プリチャン82話 ~カッコいい対決!~

だいあフェス、今回の出場者は5名だが、
むしろ応援者が目立っていたという。

応援と言えばイエローエモーショナルさん、
いつものようにチアに回る・・・

・・・その上空に浮かぶ飛行船。

いやいやいやいや、デジタル化って
そういう奴じゃないから!

しかし、このアナクロというか、懐かしい感じ、
流石あんな様は私のツボを分かっておられる。

天才てれびくん、あるいは
パナソニックスクエア的な・・・。


そんでもって、応援と称して開会を飾る
我らがスワンレイクことアンジュさんと・・・

・・・その上空に浮かぶ飛行船。

いやホント流行ってんの!?

なんにしても、隙あらば目立とうとする、
それでこそアイドルってものだよな。
み~んな友達、み~んなライバル! かしこま!


てなわけで、憧れるからこそ勝ちたいって思う
すずちゃんの挑戦・・・だが、やはり壁は高い。

気合いと気負いは紙一重だし、
余裕と油断も裏表だけれど、
さらちゃんの方が、観客を向いていたからね。
すずちゃんは客よりも、さら先輩を向いていた。
その差は・・・ある・・・。

負けたら悔しい。

ある意味これは、
これまでプリチャンに不足がちだった要素でもある。
(欠けてはいないが足りてない)

いやもう私の言いたいことは
まりあ先輩が語ってくれたのですが、
悔しいって思えるのは、本気で挑んだからだよな。

すずちゃんは成長しているよ。
まりあ語を自動翻訳するスキルも獲得したし!



<世界の言語例>

◎ゴリラ語
正式名称ヒエラティックテキスト。
あたかもゴリラの声のような荘厳で崇高な響きを持つ。
マリク・イシュタール、アテムなどが話者。

◎オンドゥル語
激戦で傷ついた肉体を床暖房の利いた小屋で
癒していくかの如き発音が特徴。
剣崎一真をはじめ、多数の話者を有する。

◎邦子節
まるで川を越えていくかのような
長大に伸ばす末尾の言葉を
聞けぇええええええええええええええええええええ!!

◎スコップ
名詞、動詞、形容詞、形容動詞、定冠詞、副詞、
その全てがスコップあるいはスコップを意味する言語に
スコップされるスコップである。

◎まりあ語
可愛いカワイイがカワイイであるカワイイの
カワイイカワイイカワイイなのだ。
すなわちカワイイはカワイイであり世界を救う。証明終。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30               

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード