような感覚、生まれてきたのが申し訳ないほどの絶望感! うああ・・・・生きてるのが嫌になってくる・・・・!)

「どうやら、“負の感情いっぱい詰めたゾ♪チョコ”を引いたようだな。」
ネーミングの酷さに言及してる場合ではない。
これが、このチョコの“効果”・・・。
同じようなものが、まだ4個も残っている。ゴールが遠い。
「はい、あーん♪」
2個目は白いチョコ。どうやら緑がラスボスか。
山田は心が折れそうになりながら、それを口に入れた。
苦くて酸っぱい、しかもドングリのように渋く、えぐみが口を陵辱する。それだけならば幸運だ。
(うぐっ・・・・!?)
それは唐突に蘇った。山田の名誉の為に詳細は書かないが、いわゆる黒歴史というやつが、次々と脳内に蘇ったのだ。
(ぐわああああああ!! 誰か俺を殺してくれええええ!!)
あまりの恥ずかしさに死にそうだ。
去年はメラとかギラとかホイミとか、ドラクエ系の魔法が仕込んである“ロシアンルーレット”だった。おかげで口の中が徹底的に破壊されて、しぶしぶ八武の世話になった。
八武に治療してもらったのが佐久間の気に障ったらしく、今年は心理攻撃チョコということか。

「その様子だと、“どっきり☆黒歴史チョコ”を引いたようだな。」
ネーミングが腹立たしい。
山田は殺意で恥ずかしさを相殺し、次なるチョコを待った。
もはやそれは、チョコと呼ぶべきではないのかもしれないが―――

「あーん♪」
もはやトラウマになりそうだ。
見た目だけなら100パーセント萌える光景だけに、山田は世界を呪った。
(ぐっ・・・・・・)
セメダインのように過度に粘りつく舌触りと、そのへんで拾ってきたカエルでも混入したかと思う泥臭さ。
味の方も、段々と酷くなってきている。もはや百歩譲っても地上へ落下してるレベルだ。
(うっ・・・・・ごげっ・・・・・・・水道水が好きだ! 水道水を愛してる! 何故こんな感情が湧いてくるんだ! ああ、わかってる、このチョコの効果だ!)
幸いにも、その効果は3分で切れた。
頭がおかしくなりそうな、永遠とも思える3分間だったが、佐久間基準では幸いとなる。とてつもない幸福だ。

「あーん♪」
4個目の黒球。
もはや山田の心は限界だった。


- - - - - -


気が付いたときには、家屋は半壊し、それどころか周りの建物まで被害は及んでいた。
おびただしい破壊の爪跡には、よく知る拳の痕跡がある。
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・俺が、やったのか?」
「その通り。“ウォータースピリットチョコ”に続いて、“バーサーク怒りの鉄拳チョコ”を食ったお前は、3分ほど暴れまわった。3分しか効果が続かないのが、このチョコの欠点だな。」
その3分を佐久間にも味わってほしいと切に願いながら、山田は体を起こした。
「さて、最後の1つが残っている・・・。あーん♪」
どうして暴れたときに、その忌まわしい物体を破壊しておかなかったのか。山田は自分を呪った。
愛らしい光景が、遠い。
ここで逃げたところで、行く先々に緑色のチョコが出現するのだろう。お約束だ。
どういう科学的原理があるのかはわからないが、佐久間闇子は必ず実行する。現実は理論に先んじる。
きっと自分は緑色を嫌いになるんだろう、これから抹茶も飲めないな・・・と覚悟しながら、山田は口に入れた。
(げええ・・・・・・がっ・・・・・うぐっ・・・・・・・・)
それは不思議な味だった。甘さ、辛さ、酸っぱさ、苦さ、渋さ、しょっぱさ、それらが絶妙な不協和音を奏でる。
いかなる食材を、いかなる配分で加えれば、このような味になるというのか?
しつこすぎる甘み、だだっ辛いだけの辛さ、腐敗してるかのような酸っぱさに、薬品の苦味、濁った渋み、へばりつく汚染海水の塩味・・・それらが絶え間なく押し寄せてくる。
味だけで心が死にそうだ。
山田の心は泣いている。わあん、わあんと、泣いている。
そして本番がやって来る。
(うっがあああ!! 憎い! 憎い! この世界が憎い! そして水道水が大好きだ! 恥ずかしい! 何もかも考えずに暴れたい! ぐうううう、抑えろ、抑えろ、ああああああ嫌だ、抑えるのも嫌だという衝動が!! ちくしょう、負けてたまるか!! 3分、3分だ! この地獄を耐えろ3分! 俺は出来る、俺は出来る!!)


- - - - - -


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・また、やっちまったのか・・・。」
広がった被害を見ながら、山田は大の字に寝そべった。もう起き上がる気力も無い。
とりあえず、明日から謝罪と修復を始めよう。今日はもう動けない。

「ホワイトデー、楽しみにしてるからな。」

その言葉で山田の心は、ぽっきりと折れてしまった。
明日までには、彼の心が再生しますように・・・。




   第七十七話   了

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2014年08月30日 12:50
火剣「これは単なる復讐なのか?」
コング「佐久間んに嫌われて良かった」
ゴリーレッド「別に嫌ってはいない。コングは失言が多過ぎるだけだ」
火剣「山田太郎の日頃の態度は、佐久間んを嫌っているのは誰が見てもわかる。かといってこれは酷い。しかし『だから嫌われるんだ』と指摘したらもっと酷い目に遭うという悪循環」
コング「山田太郎は過去世に相当悪いことをしてきたのか。ぐふふふ」
火剣「黒歴史か。過去を振り返り、人に酷いことをされたことではなく、人に酷いことをしてしまった経験は本当に忘れたく、言葉にも出したくねえ」
コング「僕は良いことしかしたことがないから、わからない」
ゴリーレッド「記憶喪失か」
火剣「消し去りたい過去の映像を脳内に流されたら狂うな」
ゴリーレッド「夢に出てきたりする」
火剣「今なら絶対にしないことを、なぜか大真面目にやっていた。人間とは恐ろしい」
コング「ドラえもんのドラ焼を思い出す。倍々に増えていくからなくならない。そのうち満腹になった無責任なのび太は、ドラ焼をゴミ箱へポイ捨て。夕方見たら大量のドラ焼が!」
ゴリーレッド「倍々は恐怖でしかない」
コング「♪おっくせんまん! おっくせんまん! 全国2億4千万のヒロピンファンの皆様こんにちは」
ゴリーレッド「いない、いない」
火剣「心理攻撃チョコか。八武医者ならこれをヒントに何か改良しそう」
コング「究極の媚薬チョコ。あ、違う。薬にして患者に渡す」
ゴリーレッド「延髄斬り!」
コング「だあああ!」
ゴリーレッド「倫理はどこへ?」
2014年08月30日 16:36
次々と佐久間さんの猛威が降りかかる!耳から訳の分からない煙と放射線を出すことすら、まだ序の口だったという罠。シリアスな話を挟んでおいて、この七十七話は卑怯です。何度も笑って笑って…。人間、本当にどうしようもない時は笑うしかないということなのかも。山田さんの苦悩が伝わってくる。
次々と襲い掛かる佐久間チョコ。勝てません、戦えません、逃げられませんの三重苦。傲慢、それは七つの大罪の一つ。大罪を形にするとこんなチョコになるのか…。
2014年08月30日 22:38
>火剣さん
これが復讐であれば、どんなに良かったことか・・・。好かれる方が厄介なのはSの共通項ですが、彼女のは致命傷レベルな気がします。普通の人間では耐えられないのは闇市のときに証明済み。

八武「山田・・・お前は、よく頑張った・・・たったひとりで・・・。尊敬に値する・・・。」
山田「佐久間の原型がクイン・メタリアとドラえもんであるという意味を、物凄く思い知った。」
八武「黒焦げの料理を食わされた程度で不幸だと思っていた自分が恥ずかしい。これからは妻のドジッ娘ぶりに萌える視点を持ってみることにするよ・・・。」
維澄「いや、それはどうだろう。胃が心配。」
佐久間「まあ、嫌よ嫌よも好きのうちってことが、よくわかるな。」
山田「あああああ、ホントに嫌だ! そのうち嫌々好きって言わされる気がする!」
神邪「トムとジェリーみたいな関係ですね。」
佐久間「ネコとネズミはライバル♪だけどホントは友達さ♪離れられない、いつまでも♪」
山田「離れたいよ! お前を野放しにしておくのが嫌だから一緒にいるだけだ!」
神邪「それ本当にツンデレみたいですよ・・・。」
佐久間「みたいじゃなくて、正真正銘のツンデレなんだ。」
山田「否定する。」
神邪「僕もマサキと、これくらいのケンカが出来る仲だったらなーと、ちょっと憧れていたり。」
山田「やめとけ、絶対やめとけ。隣の芝生は青いんだ。というか芝生ではない、ジャングルだ。」
八武「ジャングルと言えば、新種の植物を採取したのをストックしていたな。」
山田「焼き捨てろ!」
八武「馬鹿な、これから楽しい科学的探究が始まるというのに。」
佐久間「倫理・背徳感♪恐れることなかれ♪」
2014年08月30日 22:52
>千花白龍さん
むしろ絶望の味かもしれません。何となく大罪をタイトルにしてみたら、こうなりました。何故だ。
コメディ的には、第五十六話以来の出来栄えだと思っています!

佐久間「思い知れ山田、これが絶望だ。」
山田「ホントに絶望を味わったよ!」
八武「あまり追求したくはないが、今まで毎年こうなのかね?」
山田「訊かないでくれ・・・心が折れる・・・。」
八武「悪かった。ゆっくり休んでくれ。」
維澄「2人のバレンタインだから普通ではないと思ってたけれど、増殖で腹筋に直撃したね。」
神邪「どういう原理なんですか? バナッハ・タルスキー?」
佐久間「まあ、そんなところだ。人類の科学力でも100年くらいすれば再現できるだろう。」
山田「2112年9月3日・・・恐怖の科学力が地球に降臨する・・・。アンゴルモアの比じゃねえ!」
八武「ドラえもんは恐い話だと、大人になって理解したなぁ。」
佐久間「来年のバレンタインは何しようかな。」
山田「嫌だあああ!! 普通にチョコが欲しいいいい!!」

この記事へのトラックバック

2019年11月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード