進撃の巨人 第121話 「ようじょ」へと走り出す・・・・・・。

今明かされる衝撃の真実(ガチで)



22巻感想
23巻感想
24巻感想
25巻感想
26巻感想
27巻感想
28巻感想
29巻感想

119話感想
120話感想



いやいやいやいや、いやいやいやいや、
うわあああああああああああああああああ!!
おぐあああああああああああああああああ!!?

もう・・・なんなの、これぇ・・・・・・
まずまず予想通りの展開を、厳かな気持ちで追っていたら、
とんでもねえ爆弾ぶっ込まれて来やがりましたぜ!?

まさに・・・“進撃”・・・なあ・・・

クルーガーの方のエレンが、
知るはずのないことを知っていたのって、
エレンの知識が混じって再生されてるからだと、
そういう演出として萌えるからこそ、
別な可能性を考えてなかったああああんん!!
(ループ説は以前からありますが)


・・・まあ待て、落ち着くんだ。

冒頭から追っていこう。
すなわちジークの言ってることは、
あながち的外れでもないということ?

グリシャはエレンが進撃を継承し、
戦いに赴くことを知っていたから、
特に何かを吹き込むこともなかった・・・

・・・とまで割り切っていたかどうかは別にしても、
エレンがグリシャに失望したのは
それ自体は本心としても不思議ではない。
某竜宮さんではないが、父親を“家畜”のように扱い、
殺戮に駆り立てるエレンの失望・・・もとい、
怒りは、実に実に頷けるものだからねぇえええ!!

駆り立てたというよりは、始祖の力で
グリシャを操ったという方が正確かもですが、
いずれにしても殺戮は不可避。
タイムパラドックスうんぬんではなく、
こいつらは殺さないと駄目だ。本当にそう思う。

フリーダは不戦の契りに人格を支配されてるとしても、
ロッドを含む、レイス家の連中は、
リヴァイの言う“豚共”の性質が凝縮されている。


初代フリッツを少々、買い被っていたかもしれない。
自己犠牲を謳っているようで、その実、
自分たちは処刑台の最後尾に並んで当然だと思っている。

エレンの見た光景が、まだ全て明かされてないので、
私の感じる怒りと重なりはあれどズレもあると思われますが、
とりあえずフリーダのセリフは特に重要ではなかったなあ。

グリシャの明かした、“進撃の巨人”の特性。
そしてエレンは、その先に何を見た?
君には何が視える? 君は何を望むの?

ようやく“何か”に辿り着こうとしている。
それが何なのかは、まだ闇の中。

可能性だけ考えるならば、進撃の特性も含めて
ジークの見た光景が、エレンの見せた幻影であるとかも
考えられなくはないですが・・・まあ流石に、ない、か。

しかしジークが、進撃の力や、その他もろもろを
まだ若干ズレて捉えているくらいは十分ありそう。


なんにしても、グリシャにとっての“息子”は、
ジークであったというのは、なかなか切ないなあ。
いったんは見限って、酷い目に遭った果てに
最後に縋るものが、かつて見捨てた息子というのが、
なんとも無様な末路ですが、
しかしジークはジークで、結局は変革者でも奴隷でもない、
シンプルなファザコンであった・・・という。

それだけ切り取ると、破れ鍋に綴蓋っぽいですが、
これってエレンが完全に置いてけぼりなんですよね・・・。
「エレンを・・・止めてくれ」って、
そりゃあ、これ聞いたエレンが、こういう顔になるの、
当然だよなあ・・・うわあ、つらい・・・メッチャつらい。
読者的には、進撃の特性が焦点なんだけど、
エレンとしては、これこそ・・・。
自分の全てを否定するような言葉だもの。

「人間の探究心とは誰かに言われて抑えられるものではないよ」
この言葉を残したグリシャは、
エレンに食われる前に、死んでしまっていたんだなあ・・・。
レイス家と相対したときか、あるいは、とっくに死んでいて、
信念の残滓が最後の力を振り絞った遺言だったのかもしれない。


・・・なんだか湿っぽい気分になっちまってますが、
始祖ユミルさんの強キャラ感がメチャクチャ滾りまくるんじゃあ!!

この、なんとも言えない表情が、たまらねえですよ!
静寂を保っていても良いと思いますが、
例えば、双眸を開いて地獄のような笑みを魅せてくれたら
ハイパー滾ってくると思いませんか!?

「妖女」へと走り出すエレン、追いつけるか?
・・・追いつけるかどうかは問題ではない気がする。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ラギ
2019年09月11日 21:49
「その巨人はいついかなる時代においても自由を求めて進み続けた。自由のために戦った」
↑実はエレンの意思の影響を受けて、進撃厨になってただけでした。

あの感動的なタイトル回収セリフが、壮大な皮肉になってない?
どうも、ラギです。

いや、グリシャ以外の進撃継承者についてはたぶん大きな介入はなくて、“進撃”単体の未来視の範疇(クルーガーはミカサ、アルミンの名は口にしても、それが誰なのかはわかってないっぽい)なんでしょうが……自由を求めていたはずが、それ自体が枷となって決められた未来に進むという、不自由状態になってた“進撃”継承者……それはエレン自身も例外ではないのかもしれない。
いつかのインタビューで、諫山先生「エレンは苦手、物語の奴隷だから」って趣旨の発言が、ここにきてまた刺さってる気がする……。


>王家関連
グリシャがフリーダたちと相対したシーン、フリーダが爆弾発言して、グリシャが切れて王家惨殺。フリーダの発言は、記憶を辿って見たエレンもブチ切れる内容だった……と思うじゃん?
実際爆弾発言かましたのはグリシャ(&未来エレン)とは夢にも思わなんだよ……王家側の発言は今までの描写から予想できた内容かつ、エレンは受け入れられない内容だったってのは合ってましたけど。
グリシャは……まあ、“普通”の人だったんですよ。お楽しみクラブで、世界を大きく変える自分に憧れてた的な。
思えば、この後幼エレンに泣きながら食われるシーンの尋常ではない様子も、未来エレンからの導き(優しい表現)への当てつけみたいなモノがあったのかな……。

>「エレンを・・・止めてくれ」
ここ、実はちょっと気になった発言なんですよね……「エレンを通してエルディアが救われる(っぽい)未来を見た」「だから、やりたくなかった子供殺しまでやった」「これで未来では恐ろしいことが起こる」「エレンを止めてくれ」
……なんか、矛盾してない?
エルディアを救うための恐ろしい未来を確定させたくないなら、エレンの指示に従わなければいいのでは……?
怖いのは、これも諫山先生はギミックとしての仕込みではないか、と思えること。グリシャが変えられないと確信しているが一縷の望みをかけてジークに頼んだだけ、でも一応通じるっちゃ通じるセリフでもあるのだけれど……。


>始祖ユミルさん
他の方の予想を見てみると、この少女は「始祖ユミルではなく大地の悪魔」説もあるみたいですね。
少なくとも始祖ユミル(&大地の悪魔)に関してはまだまだ情報が開示されてない状況。
ホント次の話が気になる展開が尽きませんな!
アッキー
2019年09月12日 00:45
>ラギさん

もうホント凄まじく意味が引っくり返ってますよね・・・!
「壁の中に入ったら所帯を持て」というクルーガーの言葉も、要するに「進撃の継承者を拵えろ」ってことになっちゃうので、この時点から家畜にされてしまってるのが、うあああああって叫ぶ。

努力も挫折も、喜びも苦悩も定められていて、どれだけ自分が不自由だったのか知ってしまったエレンの、やるせなさたるや・・・。
全てが予定調和ではないにしても、エレンに近しいほど未来が固定化されているというのは、親しい仲間と距離を置きたくなる理由として十分すぎる。
サシャが死んだ場面も、あらかじめ視ていて、一言一句違わず同じ光景だったからこそ、あの笑いと苦悶の顔だったのかな・・・とか。


言われてみればグリシャは、特別な運命を課せられていただけの、普通の人だったのですね・・・。
レイス家に捕まったときのエレンが、特別なのは自分ではなく親父だったと泣いていましたが、その親父もまた特別ではなかった。

キースがグリシャを特別視するのも、カルラの件ありき。グリシャの恐慌っぷりも、「お前の言う通りにしたのにカルラは助からなかったじゃないかあ!!」ってことだし、エレンの憎悪もカルラが食い殺されたから。
特殊な血統とかではなく、寄り添い歩んできた人生こそが特別だというのは、かろうじて救いではありますが・・・。


>しかしグリシャのセリフ
並べてみるといっそう違和感すごい!
まさかとは思いますが、「ねじまきカギュー」の二千恵理事長みたく、悪かった、愛してると言いながら、騙しにかかってる・・・なんてことは・・・・・・

グリシャ「残念でしたァ、愚者はァ、改心なんかしませぇん☆ ジャンジャジャ~ン!今明かされる衝撃の真実ゥ! 楽しかったぜぇえ、お前との家族ごっこォ~~!」
エレン「やめて父さん! 兄さんのライフはとっくにゼロよ! もう勝負はついたのよ!」(回想強制中断へ)

・・・・・・うん、流石にこれはないと思いつつも、カルラの死を知ったグリシャが、ジークの心をバッキバキに折りそうな発言をしてた、くらいは十分ありそうで。
某グッドルーザー先輩の、『心ってのはこうやって操るんだよ』『支配者ちゃん』を思い出すんですよねぇ。寄り添い歩んできた絆こそ特別というのは、救いでもあり呪いでもある・・・。


>大地の悪魔
なるほど、こんなところをブラブラしている人、ユミルさん以外にも考えられました!
思えば、少女と悪魔の対峙する絵、少女の側がユミルなんだろうと疑いもせずに見てましたが、悪魔っぽい方が巨人化した始祖で、少女っぽい方が悪魔だとしたら・・・!


2019年10月
      1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31      

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード