三国志Ⅵ 戦術モード&ショートシナリオ

最近(ここ半年や1年)やり込んだゲームは
NAROUファンタジーだけではない。

三国志Ⅵのメインシナリオは、
“歴史シミュレーション”としてはⅤより良いが、
かかる時間も冗長になりがちで、
“ゲーム”としては一歩劣る印象だ。

しかしながら、一騎打ちが面白くなったのと合わせて、
戦術モード、ショートシナリオの面白さにこそ
ゲームとしても本領があると考える。





<戦術モード>

物語を知っていれば、戦略が立てやすく、
初見殺しを回避しやすい。



◎曹操編

全体的に難易度は低いが、油断は禁物。
参軍は有能、武将は勇猛な粒ぞろいなので、
混乱させて一騎打ちに持ち込むのが常道か。

1、定陶の戦い 難易度★★ 規模★★
呂布との戦い。部下を殲滅すれば士気で勝てる。
偽伝と一騎打ちを組み合わせると安定する。
挑発で呂布を引き寄せて占拠もアリ。

2、白馬の戦い 難易度★★ 規模★★★
兵士数の差に驚くが、袁紹軍の内訳を見ると・・・?
物語を知ってるかどうかで難易度に差が出る。
なるべく曹操に敵部隊を隣接させないのが無難。

3、官渡の戦い 難易度★★ 規模★★★★
袁紹との決戦。軍師の進言に従えば勝てるので
難易度は低く設定したが、スリルは保証する。
まともに守り切るのは困難で、およそ圧殺される。

4、潼関の戦い 難易度★★ 規模★★★
馬超は無視して部下を殲滅すれば士気で勝てるが、
兵士数の関係から、呂布戦と違って殲滅も割と可能。
若干の初見殺し要素があるので、やはり短期決戦推奨。

5、荊州攻防戦 難易度★★ 規模★★★
関羽との因縁めいた決戦。オープニングは必見。
戦術モードでは唯一の守城戦なので、
各城門を守り、龐徳を遊軍として暴れさせれば安定する。



◎孫策編

やや難易度は高く、ステージに合わせて
柔軟にプレイングを変えていく必要がある。
初見では苦戦する要素が多い。

1、牛渚攻防戦 難易度★★★ 規模★★
攻城戦なのに、兵士数で劣る。
まずは参軍コマンドを使うべきだが、苦戦は必至。
破壊する城門を間違うと、兵士数の差で詰むかも。

2、江夏の戦い 難易度★★★ 規模★
シンプルなだけに選択肢が少ない。
どれだけ早く蘇飛を処理できるかで天地。
凌統が暴走することも多く、意外と難しい。

3、赤壁の戦い 難易度★★★ 規模★★★★★
前のステージと規模は天地だが、難易度は大差ない。
とりあえず敵増援の大将は優先的に倒すと吉。
水軍兵を率いてはいるが、本陣を守る方が良さそう。

4、濡須の戦い 難易度★★ 規模★★
相手の部隊数が少ないので、本陣を守れば勝てる。
色気を出して曹操を打ち取ろうとしなければ大丈夫。
最終ステージの練習。

5、夷陵の戦い 難易度★★★★ 規模★★★★
まさに“戦術モード”の名に相応しい決戦。
移動で地形を利用した布陣を敷いて、火計ラッシュ推奨。
援軍が来るまで持ちこたえれば優劣は逆転する。



◎劉備編

平均難易度はモード最大を誇る難関シナリオ。
勢力の君主よりも、
ナンバー2的な将軍と戦うことが多い。

1、博望坡の戦い 難易度★★ 規模★
孔明の初陣と言われるステージ。
とりあえず偽伝は使って、
あとは関羽と張飛の武力に任せて守り切ろう。

2、雒城攻防戦 難易度★★★ 規模★★★★
難易度上昇。張任の守る堅固な要塞。
初見殺し要素が多く、本隊・援軍ともに要注意。
本隊は敵本隊、援軍は敵救援を相手にすると安定する。

3、定軍山の戦い 難易度★★ 規模★
明らかに援軍が来る構図なので、焦らないのが肝要。
兵糧を狙ってくる部隊を叩き潰してから援軍と合流しよう。
一騎打ちで夏侯淵を倒せるかどうかは運次第。

4、南蛮征討戦 難易度★★★★ 規模★★★★
難易度急上昇。孟獲と愉快な仲間たちによるガチステージ。
一騎打ち組と火計組に分けて戦い、そのうえで
刻一刻と変動する状況に、的確な対処を求められる。

5、祁山の戦い 難易度★★★★★ 規模★★★★
難易度最高潮。鉄騎兵の恐ろしさを存分に味わえる鬼畜ステージ。
徹里吉が到着する前に挑発から本陣占拠を狙うか、
山岳で鉄騎兵を待ち受けて士気ゼロを狙うかで戦略が変わるが、
いずれも高い難易度を誇る。



◎司馬懿編

先の3シナリオを全てクリアすると解放される。
仲達のファンが増加すること間違いなし。
計略の存在は重要。

1、街亭の戦い 難易度★★ 規模★★
隘路は本陣付近のこと。火計と偽伝が猛威を振るう。
よく馬謖が焼死するが、どのみち処刑されるので割り切ろう。
魏延には若干注意。彼が来るまでに勝負を決しておきたい。

2、五丈原の戦い 難易度★★ 規模★★★★★
演義ではクライマックスだが、ステージでは前座。
ただし油断は禁物で、偽伝で足止めしておこう。
武力などの関係から、一騎打ちは推奨しない。

3、襄平包囲戦 難易度★★★★ 規模★★
難易度が爆上げ。援軍必至かと思いきや来ない。
部隊数の差で勝るので、挑発で城外へ出させて
偽伝と一騎打ちで速やかに片付けよう。
閉じ籠もられては、とても勝てるものではない。

4、寿春攻囲戦 難易度★★★★★ 規模★★★
アホかと言いたくなる兵力差。しかも敵には救援も。
こちらの増援より敵の救援が早ければ詰む。
破壊する城門を間違えても詰む。

5、呉討伐戦 難易度★ 規模★★★★
最終ステージの難易度に恐々とするプレイヤーを
おちょくる為に用意されたが如しボーナスステージ。
兵力、部隊の数、武将の質、すべてにおいて凌駕する。






<ショートシナリオ>

実際の歴史を変えてしまう勝利条件も多く、
“ゲーム”としての感覚が重要になる。



1、義勇軍初陣 難易度:初級
ガイドブックにもあるように、
兵を徴募して攻めるだけ。
武力と兵種の関係で楽勝。

2、呂布討伐戦 難易度:中級
呂布を倒すだけなら、さほど苦戦しないが、
オープニングの進言に従って袁術まで倒すと
以外と消耗が酷くなる。偽帝、侮るなかれ。
部下は優秀だが数が多く、慣れないと手間。
都市数の条件を達成するなら上級難易度。

3、河北の統一 難易度:中級
これまたガイドブックにある通り、
兵種と地形の差で北を制圧するのが吉。
それなりの理解力は必要だが、見た目よりは易しい。
ただし官爵を得る勝利条件を達成しようと思えば
曹操と全面衝突になるので厳しい。

4、皇帝袁術 難易度:上級
爵位の関係で有力群雄なのはメインシナリオの話。
ショートではジレンマに悩まされること必至だ。
寿春を放棄してでも曹操を滅ぼさねば明日は無い。
期間と支配都市の数は、帝都建設費用に妥当。
苦労する割に、エンディングはしょっぱめ。蜂蜜欲しい。

5、赤壁の戦い 難易度:初級
ひたすら兵士を集めて攻めるだけで楽勝。
ショートシナリオというよりは、
ガイドブックにもある通り、イベント閲覧用。

6、復讐の馬超 難易度:中級
とにかく期間が短いので、騎兵を徴募したら
即座に長安に全兵力を結集させよう。
韓遂が味方にいる頃なので戦力的には申し分ない。
エンディングも見どころ。

7、出師の表 難易度:中級
本拠と補給線を維持する兵力を残して、
残り全ての兵力を漢中と武都に結集。
孔明の統率を活かして徴募し、
魏延など武力の高い面々を率いて長安を獲る。
その後の展開は楽だが、
多少の時間を要するので中級とした。


8、白馬長史 難易度:上級
勝利条件は、いずれの達成も困難だが、
特に騎兵・鉄騎兵10万は、烏丸と襄平まで含めても
とても収入が間に合いそうにない。
まずは史実通り、劉虞を倒すべきだが、
その後は北ではなく、南の袁紹を狙う。
ある程度の収入を得てから増兵し、それからだ。
その頃には、従属下にある劉備も兵力が増えて、
共同作戦も受けてくれやすい。
鄴を奪取できなければジリ貧は必至だ。

9、小覇王急襲 難易度:中級
これもIFシナリオであり、タイトル通り
強襲していくプレイングが求められる。
許昌まで突き進まないと話にならないので、
対劉表の防衛ラインは廬江まで下げる。
曹操の対応が整う前に突き進め。

10、袁家駆逐 難易度:中級
やたらと兵力差があるので難しそうだが、
実際やってみると思ったほどではない。
袁家は武将の数が少なく、質も低下してるので、
偽伝と一騎打ちが猛威を振るう。
後半になれば、都市に武将がおらず、兵力吸収オイシイ。
戦力を整えている間に袁家が同士討ちすることもあり、
おそらく実際の歴史も多分こんな推移だったと頷ける。

11、北伐強行 難易度:中級
ほとんど「出師の表」と同じ条件、状況。
攻略法も特に変わらない。
最終的に鉄騎兵を相手にする必要はあるが、
必要十分な兵力を確保するには困らない。

12、諸葛誕決起 難易度:中級
プレイヤー群雄は一都市で武将も少なく、
対する司馬昭は大陸を縦断する勢力圏。
さぞかし難易度は高い・・・と思いきや、
敵勢力の武将密度は薄く、北方の都市などは
武将が無人ということも多く、意外と楽なシナリオ。
まずは共同作戦で下邳を獲り、
武将不在の都市を落としていけば兵力は十分。
そのまま支配都市数の勝利条件を達成してもいい。
部下は少ないので、捕虜登用で増やしていきたい。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年11月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード