プリチャン83話 ~200年後の君たちへ~

やっぱりOPのVだいあさんは
より表情豊かな印象がある・・・?
なんにしても、新規OPとEDは良い。


というわけで、幻の本を求めて
神保町・・・もとい、キラ保町へ。
なんというパラダイス!

しかし例の本が絡む話なので、
心悪しき大人は諸星大二郎のアレとか
思い浮かべてしまうのです!(殴

「栞と紙魚子」になー、あるんだよなー、
まさしく本だらけの不思議な館がなー。
ワクワクが(ガクブルが)止まらないんだぜ。

これこそホラーの醍醐味とも言える。
えもちゃん、あんなを怖がらせたいと思いつつも
自分こそホラー耐性が低いので
仲良くなる(意味深)展開しか思いつきません><


棒読みっぽいが棒読みでない例の2人、
ギャグが古・・・もとい、懐かしいですね。
(若干いたたまれなさを感じつつ)

そんな彼女らが行きつけの
200年前からあるという建物ですが、
ここでキラッツから何気なく衝撃の事実が!


え・・・明治・・・?

んん・・・?


やっぱりプリチャンの世界って、
半世紀くらいは先のことなんだな!
もう少し近い未来かと思いきや、
思っていたより遠かったぜ・・・。

最大で1世紀近く桃山ですが、
半世紀でも私は生きていられるかどうか。
んー、無理無理無理無理です、
とまでは絶望しないけど、やっぱ難しいなあ。

なんにしても、その頃になればメルヘンの住人も
「プリチャンの技術ってすっげー」で通る優しい世界。
科学技術の発展はッ! メルヘンを復活させるッ!

AI管理で昔ながらの農業が復活傾向にある話も聞いて
桃山は明るいと希望が持てたりするアッキーです。
その未来に私が生きてるかどうかは別として。


どこかジブリっぽい雰囲気のメイ&ジーコ、
なんと実年齢123歳という、彼女が店主。
しかし200歳を超えてないということは
何代目かの店主ってことでもあるのか。

謎の紳士、豚でなくて熊ではと思っていたが、
そうか、語尾のせいで豚と勘違いされた?

絵本のキャラと追いかけっこで、
心温まるメルヘンな光景なんですが、
背景が歪んだ時計くるくる回るダリ絵なので
やっぱ諸星とか小林ワールドが・・・
最近だとオフッsideあたりが浮かぶんだなあ。

なまじっかホラーハウスよりも、
こういったメルヘンなキャラクターの方が
不穏さを煽ってくると思うアッキーです。
カワイイは、恐い。コワイは、可愛い。

まりあ先輩の家とかね・・・もうね・・・。
あの家に寝泊まりする勇気はありますか?
私はありませんね・・・。


結局「ジュエルの国のお姫様」は見つからずですが、
それだけにキーアイテム感が増してきましたね。

バッデスト「呼ばれた気がする」

引っこんでください!(懇願)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31            

過去ログ

テーマ別記事

最近の記事

最近のコメント

QRコード