女騎士隊長(1巻分)

2巻の発売いつになるか分からんので
とりあえず1巻分の感想とか何とか出しておこう。

天原さんとアッキーの共通項を簡潔に説明すると、
例えば「美女と野獣」の野獣は、王子より野獣の方が
イケメンだという感性とか、そこらへん(雑説明)

そしてサキュバスは性技。みんな知ってるね?



◎1話

しょっぱなから社会の真理を見た。
「恐怖症博士」並みの初弾クライマックス。


◎2話

「嘘は言ってない」メイル隊長の
こじらせっぷりに泣くこと必至。


◎3話

一見すると、引き続きメイル隊長の
こじらせっぷりを描いた話だが、
注目すべきは一瞬で地面に根元まで剣を突き刺す膂力だ。

「さすが国最強の騎士隊長・・・剣腕が違う・・・!」


◎4話

ギャグっぽいように見えて
やはりメイル隊長の達人っぷりに感嘆する話。


◎5話、6話

シルビア姫の登場。
この時点で既に親しみと好感の持てるカリスマ。



◎7話、8話

目に悪い回と心に痛い回。


◎9話、10話

結果的には集団風呂で良かった・・・?
いや、良くはないが、助かった話。


◎11話

とてもつらい。


◎12話

とてもえろい。
何だかんだハッピーエンド。
まだ終わらないが。



◎13話

うっ・・・ぐすっ・・・・・・(泣


◎14話

わかりみ。ううっ・・・(泣


◎15話、16話

クッコ・ローセ教官の登場。
いっとう好みのキャラ。この教官になら教えを乞いたい。
なんかもうアッキーの好きな要素が詰め込まれている。


◎17話

というか、未練が無くなり過ぎて
過剰に張り切った結果なのでは・・・?
床上手も考え物かもしれない。


◎18話

しかし33歳のメイル隊長が新人の頃から教官やってて
既にくっころ3回分を体験した後であることを考えると
ローセ教官、普通に考えて40は過ぎてるので更に飯が美味い。
イイ女は老いないという都市伝説を体現する存在。

もしかして → サキュバス



◎19話、20話

エメラ姫の登場。私も苦手なタイプかも。
いや、純情うんぬんでなく勉強うんぬんで。

そしてシルビア姫やっぱ好きだわ・・・。
見習いたい、この発想。


◎21話、22話

キューバでゲイが軍隊に入れなかったのを思い出す。
この時点では心ぐんにゃりする話だったが・・・。

ちなみにレイズも達士なのに、
それを一撃で沈めるメイル隊長の膂力たるや。(伏線?)


◎23話、24話

もはや慰めの言葉すらかけられない・・・。

しかしレイズが、セクシャリティーでなく向き不向きを自覚して
自分から諦める展開になったのはベネ。
ぐんにゃりしていた心が晴れる。(※だが祭りは雨天中止だ)



◎25話、26話

メイル隊長が一番セクシー。
壁尻ではなく鎧を脱ぐ仕草とか色々。
下品なようでいて淑女らしい仕草が身についているのよな。

そしてエメラ姫やっぱ苦手だわ・・・。
何気にメナ副長の有能っぷりを認識する回でもある。


◎27話

「ローセ教官回にハズレ無し!」をモットーとする私です。

まがりなりにも装甲を纏った相手に
軽装の人間が気おくれしている時点で先は見えていたが・・・


◎28話

・・・案の定、一網打尽。
まあ、あれだけ装甲つけた状態で多人数相手に立ちまわれる
メイル&メナが異常に強いんだけどさ。

「せめて集団で格上の相手をボコれるくらいには仕上げなさいよ!」は
かなりの名言だと思う。
モブ兵士の存在意義というかね・・・。

それにしても、この王国には変な人しかいないのか(今更


◎29話、30話

このあたりで若干エメラ姫への苦手意識が減る。



◎31話、32話

かつてなく悲惨な話。
現実・・・これが現実・・・。


◎33話、34話

かつてなくえろい話。
敢えてシルエットなのが良いですよね。


◎35話、36話

現実・・・・・・これが現実・・・・・・
人生、したい勉強をするのが一番ってことよな!



◎37話

他の隊長たち登場回。
この時点ではメッチャ仲悪い印象だった。
そして全員(独身)って紹介されてるのが
“高嶺の花”の現実・・・これが現実・・・。


◎38話

流石のシルビア姫。やはり有能か・・・。
(※だが本人は後で後悔することに)


◎39話

リアルの宿命。
サブタイトルが全てを物語る。


◎40話

おじさんたち・・・お前ら、まじで仕方ない野郎だな・・・。


◎41話

お前ら仲良いな!
本当は仲良いのか!


◎42話

尊厳? そんなものは犬に食わせた(フローレル隊長への回答)



◎43話

目つき悪い方が好みだったが、
睡眠不足が原因となると複雑。


◎44話

後悔するシルビア姫。
(※だがすぐに立ち直る)


◎45話

人には向き不向きがある。
達観しているメイル隊長の顔が素敵だが泣ける。


◎46話

子供あるある。
隊長たちには悪いがエメラ姫に親近感。


◎47話

堅物フローレルと、融通の利くメイル&ザラが対照的。
こういう“比較”の話って好きさ。

正義? そんなものはない(フローレル隊長への回答)


◎48話

確かに傭兵は「一般」ではないが、
そこまで偏ってるというほどでもないような。

ちなみに母親どんな人か気になるんだぜ。
あのシルビア姫が顔があがらない・・・だと・・・?



◎49話

紹介文で、あらためて高嶺の花っぷりが窺える。
ちなみにエロに関しては、
ザラとフローレルが感性の一致を見ている模様。


◎50話

とてもつらい。


◎51話、52話

エメラ姫への親近感ぱねえ回。
かつては私も、こういう子供だった・・・。
スケベをスケベと理解しない感、覚えありすぎてつらい。


◎53話

やはり有能か・・・。


◎54話

風呂場の遊びがお腹の子に悪く、
ナレーションが私の腹筋に悪い。

・・・というかエメラ姫、
もしかして姉の本性ちゃんと知ってるのでは?
知った上で尊敬してると思うと好感。



◎55話、56話

ぬいぐるみの絵が的確だと思うわけで。
クリムゾンで、もしやと思ってオイスターで検索すると
成程そういうことか・・・。知らんかった畜生・・・。

とてもえろい。
とてもつらい。
そしてザラ隊長の強かさを見た。


◎57話

大変ですね・・・(他人事)


◎58話

・・・いや、あんたら自分たちが高嶺の花ってこと忘れてません?
王国の隊長クラスに目を付ける度胸がある奴が
下着泥棒とかするとは思えないんだが、それは・・・。


◎59話

謎が解けた。
とてもつらい。

だがナマコ隊長が可愛いので良し。


◎60話

良い感じで締めくくってるなァ・・・。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月09日 01:40
笛吹に二次作品があったので推してみる
まあ原作の方を知らないんで出来がどーだこーだとかは言えないんですが多分良作
アッキー
2019年08月10日 00:09
「うすい」でなく「ふえふき」だと気付くまで時間を要した罠。
原作と雰囲気は違うけれども、これはこれで良いものだ!
特にローセ教官との語らい。まさにそういうことを教官に言って欲しい理想が体現されていて・・・。

この記事へのトラックバック

2019年11月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード