亡霊たちへの鎮魂歌 62

「わしの話が聞きたいのかな。」
リビングに戻ってきて、蛹田蛭巳は上座に腰を下ろした。
「鳩中高校エスパー研究クラブの部長を務めています、ご存じ白石楷です。本日は“ムーン・シューター”について話を聞きたく思い、部員一同ここへ参じた次第です。」
黒縁の眼鏡の奥で、鋭い眼光が燃え滾る。
それを見て花咲瞭はゾクッとし、若葉緑里と海路宣夫も普段とは違う部長の様子に息を呑んでいた。
「自己紹介を。」
真面目な顔で、白石楷が部員たちの方を向く。
「・・・僕は、花咲瞭と申します。副部長を務めています。」
「オレは海路宣夫いいます。」
「私は若葉緑里です。カイロ・・・海路くんと同じく、新入部員です。」
何が“海路くん”だ、という目で海路宣夫が鼻で笑う。それを若葉緑里がキッと睨み返す。
「宮白希揃・・・先代の部長です。」
「オレは十島育生。ちょっとした縁で来た。」
そして最後に、蛹田蛭巳の目が大きく見開かれた本当の原因が、いつもと変わらない口調で自己紹介を行う。
「黒月真由良です。初めまして。」
その笑顔の奥で、彼女の心は震えていた。
(久しぶりね・・・!)
「くろつき、まゆ、ら・・・。まさか君は・・・!」
蛹田蛭巳の双眼が、再び大きく見開かれる。
見れば見るほど“彼女”と似ていた。違うところは、“彼女”は冷たく淫らな目つきをしていたのに対し、目の前の少女は明るく健康的な目をしているということだ。
他人の空似ではない。しかし蛹田蛭巳の認識では、決して“彼女”本人ではありえない。
何故なら“彼女”は、25年も前に―――
「マユリの娘・・・いや、孫か・・・?」
その言葉に一同は、一斉に黒月真由良を見た。
彼女は少し目尻を下げて、蛹田蛭巳に尋ね返した。
「まゆり、とは・・・黒月繭里(くろつき・まゆり)のことですか?」


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年11月02日 11:27
コング「見ていられない。チャンネルを替えよう。お、きょうは秋の天皇賞か」
ゴリーレッド「現実から逃避してはいけない」
火剣「この緊迫感がいいんだ」
コング「ヒロインが磔にされた時の緊迫感とも違うな」
ゴリーレッド「もっとほかに適切な比喩はないのか?」
コング「くノ一が水車にくくりつけられた時の緊張感」
ゴリーレッド「もういい喋るな」
火剣「真由良・・・黒月繭里は冷たく淫らな目つきだったのか」
ゴリーレッド「今は明るく健康的な目」
コング「健康美と淫らな目の融合こそ時代の要請」
火剣「ほかの部員は驚いているだろう。二人は何の話をしているのかと」
ゴリーレッド「蛹田蛭巳にしてみれば、まさに亡霊を見るような思いか」
コング「裸にすればわかる。身体検査だ。全部脱げ」
ゴリーレッド「ドラゴンスクリュー!」
コング「ぎゃあああ!」
火剣「緊迫シーンが続くな」
2014年11月02日 22:33
>火剣さん
緊迫の再会、かつての上司と部下が、今は退役軍人と女子高生。
中佐の言葉に、みんなの注目が真由良に集まります。下手なことを言えば、どうなってしまうかわからない。

八武「うむ、健康な明るさと、淫らな冷たさか。」
佐久間「いつの時代も女は二面性を持つものよ。」
山田「そんな話だったか?」
佐久間「外見とは造形だけの話ではないということだ。」
神邪「だから中佐の目も欺いているわけですか。不穏な文もありますが・・・。25年前に何が。」
山田「25年前というと、1953年か。」
佐久間「外見は重要な判断材料だ。ゴルゴ13が学ランを着ても、あの険しい殺気だらけの表情なら一発でバレる。しかし気は大きくて力持ちな、柔らかい笑顔をしていたら、老け顔の男子高校生、他人の空似としか思われないはずだ。」
山田「想像が困難だな・・・。思い浮かべるのに無理がある。」
佐久間「それだよ。想像が困難なものが、目の前にあると思えばいい。ゴルゴ13が爽やかな笑顔で高校生と喋ってたら、もはや別人としか思えないだろ? そういうレベルだ。」
八武「それで身体検査の話だが、例えば危ないところにホクロが・・」
山田「ラリアット!」
八武「ごあっ・・」

この記事へのトラックバック

2019年11月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード