佐久間闇子の帰宅

窓を開けた教室に、爽やかな風と蝉の鳴き声が流れていた。 整然と並べられた机の群れに、傾き始めた陽射しが影を作る。 黒板消しをクリーナーにかけて、少女は粉を拭き取り、息を吐く。 いつもながら、緑色だというのに黒い板とは疑問だ。 しかし彼女の漆黒に流れる髪も、光を弾いて緑が闇を映える。 「それで、何の用?」 少女は13歳という年…
コメント:0

続きを読むread more

2019年08月
            1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード