亡霊たちへの鎮魂歌 76

「・・・どうしたの。」
義理の息子に無言で手を取られて、黒月真由良は焦った。
いつもの彼じゃない。
宮白希揃は、そんな男じゃないはずだ。
「・・・。」
けれどそれは、知らなかっただけなのだろうか?
本当の彼を。
「何で、父さんなんだ。」
底冷えのする声が、凍りついた表情から絞り出された。
「・・・!」
「母さんの命日に、父さんは墓参りに来なかった。父さんと何をしてた?」
口調に嫌な熱が籠もっていく。
「父さんは、母さんを忘れてしまったんだ。」
「忘れてなんかいないわ。」
言われっぱなしにしてなるものか。
黒月真由良は手を振り払う。
「希美さんには悪いと思ってるわ。でも、あたしは渚が好きなの。愛してる!」
「・・・・・・・・・。」
「あたしたちを許して! 認めて! お願いよ!」
母親を愛する息子としては、父親には生涯母親一筋でいてほしいだろう。その思いは痛いほどわかる。
しかも再婚する女は、父親と付き合いながらも、他の男とも寝ていた。既に過去とはいえ、裏切りだ。
ふしだらな淫婦。人殺しであるだけでなく、不貞の女。暗殺者としての顔を知らなくとも、父親の相手として相応しくないと思うのは当然だろう。
しかし黒月真由良は、肝心なことを失念していた。
次に発せられた言葉を聞いて、絶句した。
「俺だって真由良さんを愛してるさ!!」
「・・・っ!?」
「初めて会ったときから、10歳のときから好きだった! なのに何で父さんなんだ!」
振り払った手が、背中に回る。
強い力で離されない。
若い情熱に圧倒される。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年11月16日 14:22
火剣「希揃の言葉は強烈だ。『何で父さんなんだ』」
ゴリーレッド「もっと強烈なのは『俺だって真由良さんを愛してるさ!!』」
コング「よし、真由良が絶句した隙にベッドに押し倒し、手足を縛るんだ。何なら夜月実推奨のクッション付手枷足枷を貸そうか」
ゴリーレッド「延髄斬り!」
コング「だあああ!」
火剣「父一筋なら『許して、認めて』も説得力あるが、育生とプレイしていたことは良くなかった」
ゴリーレッド「若い希揃からしてみれば、ほかの男と寝たことは許しようがない。どこまで知っているかはわからないが」
コング「許してと哀願されて許してはダメだ。M子の『許して』は『もっと責めて』だ」
ゴリーレッド「そんな浅い話ではない」
コング「ほう・・・れんそう。セックスという人類にとって最重要課題を浅いと言ってしまうか」
ゴリーレッド「おっと、こんなところにタバスコが落ちている」
コング「ダッシュ! 48手逃げるが勝ち!」
火剣「希揃はどうする。このまま勢いに任せて真由良を抱くか」
ゴリーレッド「希揃と関係を持ったら渚とは終わりだから、絶対に拒むだろう」
コング「だから手錠が必要なのです。男は手錠を持ち歩こう」
ゴリーレッド「手錠で殴ったら痛そうだな」
コング「ダッシュ!」
2014年11月16日 22:44
>火剣さん
かねてから懸念されていた修羅場の火種が、ついに業火へ!
父親の他に男がいたこと、その父親が母親を吹っ切ってしまったこと、そして何よりも、自らの真由良への想い。若い情熱が、堰を切ったように真由良へ向かいます。

佐久間「これが真由良の弱点だ。超能力で希揃から逃れることは出来ても、腕力で逃れることは出来ない。心理の枷が超能力を使わせない。」
八武「若いってイイねぃ。」
山田「事態は深刻だ。」
八武「いや真面目に。私も若さゆえに暴走したことがあるが、今じゃ勿体無くて出来ないなぁと。」
維澄「今でも色んな意味で暴走しているように見えるけど・・。」
八武「ねちっこい欲望と甘酸っぱい情熱は別物だよ。」
佐久間「別か?」
八武「別だ。」
佐久間「ロマンチストだな。」
維澄「こうなったら、もう止まらない。しかし渚が来れば・・」
八武「なるほど、渚の目の前で。」
山田「そうなりそうで恐い。」
維澄「青春物語から一転してインモラルな展開。こういうの好き。」
神邪「手錠を持っていたら計画的ですね。あるいは縄でも。」
八武「どす黒い炎が胸の中で渦巻き、気付いたら真由良を押し倒していた。はっ、いったい自分は何を。しかし『やめて』『許して』と紅潮した顔で哀願する彼女を見ていると、燃え盛る炎は心の内より出でて倫理道徳を焼き尽くす!」

この記事へのトラックバック

2019年11月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード