亡霊たちへの鎮魂歌 69

黒月真由良は、白石楷の母親を見た。
(問題は、この人だが・・・。)
超能力の存在について、エス研の4人、宮白希揃、十島育生、蛹田蛭巳と護衛は、信用できる。
絶対とまでは言わなくても、安定して信頼できる。
だが、白石楷の母親まではどうか? 今日はじめて会った彼女を、黒月真由良は内面までは知らない。
(・・・いや、よそう。疑心暗鬼を生ず、案ずるより産むが易し。これも“現実”だ、なるようになれ。)
たとえ最悪の場合でも、およそ自分にとって“最悪”にはなりえないのだ。
今の世の中を概ね平和だと感じる、そんな自分が思い描く“最悪”など、たかが知れている。
「そおだ、セッションやるんだったな。」
十島育生がポンと手を叩く。
「YES!」
海路宣夫がギターをかき鳴らす。
そこから音楽の流れになる。
蛹田蛭巳や宮白希揃は、何が始まるのかと胸躍らせている。

さあ、歌おう。声を音に合わせて。
奏でよう。音を歌声に合わせて。
そのとき、時間も距離も、世代も性別も、その場から感じられなくなった。
ひとつの領域が解放された。

   故郷は遥か遠く 遠く離れた異国の地で
   異なる陽光に照らされ 魔物たちと戦う
   大砲は轟いて 銃声はけたたましく
   号令のラッパだけが勇ましい

歌い手の十島育生は、少年の頃に戻っていた。
女を知らない、自分が男であることも知らない、12歳の夏。

   なぜ気付かない? 既に人は土の下
   なぜ気付かない? 魔物もまた人であること
   誰か 誰か 永遠の安息を与えてください
   冥府魔道に呑み込まれた彼らの魂を救って下さい

ギターを鳴らす海路宣夫は、音楽を好きだということを思い出していた。
その横顔を見て、若葉緑里はドキッとしていた。別人のように思えた。

   全ての肉あるもの 全ての血あるもの
   人も魔物も赤い血を流し
   ただ地獄だけが勝利する
   死者は眠ることさえ許されず
   苦しみと 怒りと 嘆きが聞こえる
   この愚かなる戦いが終わるまで!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年11月09日 16:43
火剣「カイの母親はエス研とは無関係の一般常識人」
コング「そうかな。僕の推理に狂いがなければ、カイの母はエスパーだ」
ゴリーレッド「うーん・・・コングもたまに当たるからバカにするのはやめておこう」
火剣「案ずるよりも産むが易し」
コング「有無も言わさずバッコンバッコンして産めや増やせや」
ゴリーレッド「ブレーンバスター!」
コング「だあああ!」
ゴリーレッド「不謹慎にもほどがある」
火剣「12歳の夏か」
コング「性別も感じなくなる瞬間というのは永遠にないと思うが」
ゴリーレッド「少年の心は大事だ。緑里がカイロにドキッとした」
コング「よし、今度はカラオケにヒロインを連れて行こう」
火剣「コングとカラオケボックスに入る勇気ある女はいない」
ゴリーレッド「完全な密室ではないが居酒屋よりもはるかに危険だ」
コング「マイクと電マが似ているので、」
ゴリーレッド「喋らなくていい」
火剣「蛹田中佐も胸を躍らせたか。歌には魔力があるかもしれない」
コング「緑里はカイロにドキッとしても、真由良は今さら育生にドキッとはしないか」
ゴリーレッド「真由良は常に冷静に全体観を見ている。エスパーに加え始末屋なら、鋭さはゴルゴ13並だろうから」
コング「ゴルゴ13もレスリングは強かった」
ゴリーレッド「それしかないのか話題は?」
コング「なーい!」
火剣「しかし何度聴いても凄い歌詞だな」
2014年11月09日 23:14
>火剣さん
そう言えば「家族八景」でも、地味に見えた咲子が、実は・・・という場面がありましたね。同じくこちらでも、真相は曖昧にしておきます。
さて、育生と宣夫のセッションが実現し、カッセルの鎮魂歌ふたたび。それぞれが想うことは・・・。

山田「エスパーでなくとも、直感に優れた人かもしれない。」
佐久間「テレパシーと直観力の境目も曖昧だな。いちおう別物だが。」
八武「亜衣・・・麻衣・・・」
山田「壊れたステレオか?」
八武「カラオケルームに連れ込みたい女子を思い浮かべているんだ。」
維澄「連れ込むという表現が既に。」
山田「今のうちに始末しようか。」
佐久間「やめたげて。」
神邪「そうだ、いいことを考えた。マサキにウルトラソウルを歌ってもらおう。」
山田「ほら見ろ、これが健全な発想だ。」
佐久間「お前は神邪が健全なときだけ味方するのな。」
神邪「こんなときでも冷静になれるあたりが、闇の世界で生きてきた貫禄であると共に、日常に溶け込めない部分なんですね・・。」
山田「まだ出会って数日だ。むしろ溶け込んでいる方だろう。」
佐久間「真由良がセックス強いのは、ゴルゴ13がモチーフになっている。」
山田「本当か?」
アッキー「あ、それは本当です。佐久間さんはよく嘘をつきますが、これは本当です。」
佐久間「余計な言葉が多い。」

この記事へのトラックバック

2019年11月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード