てぃんくる 1~4話

相変わらず低気圧が散乱する日々ですが、
目を通したい作品が多くて困る。
興味関心に体力が追いつかない。
人は大人になっても決して夢を失わない。
失われるのは体力なんだ。
大人になるって悲しいことなの。


・・・・・・相変わらず鬱々としてますが、
前フリということにしておこう!(自己暗示)

というわけで「ジュエルペットてぃんくる」
少しずつ視聴し始めておりますが、
なるほど、「夢を諦めないで」よりも
「夢を恥ずかしがらないで」の方が良いなあ。

主人公、優秀な姉に劣等感という触れ込みですが、
どっちかというと姉貴の方が普通っぽいような・・・。
凡庸ではないけど凡人というか、
なんか雰囲気が私の妹に似てるんだよねぇ。

ああそうか、ノーカオスだけでなく、
ノーレインボーライブというのは、こういうことか!
やられた、巧妙な伏線だ!(恒例の)

それでも、あかりに対する周囲の評価は色々おかしい。
ミリアに至っては白内障かってレベルで
見えている光景と評価に差がありすぎるよ!

隣の席の彼は、あかりのことが好きなのかな?
なんとなく微妙な仕草で、そう感じる。
他の女子に囲まれてしまって、
あかりは残念がるの当然だけど、
彼の方も面白くなさそうな顔してるしさ。

女子に人気あるのに隣の席が空いてるのは
ゆうま君が頑張ったからではないのかな?
男の子は誰でも未確認動物なんだよ!


ニコラ君、登場早々やられキャラフラグが・・・と、
あ、あれ、あかり&ルビーからの印象はメッチャ悪い?
「ジュエルペットではない可能性があります!」ババーン
とか、「な、何だってー!」(MMR)と返したくなる、
なかなか面白い奴だと思うんだけどな。

何気に実力あるし(飛ぶ教室!)
秀才だけど、より優秀なレオンに劣等感を抱いていて、
この背伸びしたい様子とかね、色々ね、
あかりが感情移入する要素は多いと思うんだが。

そりゃまあ、“嫌な感じ”ってのは分かるけど、
むしろミリアに対して感じるんだが、それは。
初対面でモラハラから始まり、
スクールカースト圧力かけてくる、この感じ、
吐き気がするほどトラウマが膿んでくるわ。

「高杉さん家のおべんとう」でも
香山の娘の方は最後まで嫌いだったなあ・・・。

あれをスルーしておいて、
ニコラ君には露骨に嫌悪を示すって、
私すごく「えーっ?」って気分(マルくん


ラブラはの方は、真相が判明すると、割と納得。
各自の魔力を無差別に増幅するから、
それが物的な破壊となるわけだ!

そういえば泣くのは必ず複数が揃っているときだった。
私は基本「問題児にも同情すべき過去が~」みたいな話は
かなり嫌いな方ですが、伏線だったのか・・・!


みんなの兄貴分レオン先輩は、
登場時は残念なイケメンかと思っていましたが、
実は優秀なイケメンだった!

女の子の前だから、カッコつけたくなるよね。
男の子だからね!

教室を元に戻したり、地味に火消しやってたりと、
実力も気配りも出来る男。
ミリア、そこをどきたまえ(笑顔


・・・いやまあ、4話まで観たら
ミリアへの好感度アジャストするかと思ったけど、
むしろ悪化したような。バッキ☆バキ。

とりあえず、火の玉を止めた件は、
レオンの仕事や、あかり&ルビーの頑張りは
どうなってるのっていう・・・。
いちおう成績に加算されたらしいけど。

まあ、上級生ほどクラスアップしにくいとか、
累積ポイントの関係とかで説明できるにしても、
もやっとするぜ!

いやまあ、ハーライト先生は実力者なので
彼女は現在のハイライトですらある。
レオン兄ぃですら、まだ力の無駄があるのかと
思わせる、ベテラン教師の貫録な!

強者が言えば、印象も違うんですよ。
ほら、遊戯王GXのクロノス教諭だって
問題児ほど印象深い的なことは言ってたし?


・・・まあ言うまでもなく、
問題児が問題児というだけで優遇されるのが
死ぬほど嫌いなのは変わらないんですが。
手をかけるのは良いけど、優遇は違うだろ。

ああ、嫌だなあ、問題児が甘やかされて
真面目な人の意見が棄却される、この流れな・・・。
知ってる。散々の散々に知ってる。
だから“学校”は嫌いでな。


いちおう、“子供扱い”ってフィルターかけると、
まだ理解できなくもない。
つまり沙羅だけがミリアを、お子ちゃまではなく
ひとりの人間として接してるってことよなあ。

・・・その理屈だと、私はニコラ君を
子ども扱いしてるという話になってくるかもですが、
私はショタコンではないのでセーフですよね。

それと、外に出た火の玉が多すぎるのと、
怪しい影がいるのを合わせると、
余剰分は不審者が放火した可能性が浮上する。
だとしたらミリアは汚名返上ではありますが、
でもなあ・・・。


なんにしても、まだメイン張ってないにも関わらず
既に沙羅さんに目が行く私。
トランプタワーならぬブックタワーとか色々、
この滲み出る中二感も、好きな感じ!

「それは違うんじゃない?」って引っかかる箇所を
丁寧にツッコミ入れてくれるしな・・・。
思えば「新入生と同じレベル」ってのも、
実質「(あなたが馬鹿にした)新入生と」って意味だ。

そんな沙羅さんのメイン回は5話か!
次回予告だけで既に面白そうだぜ!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

豆戦士
2019年08月21日 00:12
……うん。そのあたりでアレすんじゃないかなーとは正直思ってた!
あくまで序盤だから……あかりちゃんや沙羅ほんま愛しいから……。とは思いつつも、最後まで引きずったらまぢごめんねぇ……。

どうしてもアレだったらすっ飛ばしてサンシャイン行くも可です。てぃんくるからのギャップがあってこそ最大限に爆発する太陽! みたいな意図はありましたが。
(そっちは地雷ないはず……と思いつつ、何かしらの予期せぬ地雷に引っかかるんじゃないかと気が気じゃないが!)


私もぶっちゃけ「問題児が優遇~~」とか、なんなら「数学嫌いな主人公」とかは好きではないですが、それがメインテーマでもない限り全体の評価に影響を与えることは左程ないからな……アッキーさんにとってのソレを過小評価しがちではある。たぶん。

プリパラのひびき様のときとか、正直まったく予想してなかったからな!

レコメンドはかように難しい……。
豆戦士
2019年08月21日 00:20
ぶっちゃけ、その地雷、回避するの非常に難しいんだよ!w

キッズアニメで、学校が舞台で、タイプの異なるキャラクターを何人も配置しなきゃいけない、ってなったら、1人2人はバランス的にどうしても!
調子乗って問題おこしたり、何かしらやらかすキャラがいないと話まわしづらいし!
(誰視点で話をしているのか)

そのディスアドバンテージを抱えたうえで、良評価に昇華できるか……!
豆戦士
2019年08月21日 00:24
ところで、カオスアニメといえば(?)、以前勧めた人造昆虫カブトボーグVxVどうでしたか?

とくに感想もなかったので、かすりもしなかったかー……、と勝手に思ってましたが、
(とりあえずカオスなホビーアニメを勧めておけば安泰じゃないんだな! と勝手に自己完結した)

そういえば正確なところを訊いてなかったなーと思い。
理由がフィードバックできればレコメンドの精度をあげられるかもしれない……!


……とか言いつつ、結局そのへんのことはガン無視して己のエゴのみで勧めちゃう気がしますがな!
アッキー
2019年08月21日 01:51
>豆戦士さん

続きを視聴しているところですが、最後まで引きずるかどうかは、まだ判断つかないところです。
ひびきちゃんは3期で持ち直したし、他の例としてはGX4期で十代とか、漫画だと「浅尾さんと倉田くん」に出てくる斉木さんとか、数学得意ってだけで好バイアスかかる魔法。

地雷回避が難しいって理屈も凄く分かるんだよ・・・!
クリエイター視点で考えると、物語の起伏だけでなく、いろんなキャラを描いてみたい心理も死ぬほど理解できるのです。
そもそも私だって、勉強苦手なキャラとかも描いてるので、そういうキャラが登場するかではなく・・・うーん、そのあたりは考え纏めて次かその次記事あたりで。
アッキー
2019年08月21日 01:52
そういえばカブトボーグは概要こそチラホラ見たけど視聴してなかった。
というのは、豆戦士さんから先に薦められてたら即視聴コースだったのですが、当時しつこく粘着されていた奴に先に薦められたので二の足を踏んでいた経緯があったのです。
いやホント自分でも損な性質だと思うのですよ。作品それ自体が好みであっても、現実の人間関係とかでブレーキになるとか、これが初めてでもないし、未だにブレーキかかったままの作品も色々・・・。

・・・で、ついさっき1話前半を観てきたのですが、密度ヤバい!
色々あるのですが、例えば戦いに赴く主人公を想ってヒロインが泣き崩れるシーンで爆笑させられるとかホント楽しい。ヒロイン(※初登場)というだけでシリアスが真逆に捻じ曲げられる!
これは買って損は無さそうだ(アクセル)

その前にサンシャインもありますが。
1話のサムネイル見ただけで既にヤバい予感(良い意味で)


豆戦士
2019年08月21日 20:38
> そもそも私だって、勉強苦手なキャラとかも描いてるので、そういうキャラが登場するかではなく・・・

あ、すみません、ちょっと雑に書いてしまいましたが、登場するかどうかというより、それが肯定的な価値観として描かれている感というか、なんというか。
みんな大好きGXの佐藤先生回(?)

いやまあ、じゃあ「弱いものいじめ最高! ひゃっほう!」みたいな主人公が大活躍する作品が嫌いかというと、そうでもないですが。言語化むずいな……。

そのへんの地雷をさておいても、てぃんくるを勧めたのは私としてもわりと挑戦的な一手。
地雷関係なく「いや……普通に……普通じゃね?」みたいになったら、色々ごめんなさい。

……まあ、失敗したら失敗したで、そこで50話貯めた分だけ、サンシャインの爆発力があがるだろうという第二手もふまえてのオススメだがな!


豆戦士
2019年08月21日 20:47
未視聴でしたか!

まあ、そもそも、TVアニメって時点で(小説や漫画と比べて)数が非常に限られるので、どうあがいても被るのよなぁ……。

カオスアニメを勧めようと思って、プリパラを挙げない奴はいない。

……や、まあ、有名どころを避けようとする中二心とか、例外は色々あるだろうけど……。

-------------------

というわけで改めてカブトボーグの魅力をご紹介しておきますと、

遊戯王のカオスなところだけ煮詰めたキッズホビーアニメだ! 以上!

……いやまあ、実際は深夜アニメであり、正確なところは「キッズホビーアニメのパロディ」なのですが、
とはいえ、「深夜アニメなのに、全日帯のアニメと同じように1年間(約50話)やる」という、その一点だけを見ても極めて力の入った力作です。

第1話の「いきなり26話くらいが始まる」から始まり、毎話毎話、手を変え品を変え、いかに頭のおかしい展開を狙って繰りだすかに全力投球した変態、もとい作品です。

プリパラが天然モノの頭のおかしさなら、こちらは人工モノの頭のおかしさ、という私評(人工が天然に劣るというニュアンスは含まない)。

良くも悪くも、マジでメインストーリーというか「本筋」にあたるものがほぼないため、数話見て面白ければずっと面白いです。たぶん。

ちなみに、サンシャインのほうにはメインストーリーちゃんとあるよ! プリパラくらいには(?)
主人公まわりの恋愛模様とか、意外なくらいに攻めたことをしている。
アッキー
2019年08月21日 23:06
>豆戦士さん

それです、まさしくそういう感じの話でして。
作中の流れや結論で肯定されてるかどうか。

特に、勉強ばかりだとか、服装センスがどうのとか、リアル小学生時代に言われて悔しかった数々のトラウマワードが、スルーされたまま「仲悪い→仲良し」ってなるのはね・・・。

例えばこれが、「本当はハイセンスだと思っているが、ケンカなので憎まれ口を叩いている」とか、「同じような目に遭い、痛みを知って謝る」とかだったらって思うんですよ。

・・・とはいえ、地雷部分を除くと面白いんですがね!
そのあたりは次記事とかで。


カブトボーグ、深夜放送だったのか!
初出要素に塗れているにも関わらず、すっごい分かりやすく理解できたのですが、これがパロディ効果!
自分の中に「キッズホビーアニメ」の枠型が厳然と存在していて、それを丁寧に引き出してくる手腕といったら。

こっちは嫉妬心が湧いてくる、面倒な性分。それが私!


2019年11月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード