てぃんくる 45~48話

 
◎45話 ルビーとラブラのラブラブ大作戦!

レオンを虜にした惚れ薬ふたたび!
そんなものを使わなくてもレオンは貴女に
メロメロだと思いますよミリアさん!
奴は紳士だからな。節度を保っているんだ。

ルビーとラブラは、祐馬くんが
あかりちゃんを好きだということは理解しているが、
「もっと好きになってもらう為」に作戦を決行!
もう既に嫌な予感しかしないッ!
ほらあ、伝達ミス! ああ、窓に、窓に!(錯乱
図書室? 違う、屋上だよ!
エイプリル・デー! エイプリル・デー!(5月です


あかりちゃんも謎のアイドルファンに通せんぼされ、
いつの間にかチョコレートを置き忘れ、
勘違いした男子たちに食われていた・・・。
解呪するまで貞操を守り切れ!
シンデレラが零時に帰るのは、
魔法の有効期限ではなく貞操観念だって説がある。

ライバルが多いのは、お互い様なんだと思うんだ。
あの男子たち、奇行の数々は薬の効果だとしても、
置いてあるチョコレートを勝手に食べたのは
魔法とか関係ないよね?

ジュエルランドには悪い魔法なんて無いという話を
蟻の母に捉えれば、あの惚れ薬は
控えている恋心を表面化する効果だと推察される。
前にミリアが自分で食べたときも
別にナルキッソス状態になってなかったし、
今回サンゴが齧ったときも、不味さに失神しただけだし。
祐馬くんが飲んだ場合も見てみたかった(殴


なんやかんや、すんでのところで思い出すラブラ!
良かった、間に合った・・・!
チョコボ2に出てきそうなチョコ(?)は
やはり伏線だったか・・・。
見てて飽きない、それが桜あかりの良いところさ!

だが・・・

視聴者は・・・

思い知った・・・

桜あかりの赤面症が、聴覚を狂わせることを・・・!
せっかくの返事を聞いてなかったという
超絶もどかしい結末をうあああああああああ!!!



◎46話 マジカル頭脳パワーエンジェル!

気を取り直して、グランプリ再開!
決勝トーナメント第2試合は、知を競うステージ!
知識と魔法、いずれにも卓越してなければ覚束ない、
ビバ=ノウリッジな対決!(メガネ的な意味で)
予告の時点ではインスタントかと思いきや、
ガチバトルだったんだぜ。
ジョリメリちゃんの服装に変身しなければならない
沙羅さんの羞恥が最高じゃないですか!(殴

ニコラ君、やっぱ沙羅さんに惚れてるのね。
しかし早くも浮気ー、浮気でちゅかー?
チターナ先輩、もっと叱ってやってください!

お互いに即解のハイレベル対決なので、
後半は引っかけ問題が多くなっている?
ラスト問題は、どうやって魔法で表現するのかで
引っかけではないかと疑ったわけか・・・。
抽象的な問題は難しいんだ。


技、知、続く第3試合は、力のステージ!
過酷さを増していく決勝トーナメント、
野外バトルに縺れ込むとはなあ。

パートナー不在でも魔法が使えるのは
ダイアナだけではない、とばかりに
ジュエルペットの間では有名らしいフローラ。
雰囲気は穏やか、魔法は鋭敏。これは強い(確信)
野外へ逃走し、分身まで使ってくるとか・・・。

魔法のパワーと、探索の根気が必要な、
これまた難関の対決でした。
校長たちが水晶玉で見ているので、
どのみち不正は出来ない。エムゼロ理論。
マリアンヌが真の誇りを持ってるかどうかが
試されていたんだよ、ルビーさん。


第4試合はレオンVS・・・やはりアルマか!
バッデスト以外にも願いを叶える手段は
ジュエルスターになることだからな!



◎47話 恐怖の霊歌を奏でましょう

アルマ「私は・・・ジュエリーナ様を跪かせる・・・」

いやいやいや、いやいやいやいや、母親の復活は!?
その考えはバッデストに人格が支配されている!
あのとき既に種を植えつけられていたのか・・・。

バッデスト「お前が図書館になるんだよ!」

偽名は「ライブラリアン」から来てた模様。
姿が変わってるのも、変装してたとかじゃなかった。
この変貌にはドッキ☆ドキせざるを得ないんだぜ!
実にラスボス感に溢れてるジャマイカ!
ブルースフィア! ブルースフィア!

偽名的に考えると、ダイアナさんは正気っぽい。
ルビーの説得に心が揺れてるように見える。


これはレオン&ディアンに勝ち目ないなあ・・・。
いちおう直接攻撃は禁止とのことですが、
直撃でなければセーフみたいなので。

それでも今回、相手が女の子だからという理由で
手が鈍るようなことはなかったのは、確実な成長。
ある意味、アルマが相手だからの成長ではある。
ニコラ戦のときから薄々わかってたけど、
5人の中で、仲間内で戦うことに最も抵抗感あるのは
多分レオンなんですよね。優しさであり甘さでもある。


ちなみに魔法力を吸収するのは禁術というより
アルマ自身の性質だったりするのでは・・・。
生まれつき祐馬の魔法力を吸収してるのは
バッデスト関係ないわけで。

封印されている禁術は、元々レアレアが作ったので、
同じものが生まれる可能性は常に存在し続けている。
おそらくバッデストは、特定の性質を抽出して
増幅するという機能を持っているんだな。

バッデスト「私の魔法を扱うには、弱い心が必要なんだ!」

天堂地獄めいてきたぜ。
ワック☆ワクが止まらないぃいいいい!!



◎48話 宿命のライバル、あかりVSミリア!

ある意味、アルマ騒動のおかげで
あかりとミリアが気まずくならないって効果もあるなあ。
そんな余裕は無い。二重の意味で。
特にミリアにとっては今までで最強の相手。

種目はオーソドックスだが、見た目よりハードだぞ、これ。
直接魔法が効かず、触れようとすると逃げる仕様。
頭を捻る必要もあり、力も技も重要。総合力のステージ。
リボンで誘導するのは上手い。リニアの原理か。

佐野「オモロイことした方が勝つんや!」

あかりの先取点ですが、続くミリアは
ガーネットを巨大化させた・・・!?
見た目はギャグだが、理に適っているんだぜ。
猫じゃらし作戦もニンジン作戦で返されたし、
この勝負、相手の戦術を真似できるからなあ。

技では僅かにあかりが上、知恵では僅かにミリアが上、
最後に勝負を決するのは、力の勝負!

・・・良い、試合だったよ。
そして沙羅さんの悔しさが、よく分かるんだよ。
だからこそ自分のやるべきことも見えるんだよ。

“アルマを消耗させる”

沙羅の目的は、単純だが困難だ。
手の内を晒け出させるって目的もあるようだが、
そもそもアルマに、優勝する気があるかどうか。
優勝して願いを叶えるのではなく、
力ずくでジュエリーナ様に暴行を目論んでるなら
反則とか関係なく・・・ほら、いきなりこれだよ!
ハッタリかもしらんけど!

・・・というか、禁術って試合には使えないの!?
試合のルールに違反してなければ
使って構わないと思ってたよ!
ただ、審査員が揃って見抜けないとは思えない。
野放しにするよりは、試合で抑え込む判断だろうなあ。
そもそもジュエリーナ様には見抜かれるはずだし。

アルマが、どうやって出場したのかと考えると、
ジュエリーナ様の特別推薦枠って可能性が
いっとう現実的な気がするんだ。
例の開花だけでは足りない場合の二次調整として
推薦枠は用意されてるだろうからなあ・・・。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年11月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード